インフラエンジニアの仕事内容

インフラエンジニアの仕事とは

インフラエンジニアは、ITシステムを利用するにあたって必要となるサーバーやネットワークなどの基盤(インフラ)を整える仕事です。

同じ機器を使ったとしても、ITインフラをどのように構築するかで、システムのパフォーマンスやビジネスの効率は大きく変わるため、その仕事の影響する範囲は小さくありません。

インフラエンジニアはITインフラの企画・設計や構築を主に担当し、デスクで設計を考えたり取引先から機器を調達したりします。

構築作業は企業のサーバー室やデータセンターなどにこもって行うのが一般的ですが、最近はクラウドを利用してITインフラを構築するケースも増えています。

インフラエンジニアの業務の内容

インフラエンジニアの業務は、大きく設計、構築、運用・保守に分けられます。

未経験者は下流工程の運用・保守から始める場合が多く、上流設計に近づくほど経験と技術が求められます。

設計

設計は、クライアントの要望を聞いて、最適なITインフラの導入方法を考える業務です。

将来にわたり、コストや必要性能などを考慮して機材や構成を考え、実際に機器の調達手配を担当することも多いです。

設計の段階は顧客とのやりとりも多く、専門知識と経験・技術だけでなく、ビジネススキルも要求されます。

構築

構築はインフラエンジニアの特徴的な業務です。

物理的に機器を調達し、組み立て、ラック(棚)などに配置し、ケーブルで接続したりといった作業を行います。

また、基本的な設定作業も担当し、必要な機能のインストールや機器のアップデート作業なども行います。

構築は事前に作成した資料に基づいて行われますが、実際に構築した後にエラーが見つかる場合もあるため、対応力も問われる業務です。

運用・保守

運用や保守もインフラエンジニアの重要な仕事です。

運用は、ITインフラが正常に動作しているかを監視し、適切な状態を維持する作業で、バックアップ用のデータの作成なども行います。

保守は、ITインフラの問題発生時に拡大を防いだり、原因の究明や問題解決を行う業務です。

インフラエンジニアの役割

ITインフラは今や電気やガス、水道などと同様に、社会において必要不可欠になっています。

インターネットの障害や、特定のITサービスの停止などのトラブルがあれば、社会に大きな影響を与えることは疑う余地がありません。

こうした問題が生じないよう、インフラエンジニアたちがITインフラを支えています。

その仕事ぶりが直接多くの人の目に触れることはありませんが、社会のさまざまなITサービスの土台を支えることで社会を支えているといえるでしょう。

IT業界は常に技術確信が続いている業界であり、ITインフラも例外ではありません。

高度で洗練されたIT環境を構築するために、最先端のITインフラに関する知識や情報を収集し、技術を磨くことも大切な役割といえます。

インフラエンジニアの勤務先の種類

インフラエンジニアは、主にSIerなどのシステム開発企業に務めることが多いです。

また、携帯電話会社などで、基地局などの設置などを担当するエンジニアもインフラエンジニアと呼ばれることがあります。

一般的な事業会社では、インフラ専門のエンジニアを抱えることはほとんどなくなっており、必要に応じて派遣やSES(外部委託)で対応するのが一般的です。

同じインフラエンジニアでも、企業規模や得意分野によって、対応できる案件の種類や規模は大きく異なり、大手企業の場合は数年単位の大規模案件もあります。

また、クラウドによるインフラ構築が増え、中小企業でも大規模なITインフラ構築を扱いやすくなってきています。

インフラエンジニアの仕事の流れ

インフラエンジニアは、プロジェクトが始まると、まずクライアントのヒアリングを行い、導入するべきITインフラについての概要をまとめていきます。

仕様や設計を書類として作って共有し、必要な機材の調達を行います。

また、機器の手配や、事前に行う機器の設定完了予定、クライアントの都合などをもとに、インフラ構築を実施する日時を調整します。

そして、作業日に現場におもむき、機材の組み立てやマウンティング作業などを行い、各機器に必要な設定を行います。

一通りのチェック作業が済み、クライアントの検品が終わればプロジェクトが完了します。

契約によっては、その後のインフラの運用や保守を行う場合もあります。

インフラエンジニアと関連した職業

システムエンジニア

システムエンジニアは、システム開発全般に関わるエンジニアです。

インフラエンジニアは、システム開発のインフラ部分に特化しているため、業務範囲が異なります。

同じ業務でも会社によって職種名が違うことも多いため、会社ごとに確認する必要があります。

システムエンジニアの仕事

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアはITインフラのうち、ネットワークだけを担当します。

他インフラの知識を習得し、インフラエンジニアに転職するケースも多いです。

ただし、大規模・高度なネットワーク案件に携わる専門エンジニアもいるため、必ずしもインフラエンジニアが上位とは限りません。

ネットワークエンジニアの仕事

インフラエンジニアを目指すならプログラミングスクールも検討

IT業界やインフラエンジニアを目指すなら プログラミングスクールでスキルを高める ことも考えてみるとよいでしょう。

ITエンジニアの人材不足は慢性的で、今後も職に困ることは少ないといわれています。

また、ITエンジニアは他職種と比較しても給与は高い傾向にあり、テレワークの比率も高くなっています。

未経験採用をしている企業もありますが、 スクールでスキルを身につけておくと、就職・転職で有利になる 可能性もありますし、採用後もスムーズに仕事をはじめることができます。

ここではキャリア支援サポートもあるプログラミングスクールを2つ紹介します。

SAMURAI ENGENEER


公式サイトSAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEERの特徴

1.専属マンツーマンレッスンで最速最短でプログラミングを習得できる

2.スキルに合わせた完全オーダーメイドカリキュラムで学習効率アップ

3.採用時にアピールできる、完全オリジナル作品を開発できる

4.キャリアアドバイザーによる未経験からの転職支援サポートを受けられる

さらに、SAMURAI ENGINEERの人材紹介サービスを利用して転職成功した場合に、 受講料が無料になるコース も用意されています。

さまざまなコースがあるので、一度無料説明会で自身に合ったコースがあるか聞いてみるとよいでしょう。


tech boost


公式サイトtech_boost

tech boostの特徴

1.プロのカウンセラーが目標に応じた最適なプランを提案してくれる

2.現役エンジニアのメンターが学習を細かくサポート

3.運営会社がエンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているので、エンジニア転職に強い

4.オンラインイベントなどで仲間ができる

渋谷のみとなりますが、通学プランも用意されています。

無料説明会では、プログラミングを学ぶメリットや受講イメージなどを詳しく教えてもらえます。


より柔軟にスキルをしっかりと学びたいなら「SAMURAI ENGINEER」、細かいサポートや転職実績を重視するのなら「tech boost」がおすすめ です。

講師との相性やカリキュラムなど、実際に話をしないとわからないことも多いので、少しでも興味があれば無料説明会に参加してみましょう。

公式サイトSAMURAI ENGINEER

公式サイトtech_boost