このサイトはWebプロデューサーを目指す人のための情報サイトです。

Webプロデューサーとは?

Webプロデューサーは、Webサイトの作成をプロデュースし、サイトの全体的なイメージやページ数、製作にかかる納期や予算などを決める責任者です。実際に作業を進めるスタッフとの調整を行う「Webディレクター」と密に連携し、プロジェクト全体を統括します。特別必要とされる資格はありませんが、Web制作の総責任者となることため、制作スタッフとして経験を積んだ人がステップアップしてこの仕事に就く流れが一般的です。勤務先によっては、管理職手当がついて年収800万円以上を得ている人もいるようです。高度なコミュニケーション能力やマネジメントスキル、マーケティングなど幅広い知識が要求される難易度の高い職種であることから、プロデューサー業を務められる人の需要は大きなものとなっています。

Webプロデューサーの仕事内容

Webプロデューサーとは、Webサイトの作成を0からプロデュースし、サイトの全体的なイメージだけでなく、ページ数、製作にかかる納期や予算などを決める責任者です。

顧客の要望を的確に把握し、また、競合他社の状況や、直近のトレンドなどを分析して企画を立案し、外注企業やスタッフの選定までを含めて、プロジェクト全体を進めていく役割を担います。

そのため、常に最新の動向について、情報収集を欠かさないことが大切です。

Webサイト制作の責任者となるため、実際に作業をすすめるスタッフとの調整を行うWebディレクターとの緊密な連携も必要になります。

Webプロデューサーになるには・必要な資格は?

Webプロデューサーになるために、特別な資格は必要ありません。

実際にパソコンを使ってサイトを作成したり、画像を加工したりする必要もないため、高度なPCスキルが要求されるということもありません。

ただし、コーディングやシステム関係の技術についての知識はあった方が、よりクオリティの高い仕事を行うことができます。

Web制作の最高責任者となるため、Webディレクターを数年経験した後、プロデュース業務を開始することが多いようです。

また、コンサルティング業務や提案型営業の経験がある人が、Webプロデューサーになる場合もあります。

Webプロデューサーに向いている人

Webプロデューサーは大勢のメンバーを取りまとめ、プロジェクト全体を統括します。

そのため、高いコミュニケーションスキルは必須です。

人と人とのやりとりが苦にならない人、メンバーの間に立って、意見やスケジュールを調整することが得意な人がとくに向いています。

また、競合他社の状況や、業界の最新トレンドを常にキャッチアップしていく情報収集能力も必要です。

Webサイトの作成はコンペになることも多いため、顧客に対しての高いプレゼン能力も必要とされます。

また、顧客の要望に的確に応えるためにも、Webの技術だけでなく、マーケティングや企業経営などに精通した知識を持っていると役立ちます。

Webプロデューサーの就職状況・雇用形態

Webプロデューサーの雇用形態は、デザイン事務所やWeb制作会社などに雇用される場合が多くなっています。

Webプロデューサーは、デザイナーやプログラマー、WebディレクターといったWeb制作に関わる経験を積んだ後、ステップアップしていく職業です。

そのため、求人でも実務経験を要求されることがよくあります。

一方でWeb制作の経験が浅い場合は、コンサルティングや提案型営業といったような、別の経験によって不足分をカバーできることもあるでしょう。

一般的には正社員として企業に勤めることが多い職業ですが、フリーランスとして多数の企業のWebサイト作成に関わる場合もあります。

Webプロデューサーの給料・年収・待遇

Webプロデューサーは、Webを制作する側ではなく管理することを要求されることから、制作に比べると比較的安定した年収を得られる場合が多くなっています。

実務経験が必要となる場合が多いため、年齢は30歳~40歳が多く、年収としては400万円~500万円が平均です。

一方で、50歳以上の管理職やフリーランスとして活躍している場合は、800万円を超える年収を得ている人もいます。

多くの企業のプロジェクトに関わっている人は、年収1000万円も夢ではありません。

平均値で見ても、さまざまな職種の中で平均的な収入を得られる職業だといえるでしょう。

Webプロデューサーの生活・勤務時間・休日

一般的な企業に勤めているWebプロデューサーは、週休二日や土日休みといった、普通の社会人のような生活になる場合が多くなっています。

勤務時間も9時から17時といった標準的な場合がほとんどですが、顧客企業とのやりとりによっては休日や時間外に出勤することもあるでしょう。

また、納期が近くなってくると夜遅くまで仕事が終わらないということもあるようです。

フリーランスの場合は、昼夜も土日も関係なく働いているという人が多いといいます。

社員として働くのか、フリーランスでやっていくのかによって、生活は大きく変わるでしょう。

Webプロデューサーの現状と将来性

Webプロデューサーは業務経験が重要になるため、なり手が少なく、慢性的に人手不足です。

Webに関する知識はもちろん、高度なコミュニケーション能力や、全体を調整し管理する能力、マーケティングや企業経営にまで及ぶ知識が要求されることから、対応できる人材も限られているのが現状です。

現在、Webサイトは企業の販促として必要不可欠なツールであり、より効果的なサイト作りが求められています。

そのためには、Webプロデューサーによる的確なアドバイスが重要です。

Webプロデューサーの業務は今後ますます重要なものとなっていくでしょう。