ITエンジニアになるには

ITエンジニアになるまでの道のり

ITエンジニアと言っても専門分野や就職先、担当する案件の種類はさまざまで、まずはどのようなITエンジニアを目指したいかを考えることが大切です。

専門的な知識やスキルを持っていないとしても、就職してから教育を受けることも可能ですので、現状の知識やスキルは気にせずに方向性を検討しましょう。

ITエンジニアは大学や専門学校などでITに関する基礎を学び、SIerなどの企業に就職するのが一般的です。

しかし、高卒だとしても職種や会社規模、雇用形態によっては採用されることもありますし、未経験で知識がなくとも採用している会社もあります。

どのような進路で就職しても、一人前に仕事ができるまでには3年はかかりますので、就職してからも継続的な学習が大切です。

ITエンジニアになるまでのルート

ITエンジニアの資格・難易度

ITエンジニアの資格では、IPA(情報処理推進機構)の情報処理技術者試験が最も有名です。

ITエンジニアの職種やスキルレベルに応じて「基本情報技術者試験」「プロジェクトマネージャ試験」といったさまざまな試験が行われ、合格者は国家資格を取得できます。

初級資格では50~60%ほどの合格率ですが、上位資格は難易度が高く合格率は20%程度です。

有名なメーカーや業界団体による民間資格も多く、該当分野での評価につながります。

ITエンジニアを目指す人におすすめの資格は?

ITエンジニアになるための学校の種類

ITエンジニアになりたい場合、大学や専門学校でITについて学ぶのが一般的です。

独学も可能ですが、学校に通った方が普遍的な知識や技術を学ぶことができますし、実物のIT機器に触れて学ぶことができるメリットは非常に大きいです。

大学では理論や基礎を学び、自分で研究を行うことができるのが特徴で、専門学校は業務で使える知識や技術を多くの実習を通し修得できるのが特徴です。

情報・工学系の大学では年間で80万~160万円ほど、専門学校では初年度で120万円前後の学費がかかります。

その他、社会人向けのスクールや、オンラインスクールも多く、これらの卒業も経歴として履歴書に書くことが可能です。

"ITエンジニアになるための学校と学費(大学学部、専門学校、スクール)"

ITエンジニアに向いている人

基本的にはITに興味や関心があれば、ITエンジニアに向いていると考えて大丈夫です。

また、ITエンジニアは顧客の問題をIT技術によって解決する、問題解決能力が問われる仕事です。

自分の知識やスキルを活用して問題解決に生かすことのできる人や、問題を分析するのが得意な人はITエンジニアへの適性がより高いでしょう。

また、継続的な学習や多くの事務作業が発生するため、勉強や細かいことが苦手でない人もITエンジニア向きです。

ITエンジニアに向いている人・適性・必要なスキル

ITエンジニアのキャリアプラン・キャリアパス

ITエンジニアのキャリアとしては、専門分野の技術力を高め、ハイスキルの専門技術者として現場で活躍するか、上流工程で企画・提案やさまざまな管理に関わるのが一般的です。

現場の専門技術者になるには上級の資格を取得したり、大規模案件や難易度の高い案件を成功させることが求められます。

会社内で出世して現場を管理するマネージャーになったり、知識や実績を蓄え、IT戦略を考えるコンサルタントやストラテジストになったりする人もいます。

ITエンジニアを目指せる年齢は?

ITエンジニアは年齢制限のある仕事ではありませんが、一人前になるまでに多くの学習が必要なため、早めに始められるのがよいのは間違いありません。

「35歳定年説」もありますが、学習量や残業などでハードになりがちで、35歳ほどから限界を感じる人が多くなることから出た噂に過ぎません。

実際は、学習意欲があり、適性があれば何歳からでも目指すことが可能で、40歳を過ぎて業界未経験だとしても採用されたケースもあります。

ITエンジニアは高卒から目指せる?

ITエンジニアは職種によって高卒から採用されたり、大卒や大学院卒の学歴が求められたりします。

特定の技術分野に特化した企業なら高卒からの募集も多いです。

大きな企業では幹部候補として大卒以上を募集することもありますし、AIやビッグデータを扱うような先端技術を扱うなら大学院卒が求められます。

基本的に学歴が影響するのは新卒のみで、就職後は経歴や実績次第でどこにでも転職が可能です。

ITエンジニアは女性でもなれる?

