Webエンジニアの1日

働き方はさまざま

Webエンジニアの1日の過ごし方は、勤務先となる企業や雇用形態などによっても変わってきます。

大半は社内で過ごすことになりますが、チームで協力しながら仕事をするため、ただ一人でパソコンに向かっているだけではなくミーティングや会議に参加することもしばしばあります。

ベンチャーや小さな組織の会社も多いことから、働く時間は柔軟である場合も多く、たとえばフレックスタイム制が導入されていたり、場合によっては在宅などでのリモートワークが認められているところもあります。

働き方は、人によってさまざまだといえるでしょう。

Webエンジニアのある1日

9:30 出社

Web系の企業は朝はゆっくりめのところも。

10:00 始業

パソコンを立ち上げて、当日の予定とタスクを確認。メールチェックもします。

10:30 ミーティング

現在動いているプロジェクトのチームでミーティングを行います。

それぞれの現状報告や、方向性について確認し合います。

11:30 開発作業

新規サービスの開発作業を進めていきます。

13:00 昼食

社内にいる時間が長いので、ランチタイムはリフレッシュがてら外に出て食べることが多いです。

14:00 デザイナーと相談

Webデザイナーと打ち合わせながら、既存サービスの改良案を考えます。

15:00 調べもの

サービスに特殊な機能をつけるために必要な技術の内容をチェックします。

16:00 開発に集中

ひたすら手を動かしていきます。気が付くと2~3時間は平気で経っていることも。

19:00 小休憩

お腹がすいてきたので、近くのコンビニへ買い出し。戻ってきてからさらに作業を進めます。

21:00 退社

もっと早くに帰ることもありますが、案件が詰まっている時期だったので残業をしました。