女性のWebデザイナーのキャリアパス・結婚後の生活

Webデザイナーは人気の職業で、女性も大勢活躍しています。

ここでは、女性のWebデザイナーはどのような働き方をしているのかや、結婚・出産後にも引き続き働けるのかなどについて解説しています。

女性のWebデザイナーのキャリアパスについて知りたい人は、ぜひ参考にしてください。

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

女性のWebデザイナーの現状

Web業界は、女性もおおいに活躍できる業界といえます。

一般的なITエンジニアに比べると、Webデザイナーは女性の割合も大きく、女性が長期にわたってキャリアを築いていきやすい職種といえます。

Web業界は若い雰囲気があり、ライフスタイルに応じた自由な働き方が許容されやすいこと、スキルを備えれば在宅でも働けるなどの特徴もあって、結婚・出産後もムリのない範囲で仕事を続ける女性は多いです。

女性のWebデザイナーの強み・弱み

センスや実力で勝負できる

Web業界は女性の割合が比較的多い業界で、女性クリエイターがたくさんいます。

力仕事ではなく、純粋に個人のセンスや実力で勝負できる世界であり、とくに女性向けのデザインを制作する際には女性としての感性を発揮できます。

コミュニケーションが上手い

女性にはコミュニケーション能力が高い人も多く、それがWebデザインを行ううえでプラスになることも多いです。

なにげない同僚との対話からデザインのひらめきを得ることもありますし、周囲の協力を得るのが上手な人は、実力以上の案件で成功を収めることもあります。

また、制作チームに女性がいると、男性だけのチームより雰囲気がやわらかくなるため、重宝されることも少なくありません。

ハードな時期は厳しく感じることも

力仕事はないとはいえ、Webデザイナーの仕事はハードな側面もあります。

たとえば、繁忙期や納期直前にさまざまな変更が生じると、残業や休日出勤が発生する場合もあります。

あまりに人手不足など、職場体制によっては連日の長時間勤務が負担となり、仕事を辞めなくてはならない場合があるかもしれません。

Webデザイナーの結婚後の働き方・雇用形態

Webデザイナーは結婚しても継続して仕事を続ける人が多いです。

もともとWebやデザインの仕事が好きで働いている人が多く、働くことを楽しんでいる人が多いことや、スキル次第でどこでも働けることなどが大きな理由です。

また、会社としてもそういったデザイナーを支えるために、有給休暇の取得を奨励したり、出産・育児に伴う休暇を整備したり、職種や雇用契約の変更などの対応をしてくれたりすることも多いです。

そのため、休職する期間があったとしても、復職やリモートワーク、パートタイム、あるいはフリーランスの請負業務など、さまざまな形でWebデザイナーとして仕事を続ける人が多くなっています。

Webデザイナーは子育てしながら働ける?

子育てをする傍ら、Webデザイナーの仕事を続ける人はめずらしくありません。

さすがに出産直後はムリだとしても、子どもが保育園や幼稚園に通えるようになれば、その時間にパートタイムなどの形で働くことは経験者なら十分可能です。

また、スキルの高い人であれば家事や育児をしながら仕事の段取りやイメージ作りを行い、子どもが眠っている隙に制作作業を行って納品するという人もいます。

収入は働き方によって差が出てきますが、家庭と仕事のバランスを取りながら活躍している女性Webデザイナーもたくさんいます。

仕事から離れる期間が長引くと技術や感覚が衰えるため、早めに復帰したいと考える人も多いです。

Webデザイナーは女性が一生働ける仕事?

Web業界は多くの女性クリエイターが活躍しており、女性にとって働きやすい環境の整備が比較的進んでいる業界です。

結婚や出産によって仕事を休む時期はあっても、職場復帰を促してくれたり、家事や育児の合間に働けるよう、一時的に時短勤務や、正社員から契約社員へと雇用契約を変更してくれることもあります。

また、ワークライフバランスを優先させるためにフリーランスになる人も多いです。

Webデザイナーは、スキルやセンス、人脈があれば、さまざまな形で活躍できる仕事です。

しっかりしたスキルを身に着け、努力を続けることができれば長く続けていくことも十分可能です。