女性のITエンジニアは少しずつ増えています。

理工系に進む女性が増えてきていることや、家庭と両立できるよう制度を整える企業が増えたことが主な理由です。

また、企業におけるITインフラのクラウド化が進み、機器の運搬や構築といった体力を要する仕事が減ったことで、仕事における男女差も縮小しています。

ITエンジニアは人手不足が続いており、性別に関係なく需要が高まっています。

女性のITエンジニアのキャリアパス・結婚後の生活

ITエンジニアへの転職を考えている方へ

現在、IT企業では慢性的なエンジニア不足に陥っているため、ITエンジニアに転職がしたいなら今がチャンスとも言えます。

あなたがITエンジニアの転職を考えているなら、転職エージェントに相談した方が良いでしょう。

IT企業は待遇にばらつきがあり、自分の目で企業を見極めるのは難しいので、転職のプロである転職エージェントに相談し、ミスマッチを防ぐようにしましょう。

まずは、業界大手でマイナビグループが運営する、マイナビITに相談するのが安心感もあっておすすめです。

未経験者を積極的に募集している企業も紹介してくれます。

登録は無料なので、まずは一度相談してみてください。

また、あなたが20代ならマイナビグループが運営する、マイナビジョブ20'sを併用して登録してみましょう。

20代であれば未経験でITエンジニアへの転職を叶えやすいため、20代の転職支援に強いマイナビジョブ20'sがおすすめです。

なお、サポート拠点は一都三県、中部、関西となっており、20代の方が対象になっています。

こちらに該当しない方は、リクルートエージェント等を利用しましょう。

ITエンジニアを目指すなら転職エージェントに相談してみよう

未経験や中途でITエンジニアを目指す場合には、転職エージェントに登録しておくのもおすすめです。

転職アドバイザーから、業界情報を聞くことができたり、ITエンジニアの「非公開求人」の情報を得ることができます。

まだ転職するか迷っている、そもそもITエンジニアが自分に合っているか不安という段階でも、専門家のアドバイスを聞くことでキャリア選択の幅を広げることができます。

リクルートエージェントは、転職エージェントの中で最も求人数が多く、転職実績もNo.1となっているので、まず登録しておきたいエージェントです。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20s」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。

なお、対応エリアは「一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀」となります。

どちらも登録・利用はすべて無料なので、ぜひ両方とも登録して気軽に相談してみてください。

ITエンジニアを目指すならプログラミングスクールも検討

IT業界やITエンジニアを目指すなら プログラミングスクールでスキルを高める ことも考えてみるとよいでしょう。

ITエンジニアの人材不足は慢性的で、今後も職に困ることは少ないといわれています。

また、ITエンジニアは他職種と比較しても給与は高い傾向にあり、テレワークの比率も高くなっています。

未経験採用をしている企業もありますが、 スクールでスキルを身につけておくと、就職・転職で有利になる 可能性もありますし、採用後もスムーズに仕事をはじめることができます。

ここではキャリア支援サポートもあるプログラミングスクールを2つ紹介します。

SAMURAI ENGENEER


公式サイトSAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEERの特徴

1.専属マンツーマンレッスンで最速最短でプログラミングを習得できる

2.スキルに合わせた完全オーダーメイドカリキュラムで学習効率アップ

3.採用時にアピールできる、完全オリジナル作品を開発できる

4.キャリアアドバイザーによる未経験からの転職支援サポートを受けられる

さらに、SAMURAI ENGINEERの人材紹介サービスを利用して転職成功した場合に、 受講料が無料になるコース も用意されています。

さまざまなコースがあるので、一度無料説明会で自身に合ったコースがあるか聞いてみるとよいでしょう。


tech boost


公式サイトtech_boost

tech boostの特徴

1.プロのカウンセラーが目標に応じた最適なプランを提案してくれる

2.現役エンジニアのメンターが学習を細かくサポート

3.運営会社がエンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているので、エンジニア転職に強い

4.オンラインイベントなどで仲間ができる

渋谷のみとなりますが、通学プランも用意されています。

無料説明会では、プログラミングを学ぶメリットや受講イメージなどを詳しく教えてもらえます。


より柔軟にスキルをしっかりと学びたいなら「SAMURAI ENGINEER」、細かいサポートや転職実績を重視するのなら「tech boost」がおすすめ です。

講師との相性やカリキュラムなど、実際に話をしないとわからないことも多いので、少しでも興味があれば無料説明会に参加してみましょう。

公式サイトSAMURAI ENGINEER

公式サイトtech_boost