Webエンジニアへの転職、未経験採用

Webサービスの多様化により需要が拡大

情報化社会が進むにつれて、ITのスキルを持つエンジニアの需要が大きくなっていますが、とくに最近ではSNSやECサイト、その他さまざまなオンラインサービスが普及し、そのようなWebサービスの開発に携わるエンジニアが求められる場が拡大しています。

大企業から中小ベンチャー企業までWebサービスを作る企業はたくさんあり、Webエンジニアがまだ不足している状況だといわれます。

中途採用の場合、以前は即戦力となれる経験者を求めるケースが多かったようですが、最近は未経験者であっても意欲的な人であれば、積極的に採用し、自社で育てようと考える企業も増えているといわれます。

IT技術者のなかでもWebエンジニアの求人は多いため、転職を考える人にとってはチャンスといえるでしょう。

転職を考える際に考えたいこと

しかし、この世界は移り変わりが激しいため、今持っている技術だけでずっと生き残れるとは限りません。

その時々で必要とされる技術を身につけておき、市場価値の高いエンジニアでいることが不可欠です。

また、ひとくちにWebエンジニアといっても、勤務先によってどのようなサービスをおもに作るかや、メインで使う技術は異なります。

また、受託でWeb制作を請け負うのか、それとも事業会社のエンジニアとして働くのかによっても、職場の雰囲気や仕事の進め方は変わってくるものです。

転職の際には、どのような仕事をしたいのか、どのようにキャリアを積んでいきたいのかをよく考えておくことが大切といえるでしょう。

他職種や他業種からの転職事情は?

近年のWeb業界では、未経験であってもエンジニアとして採用されることは珍しくなくなっていますが、その場合、年齢は若いほうが有利といえます。

新しい知識や技術を身につけるうえでも、若いほうが柔軟で吸収しやすいと考えられますし、一人前になるまでの時間を考えても、若い人が歓迎されやすいのは確かです。

他の職種や業種から転職する例として多いのは、同じWeb系でもデザイナーからエンジニアへの転身、あるいはSEからWebエンジニアになる例、またSIerからWeb系企業へというケースもあるようです。

IT業界のエンジニアでも、Webとそれ以外では使う技術が大きく異なることもありますが、ITの基礎的な知識やスキルは生かすことができるでしょう。

Webエンジニアへの転職を検討する場合は、IT業界専門の転職エージェントを利用するのも一つの方法です。

Webエンジニアとしての経験があって、職場を変えたいと考えている場合は、年収700万円〜1000万円の高待遇求人を多く保有しているマイナビITに相談してみましょう。