ゲームプログラマーへの転職・未経験採用はある?

ゲームプログラマーへの転職状況は?

ゲーム業界では、転職は比較的活発に行われています。

ゲームプログラマーという職種に限っても、求人を出している企業は多く、転職希望者にとってはチャンスが十分にあるといえるでしょう。

スキルや経験が重視されやすい仕事ですが、企業によって求めるスキルレベルはさまざまで、経験が浅くても働ける職場もあります。

そのため、未経験者や経験の浅い人でも転職できる可能性はあります。

しかし、この仕事はやはり専門的なスキルが必要になるため、ある程度のプログラミングスキルを身につけておくに越したことはありません。

とくに大手ゲームメーカーの中途採用は狭き門になるため、たとえ独学であっても、多少の知識や技術を持っていれば転職に有利になるでしょう。

ゲームプログラマーへの転職の志望動機で多いものは?

ゲームプログラマーへ転職する人は、それまでにも何らかの形でプログラミングに関わっていた場合が多いです。

ゲーム業界ではなくても、ITやWebの業界でプログラマーとして働いていた人が、もともと好きだったゲーム開発に携わりたいという思いでゲームプログラマーへ転身するケースもあります。

ゲームプログラマーへの転職を目指す人は、自分自身ゲームが好きであることに加え、「ゲームを作って人を感動させたい、世の中に影響を与えたい」などの思いを持っている人が多いようです。

ゲームプログラマーの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人からゲームプログラマーになるには

ゲームプログラマーとして転職を考えるのであれば、先にプログラミングスキルを身につけておくに越したことはありません。

なかには「未経験OK・スキル不問」の求人もあるものの、まったくスキルのない人と、すでにプログラミング経験を持っていたり、プログラミング関連の資格保持者が同時に応募した場合、やはり後者の人が有利になります。

プログラミングの基礎は市販の書籍などを利用しながら独学でも勉強できるので、少しでも学び、理解しておくことをおすすめします。

もし独学が不安なのであれば、短期間だけでも民間のスクールや講座に通ってもよいかもしれません。

ゲームプログラマーへの転職に必要な資格・有利な資格

ゲームプログラマーに関連する代表的な資格としては、以下のようなものがあります。

・基本情報技術者試験
・C言語プログラミング能力認定試験
・Oracle Certified Java Programmer
・Ruby技術者認定試験制度

など。

企業によって求められる資格の種類には違いが出てきますが、上記で挙げたような資格は、プログラミングの一定の知識・スキルがあることを証明できるものです。

自己アピールの材料にもなりますので、取得しておくに越したことはありません。

また、意外なところではTOEICなど英語関連の資格もプラスに評価されることもあります。

最新の技術資料は英語で書かれているものもあり、また海外とやりとりをする企業もあるため、英語を使いこなす力があるとゲームプログラマーとしての業務でも役立ちます。

ゲームプログラマーを目指す人におすすめの資格

ゲームプログラマーへの転職に役立つ職務経験は?

ゲームプログラマーへの転職をする際には、やはりプログラマー経験はプラスに評価されることが多いです。

ITやWebなど別業界であっても、プログラマーとしての開発実績を持ち、開発とはどういうものかを理解している人は重宝される傾向にあります。

そこまで例は多くないようですが、同じゲーム業界で、プログラマー以外の職種経験がある人も歓迎されやすいでしょう。

ただし、いずれの場合でも「なぜゲームプログラマーになりたいのか」を明確に伝えられることが大事になってきます。

ゲームプログラマーへの転職面接で気をつけるべきことは?

ゲームプログラマーの転職面接は、企業によって内容に少々違いがあるようです。

経験者を求める企業の場合、スキルチェックや実技テストなどに力を入れ、その結果が合否に大きく影響をおよぼす場合があります。

一方、未経験者を歓迎する企業では、仕事に対する熱意や成長の可能性など、ポテンシャルの部分を重視して面接が行われていきます。

自分が応募する企業がどのような人材を求めているのかをよく調べたうえで、面接の準備をすることが大事だといえるでしょう。

プログラミングについて勉強した経験や、開発実績、スキル・資格などは、わかりやすく的確に伝えられるようにしておきましょう。

ゲームプログラマーに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

未経験であったり、経験があまりないのであれば、年齢は若いほうが転職しやすいとされています。

企業側もゲームプログラマーになりたいと考える人を歓迎していますが、この仕事で一人前になるにはそれなりの時間がかかるため、できるだけ若い人を育てていきたいと考えるようです。

また、ゲーム開発の現場は納期直前の追い込み期になると、非常にハードです。

心身ともにタフでないと務まらない面もあるため、若くて体力がある人が好まれる傾向にあります。

ゲームプログラマーとしてのキャリアを築いていくためにも、この仕事への転職を決めたのであれば、できるだけ早く行動することをおすすめします。

未経験からゲームプログラマーの転職での志望動機

まったくの異業種から未経験として転職して成功する例もゼロではありませんが、「ゲームが好き」というだけでは志望動機として弱いため、「なぜゲームを作る側になりたいのか」を明確にしたほうがよいでしょう。