AIエンジニアになるための学校(大学、専門学校)

特別な学校に通う必要はある?

AIエンジニアになるために、特定の学校に通わなくてはならないということはありません。

実際には、さまざまな学校を出てAIエンジニアになっている人がいますし、独学でAIエンジニアになることも不可能ではありません。

しかし、AIエンジニアは高度な専門性が必要とされる仕事であり、学校でコンピュータやAIの基礎を学んでおくことで就職先の選択肢が広がったり、業務上でも役に立つことがあります。

ここでは、AIエンジニアになるための代表的な学校について紹介します。

大学

AIエンジニアになるための学校として、まず挙げられるのが大学です。

AIエンジニアの仕事は大きく分ければ「理系」に属され、そのなかでも情報工学や情報科学、コンピュータサイエンス関連の学部・学科が、AIエンジニアを目指す人向けとなるでしょう。

なお、AIは先端のIT技術となっており、その研究に力を入れている大学は増えてきています。

入学は簡単ではありませんが、東大をはじめとする難関の国立大学をはじめ、私立大学でも名の通った大学のほうが、より高度な研究がしやすいといわれています。

ただし、AIは学際的なジャンルであり、大学や学部によっても研究分野が若干異なるほか、在籍する教授の専門分野も異なるため、それらを事前に確認して自分がとくに学びたいことを学べる大学を選ぶとよいでしょう。

なお、大学卒業後は大学院へ進学し、さらに研究を深めていく人もいます。

専門学校

専門学校でも、AIエンジニアを目指していくことは可能です。

専門学校の多くは2年制もしくは3年制となっており、AIに特化した学科・コースを置く専門学校も増えてきています。

専門学校の場合、情報処理の基礎能力やAIエンジニアがよく使うPythonなどのプログラミング言語の習得、IoTなどの知識をはじめ、より実践的かつ就職に焦点を当てたカリキュラムが組まれているところが多く、なかにはIT系の企業と強い連携がある学校も存在します。

学問としてAIを学ぶよりも、エンジニアとしてできるだけ早く現場に出たいという人や、開発に携わっていきたいという意思が強い人は、専門学校を選ぶケースも多いようです。

カリキュラムや学費はもちろん、就職サポート体制、学内イベント、教材、講師のプロフィールなども比較しながら選んでいくとよいでしょう。