プログラマーの就職状況・就職先選びのポイントは?

プログラマーの就職先にはどんなところがある?

プログラマーといえば就職先はIT企業と思われがちですが、実際には以下のとおり、さまざまな業界で募集されています。

・IT企業
・製造業(家電や自動車、産業機器などのメーカー)
・一般企業や官公庁

このうちIT企業は、大きく以下の3つに分けられます。

・顧客の要望を受けてシステム開発を行う「受託開発」
・Webサービスやパッケージソフトなど、自社サービスを提供する企業
・他社への常駐をメインとする「SES企業」

一方で一般企業の場合、プログラマーはシステム部門の要員として採用されることが多いものでした。

しかしIoTやシステムの内製化の流れを受け、自社が提供するサービスや製品を開発する部門で採用されるケースも増えてきています。

プログラマーの就職先の企業の種類・活躍の場

プログラマーの求人の状況

プログラマーはIT業界の他の業種と同様、慢性的な人手不足の状況にあります。

世の中でITの果たす役割はますます増大していますから、今後も需要が大きく落ち込むことは考えにくいものです。

なかでも20代から30代前半の方や優秀なプログラマーの方は、プログラマーとして就職・転職しやすいといえるでしょう。

このうち20代の方は未経験でもプログラマーになることは難しくありませんが、何も準備せずに就職できるほど甘い状況でもありません。

それは雇用の流動化に伴い、企業も採用コストを抑え、できるだけ即戦力に近い人材を求めているためです。

未経験の方がプログラマーとしての就職を目指すなら、なんらかのプログラミング言語を学んだ上で、作品などを作るなどのアウトプットが求められます。

プログラマーの就職先の選び方

さきに解説したとおり、ひとくちにプログラマーといっても、企業により業務内容や求められるスキルは異なります。

そのため納得のいく就職を実現するなら、就職先を選ぶことは欠かせません。

プログラマーの就職先の選び方は、大きく以下の4つに分けられます。

・SI企業や受託開発をメインとする企業
・Web系や自社サービスを提供する企業
・メーカー
・SES企業

SI企業とはSIer(エスアイヤー)とも呼ばれ、顧客企業の課題をITを使って解決することを主な業務とする企業です。

またSES企業とは、他社へ常駐してシステム開発に携わることを主な業務とする企業を指します。

それぞれの就職先について、詳しい内容を以下の各項目で説明します。

顧客の要望にこたえたい方は、SI企業や受託開発をメインとする企業

大企業を中心に、オーダーメイドのシステムをつくる「受託開発」は根強い需要があります。

発注した企業だけのシステムとなりますから、顧客の要望を多くかなえられることが特徴です。

そのため顧客の要望にこたえたい方は、受託開発をメインとする企業がおすすめです。

また多くのSI企業では、顧客の課題を解決する「ソリューション」を提供しています。

ソリューションには新規開発や既存の製品の組み合わせだけでなく、アドオンやカスタマイズの開発も含まれます。

このようなサービスを行う企業も、選択肢の1つとなるでしょう。

実現したいサービスや裁量のある仕事をしたい方は、Web系や自社サービスを提供する企業

世の中には受託開発とは逆に、多数の顧客に対して一定品質のサービスを提供する企業もあります。

代表的な企業に、Webサービスやパッケージソフトを開発する企業があげられます。

これらの企業では世の中で求められる機能を調査した上で、自社で企画しサービスを提供します。

そのため実現したいサービスがあったり、裁量のある仕事をしたい方に向いている企業といえるでしょう。

服装や出退勤時刻など、働き方の自由度が高い企業が多いことも特徴の1つにあげられます。

家電や自動車、産業機器のIT化に貢献したい方は、メーカー

プログラムはIT機器だけでなく、家電や自動車、産業機器などにも搭載されています。

これらの開発に携わりたい方は、メーカーへの就職を目指すことになるでしょう。

インターネットへの通信ができる機能も求められていますから、今後の活躍の場は広がると見込まれます。

さまざまな企業に常駐し、経験を積みたい方はSES企業

比較的経験の少ない方のなかには、「ひとつの業界に縛られず、プログラマーとしてさまざまな業界のシステムを経験したい」方もいるかもしれません。

そのような方は、さまざまな企業に常駐する「SES企業」も選択肢の1つです。

入社するとプロジェクトが変わるごとに企業を渡り歩くことになりますから、さまざまな経験を積めます。

一方で実力がないと契約を打ち切られやすい点には注意が必要です。

このため未経験者がチャレンジする場合は、プログラミングスキルを早期に仕事がこなせるレベルまで引き上げる努力が求められます。

プログラマーの志望動機・面接

志望動機はあなたが応募先企業に対して入社したいという意欲を示す、重要な選考ポイントの1つです。

そのため企業の事業内容などをよくチェックした上で、入社後どのようなプログラマーになりたいか、またどのように貢献したいかを話すことが求められます。

あなたがその企業を選んだ理由を思い出した上で、前向きな気持ちをもって志望動機を作成し、面接担当者の方に伝えましょう。

経験者の場合は「前職ではできなかった、自分がかなえたいこと」が転職の動機になった方も多いと思いますので、志望動機に含める必要があります。

また面接には遅刻することなく、清潔感のある服装で臨むように心がけましょう。

言葉づかいが不安な方やあがりやすい方は、あらかじめ練習しておくことをおすすめします。

プログラマーの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

就職先はどのように探したらいい?

プログラマーの就職先は、以下のようにさまざまな方法で探せます。

・就活サイト、転職サイト
・就活/転職エージェント
・企業の公式サイト
・知人からの紹介
・Facebookなどのコミュニティ
・求人情報誌
・ジョブカフェ
・ハローワーク

学生の場合は、キャリアセンターや研究室経由で探す方法もあります。

このなかでも、就活サイトや転職サイト、就活・転職エージェントで探す方法はおすすめです。

どちらもあなたに適した企業を短時間で探し、応募できるところが魅力です。

またこれらの媒体を使って募集できる企業であることは、企業の信頼性や財務状況がよいことの証明でもあります。

マイペースでじっくり応募したい方は、就活サイトや転職サイトがおすすめです。

一方で早期に内定を決めたい方やハイレベルの転職を目指したい方は、就活・転職エージェントを利用するとよいでしょう。