このサイトはセールスエンジニアを目指す人のための情報サイトです。

セールスエンジニアとは?

セールスエンジニアは、機械関連のメーカーやIT企業などに勤務する、技術的な知識を備えた営業職のことをいいます。顧客に対し、自社製品の説明や技術的な質疑応答、仕様打ち合わせなどを行ったり、社内の製造現場と得意先の橋渡し役となって立ち回ったりします。技術的な知識とコミュニケーションスキルの両方が求められることから、各企業において、一般的な営業職よりは給与水準がやや高めとなっているようです。さまざまな業界の企業で新しい技術を用いた製品開発が進められるなか、常に最先端の技術を理解し、得意先のニーズをくみ取って顧客と信頼関係を築ける専門性の高いセールスエンジニアは、どの企業においても必要とされる存在であり続けるっでしょう。

セールスエンジニアの仕事内容

セールスエンジニアは、営業職と技術職を併せ持ち、客先に製品の導入を図る仕事です。

フィールドアプリケーションエンジニア、営業技術など会社により違う呼び方があります。

仕事の内容は、客先に出向き技術部門の担当者に対し、製品の説明と技術的な質疑応答・仕様打ち合わせを行い、受注を得ることです。

また、社内工場と客先の間に立って仕様・納期工程を詰める調整もあります。

さらに、客先の仕様変更の要望に対し、社内の製造担当者を説得することも仕事の一つです。

セールスエンジニアが扱う製品は、主に企業に納めるシステム機器・機械設備・ソフトウェアを含むITシステムなど多岐に渡ります。

グローバルな時代にあっては、海外製品の取り扱いも行い、海外客先との調整・説明も重要な仕事です。

セールスエンジニアになるには・必要な資格は?

メーカーに就職した技術者は、最初は設計や製造に関わりますが、希望もしくは上司の判断でセールスエンジニア部門に転属されます。

入社後の研修や現場で、製品に関わる技術や技能が身に付きます。

また、中途採用の求人で求められるのは、機械などの基本的技術と扱う機器の経験です。

セールスエンジニアは、技術的な知識だけでなく、営業に関する知識も必要です。

また、製品に関連した法律で定められた資格があると、製品の設置などの仕事が理解でき、客先とのコミュニケーションを円滑に進めることができます。

日本企業のグローバル化で、客先が海外にある場合が多く、必要とされる技術が英語力です。

取引先によっては、その国の言語も必要になります。

セールスエンジニアに向いている人

企業がセールスエンジニアとして求めている人材は、常に新しい技術に興味を示し、将来の技術動向を考えることができる人です。

製造・IT・機械などの技術や知識があり、何にでも興味心旺盛な人は、セールスエンジニアに向いている人です。

また、マニュアルなどの読解力や不明な点を調べる徹底心も求められます。

客先とのコミュニケーション力はもっとも重要な能力で、現場に出向き人と話すことが好きな人には、向いている職業です。

コミュニケーション力は社内の関連部署との調整にも必要で、客先と工場などの間に立った調整と説得ができる能力も求められます。

また、客先に製品を魅力的なものとして説明できるプレゼンテーション技術・能力が求められます。

とくに、ライバル製品と比べ、自社製品の優位な特徴を説明する力が重要です。

セールスエンジニアの就職状況・雇用形態

セールスエンジニアの求人は、メーカー、IT産業、販売専門会社からの正社員、派遣、アルバイトなどがあります。

メーカーやIT産業では、新入社員であれば、最初からセールスエンジニアとして採用することは少なく、製造部門を経験したあと配属されます。

また、製品の販売を専門とした会社からの求人もあり、ITを含む国内のさまざまな業種の製品の販売を行います。

販売専門会社の場合は、新人からセールスエンジニアとして求人され、入社後に即戦力となるよう研修が行われます。

さらに、海外製品を扱う販売会社からの求人で、とくに求められる能力が英語力です。

中途採用や派遣では、最初からセールスエンジニアとしての求人が多く、営業としての実績よりは求人先の業種の設計や製造経験・知識に加え語学力が重視されます。

セールスエンジニアの給料・年収・待遇

セールスエンジニアの収入は、入社時の年齢と経験年数などにより異なりますが、400万円~600万円ほどがボリュームゾーンとなります。

比較的、セールスエンジニアの待遇は良い傾向にあり、交通費支給、住宅手当、社会保険制度、退職金制度など、福利厚生が充実しているようです。

会社によっては社宅や社員寮が用意されているところもあります。

職業柄、出張が多いため必要旅費・出張手当てなどがあります。

また、プロジェクトに参加したときには夜間・休日の勤務も多くなり、決して嬉しいものではありませんが、期待できるのが時間外手当です。

セールスエンジニアの生活・勤務時間・休日

普通のサラリーマンと同様に、週休2日制、8時から17時の通常の勤務です。

客先は日本全国にあるため、出張が多くあります。出張の多くが、客先事業所での製品仕様の打ち合わせやスケジュール調整のための出張です。

セールスエンジニアは客先の連絡窓口となり、調整を図ることが職務です。

客先には24時間稼働の工場もあり、客先のクレーム対応のため、日曜・夜間を問わず出向くこともあります。

製品の納品前の検証や納品後の稼働確認のため、客先の工場に入り詰め、検証・確認を行うことも仕事の一つです。

海外に客先があれば海外出張も多くあります。

海外製品の代理店販売をしているときは、海外メーカーとの調整や技術研修のため長期出張もあります。

さらに、客先との接待を兼ねたコミュニケーションも大事な仕事の一つです。

セールスエンジニアの現状と将来性

製品の受注を得るため、客先への製品の技術的説明は、セールスエンジニアの技量の見せどころです。説明と同時に受注金額なども交渉しなければなりません。

営業センスのある技術で客先を納得させられるセールスエンジニアは、企業にとって最も必要とされる人材です。

また、会社が大プロジェクトに参画するときに、経験を積むことで期待される職務がプロジェクトリーダーです。

プロジェクトが無事完了すれば大きな実績となり、製品の開発や販売の統括者として社内の指揮を取ることにつながります。

客先企業では生産の効率化や環境負荷の軽減が必要とされ、メーカーには高い技術力が求められます。

そのため、製品は日進月歩を遂げ、常に新しい技術を追わなければなりません。

それゆえ、セールスエンジニアは厳しくもやりがいを実感できる職業といえます。