Webエンジニアになるには

Web系のIT企業で活躍する

Webエンジニアは、IT技術の進歩や情報化社会が進むなかで登場し、大きく需要が伸びてきた職業のひとつです。

代表的な活躍の場はIT業界、とくにWeb系の企業が中心となりますが、全国に大企業から中小ベンチャー企業までさまざまなWeb系企業があり、多数のWebエンジニアが活躍しています。

また、同じ「Web系」でも、自社サービスを開発する会社もあれば、別の会社から依頼を受けてWebサービスを開発する会社もあり、就職先の選択肢は多岐にわたります。

資格や学歴がなくてもエンジニアにはなれる

Webエンジニアになるにあたって、絶対に必要な資格や学歴はありません。

大企業の場合、新卒は「大卒以上」の学歴が求められることもありますが、「学歴不問」で採用している企業も存在します。

また、IT業界のエンジニアは全般的に人手不足であり、未経験者を積極的に採用する動きも目立ちます。

とくに新卒であれば、文系出身でまったくITの専門知識がなくても歓迎する企業は珍しくありませんし、熱意や努力次第で、ゼロの状態からWebエンジニアになることは可能です。

ただし、もし大学の情報系学部やコンピュータ系の専門学校などでプログラミングやWeb開発の基礎を学んだうえで就職活動をすれば、就職先の選択肢はさらに広がるでしょう。

新しい技術がどんどん出てくる世界であるため、何よりも重視されるのは勉強する姿勢や変化に対応できること、また向上心や向学心だといえるでしょう。

転職市場では経験が強みになる

Webエンジニアは年齢や学歴よりも、実務経験や実力が重視される仕事です。

Web関連の開発経験があれば強みになりますし、転職の際も、同じ業界で過去の実績があると給与面などで優遇されることはしばしばあります。

そのため、ひとつの職場である程度のスキルを身につけると、別の企業へ転職を繰り返しながらステップアップしていく人もいます。

Webエンジニアに求められるスキル

Webエンジニアとして働くうえでは、以下のような専門的な知識とスキルが求められます。

これらは、会社の研修や実務を通じて学んだり、自主的にも勉強していくことになるでしょう。

HTML、CSS

Web上のページを表示したり、デザインを作る際によく使うスキルです。

プログラミング

Webエンジニアがよく使うプログラミング言語は「Java」「PHP」「Perl」「Ruby」「C/C++」「Swift」などです。

実際のプログラミング作業は「Webプログラマー」が行うこともありますが、エンジニアもある程度のプログラミングスキルを備えておく必要があります。

データベース

データベースでは、膨大な情報を保管し、必要なデータを抽出することができます。

Webサイトのログインシステムなどを作るにあたって不可欠なスキルであり、データベースを操るための「SQL」という言語を習得する必要があります。

LAMP

LAMPとは「Linux」「Apache」「MySQL」「PHP/Perl/Python」の頭文字を取ったもので、Webアプリケーション開発環境として支持されているオープンソースソフトです。

セキュリティ

Webアプリケーションでは、膨大な個人情報をサーバーに保管する場合が多々あります。

情報の漏えいを防ぐためにも、高度なセキュリティ対策を意識して開発を行っていく必要があります。

「本気でWebエンジニアになりたい!」と考えている場合は、Webエンジニアの専門学校に通うことも検討しましょう。

ヒューマンアカデミーでは、プロのWebエンジニアによる指導を受けることができます。

さらに、就職サポートが充実しているので、Webエンジニアとしてスタートしやすい環境が整っています。

資料請求は完全無料になっていますので、少しでもWebエンジニアを目指したい気持ちがある人は、無料資料請求してみましょう。