Webエンジニアの1日のスケジュール・生活スタイル

Webエンジニアの業務スケジュール

デスクワークが中心だがミーティング等もあり

Webエンジニアの場合、デスクワーク・オフィスワークが中心となり、勤務時間の大半は社内の自分のデスクで過ごすこととなります。

ただし、チームで協力しながら仕事をするため、常に一人でパソコンに向かっているというわけではなく、ミーティングや会議に参加することもしばしばあります。

また、ベテランのエンジニアになると、社外のクライアントのもとに出向き、要件やスケジュールなどの打ち合せに参加することもあります。

長期のスケジュールを立てて進める

Webエンジニアの仕事となるWebアプリケーションやWebサービスの開発は、1日や2日で完成するわけではないため、長期のスケジュールを組み、計画に合わせて日々の業務を進めていくことになります。

また、1人のエンジニアが複数の開発案件を兼任し、同時進行で進めていくこともあります。

スケジュールに余裕がある時期は時短勤務や有休休暇がとれることもありますが、逆にスケジュールが遅れていると残業をしてまで働かなければならないこともあります。

自由な文化の会社が多い

Web業界はまだまだ若い業界であることもあり、自由な社風の会社が多く見られます。

日々の仕事の進め方や出社時間・退社時間などは、ある程度個人の裁量に任せている会社も多く、比較的自分の要望に合わせて業務を組み立てやすい環境です。

髪型や服装などの見た目についても、あまり厳しく制限しない会社が多い傾向です。

また、中には「リモートワーク」や「在宅勤務」ができる会社さえあります。

対して、Web業界と比較されやすいSI業界は、昔ながらの硬い社風で、会社の規則や決め事の多い会社が目立ちます。

一般的なWebエンジニアの1日

09:30 出勤
Web系企業は、朝はゆっくりめな会社も多いです。
10:00 仕事準備
出勤後はまずはメールをチェックし、開発プロジェクトの状況などを確認します。
10:30 朝のミーティング
チーム内でのミーティングを行います。

チームメンバー各自の進捗状況の報告、全体のスケジュールの擦り合わせ、問題点の共有などを行います。

11:30 開発作業
新規Webアプリケーションの開発作業を進めていきます。

すでに「企画」や「要件定義」の大枠は完成しているため、それを基にWebアプリケーションの「設計」に取り掛かります。

13:00 昼食
少し遅いお昼の休憩をとります。

デスクワークの時間が長いため、気晴らしにランチは外食することも多いです。

14:00 デザイナーと相談
社内のWebデザイナーと打ち合わせをし、既存サービスの改良案などを考えます。
15:00 トラブル対応
すでに稼働している既存サービスで軽度な動作トラブルがあったため、原因を確認し復旧対応にあたります。
17:00 夕方のミーティング
本日の進捗状況や新たに生じた課題などをチーム内で共有します。
18:30 残業して開発に集中
スケジュールが遅れていたため、ひたすら手を動かして設計を続けます。

気が付くと2~3時間は平気で経っていることも珍しくはありません。

19:00 小休憩
お腹がすいてきたので、近くのコンビニへ買い出しにいきます。

戻ってきてからさらに作業を進めます。

21:00 退社
切りのよいところで本日の業務を終了します。

オフィスに自分以外に誰も残っていない場合は、戸締りを確認し、照明を落としてオフィスを後にします。

フレックスタイム制の会社で働くWebエンジニアの1日

13:00 フレックス出勤
フレックスタイム制度を利用し、時間をずらして午後から出社します。
13:30 仕事準備
出勤後はまずはメールをチェックし、開発プロジェクトの状況などを確認します。

フレックス出社の場合は、すでにたくさんのメールがきており、始業前が忙しくなることもあります。

14:00 開発作業
担当箇所となる新規Webアプリケーションのコーディングを行っていきます。
17:00 夕方の休憩
夕方に少し休憩をはさみます。

近所の喫茶店にいき、コーヒーブレイクする日もあります。

19:00 オフィスに人が減る
朝から通常出社している社員たちが続々と退社していきます。

オフィスに残っているのは、フレックス出社組や残業組の社員となり、人も少なく落ち着いた雰囲気が漂います。

21:00 休憩
作業がひと段落したところで、一服します。

お腹がすいている時には、近所の飲食店などで夕食をとることもあります。

23:00 退社
終電が近づいてきたので、切りのよいところで退社します。

Webエンジニアの勤務時間・休日

Webエンジニアを目指すならプログラミングスクールも検討

IT業界やWebエンジニアを目指すなら プログラミングスクールでスキルを高める ことも考えてみるとよいでしょう。

ITエンジニアの人材不足は慢性的で、今後も職に困ることは少ないといわれています。

また、ITエンジニアは他職種と比較しても給与は高い傾向にあり、テレワークの比率も高くなっています。

未経験採用をしている企業もありますが、 スクールでスキルを身につけておくと、就職・転職で有利になる 可能性もありますし、採用後もスムーズに仕事をはじめることができます。

ここではキャリア支援サポートもあるプログラミングスクールを2つ紹介します。

SAMURAI ENGENEER


公式サイトSAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEERの特徴

1.専属マンツーマンレッスンで最速最短でプログラミングを習得できる

2.スキルに合わせた完全オーダーメイドカリキュラムで学習効率アップ

3.採用時にアピールできる、完全オリジナル作品を開発できる

4.キャリアアドバイザーによる未経験からの転職支援サポートを受けられる

さらに、SAMURAI ENGINEERの人材紹介サービスを利用して転職成功した場合に、 受講料が無料になるコース も用意されています。

さまざまなコースがあるので、一度無料説明会で自身に合ったコースがあるか聞いてみるとよいでしょう。


tech boost


公式サイトtech_boost

tech boostの特徴

1.プロのカウンセラーが目標に応じた最適なプランを提案してくれる

2.現役エンジニアのメンターが学習を細かくサポート

3.運営会社がエンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているので、エンジニア転職に強い

4.オンラインイベントなどで仲間ができる

渋谷のみとなりますが、通学プランも用意されています。

無料説明会では、プログラミングを学ぶメリットや受講イメージなどを詳しく教えてもらえます。


より柔軟にスキルをしっかりと学びたいなら「SAMURAI ENGINEER」、細かいサポートや転職実績を重視するのなら「tech boost」がおすすめ です。

講師との相性やカリキュラムなど、実際に話をしないとわからないことも多いので、少しでも興味があれば無料説明会に参加してみましょう。

公式サイトSAMURAI ENGINEER

公式サイトtech_boost