Webエンジニアになるには

Webエンジニアになるまでの道のり

高校は情報処理系に進学

WebエンジニアはコンピュータやITを用いる職種のため、中学卒業は「情報処理科」や「IT科」などを設置している高校で学ぶと、若いうちからIT業界のエンジニアとしての基礎を固めやすいでしょう。

また、情報処理科のような理系の科では、同時にWebエンジニアとして働く上で必要不可欠となる「論理的思考力」や「数的思考力」も身に付けやすいメリットがあります。

さらに最近は、「Webクリエイター科」や「Webメディア科」などの名称を掲げる、よりWeb分野に特化した科を設置する高校も登場しております。

そのようなWeb分野に特化した科では、PCや専用ソフトを用いた実習授業も多く、より深くインターネットやWebに関する知識を学ぶことができるでしょう。

大学や専門学校でWebについて学ぶ

高校卒業後は、大学や専門学校に進学し、「情報学部」「情報システム学部」「Webメディア学部」「デジタルコミュニケーション学部」など、ITやWebについて学べる学部に進学すると将来役立つ知識や技術を身に付けやすいです。

さらに専門学校では、「Webデザイン科」「Webエンジニアコース」「Webクリエイターコース」など、職種単位まで細分化したコースを設置している学校も珍しくはありません。

また最近は、Webプログラミングなどをスキル単位で個別に教える民間の「ITスクール」も増えてきていますので、大学で理論的な部分を追及し、プログラミングなどの実務的なスキルは別途ITスクールで学ぶという方法もとれます。

大学や専門学校卒業後は、Web系サービスを運営する「事業会社」や、Webサイトなどの制作を受託する「制作会社」などに新卒で就職するのがポピュラーな進路となります。

決まった進路というのはない

前述した道のりは、あくまでポピュラーな進路であり、必ずしもその進路を歩まなければならない訳ではありません。

IT業界のエンジニアは全般的に人手不足であり、未経験者を積極的に採用する動きも目立ちますので、たとえば高校卒業後、「未経験可」のWeb制作会社にそのまま就職することも不可能ではありません。

他にも、独学でWebプログラミングを習得し、まったく別の職業から転職を図る人もいます。

Webエンジニアは特定の学位や資格などが必須となる職業でもないため、必ずしも大学や専門学校で基礎を固めなければならない訳ではなく、なるためにはさまざまなルートが用意されています。

資格は必要か?

Webエンジニアは、医師弁護士などのように「資格」が必須となる職業ではありません。

まったく何の資格も所持していなくとも、Webエンジニアとして就職することは可能であり、資格がないからといってWebの制作現場で仕事が制限されるようなことも基本的にありません。

とはいえ資格が無意味な訳ではなく、資格を取得することで次のようなメリットが生じてきます。

<Webエンジニアが資格を取得することのメリット>
・Webエンジニアの仕事に対して、「意欲」や「熱意」があることを対外的に示せる
・Webエンジニアの仕事に対して、「基礎的な知識」があることを対外的に示せる
・資格の勉強を通して、新技術や新スキルを身に付けられる
・就職後に現場での仕事にすんなりと入りやすい
・「資格手当」などのある会社であれば、プラスαの収入に繋がる
・難易な資格の場合は、取得すると給料査定や出世に影響することもある
など

特にまったくの未経験からWebエンジニアを目指す場合は、資格の勉強を通じてWebプログラミングなどの基礎スキルを身に付けておくだけでも、配属後、現場での仕事の覚えも早くなり、スムーズな成長が期待できます。

また、採用面接においても、資格が決定的な武器となるわけではないものの、資格所持者はそれだけ意欲のある人物と見られるのは当然でありますので、評価は少なからず高まるでしょう。

取得しておくとよい資格の種類

Webエンジニアを目指す上で、おすすめの資格として次のようなものが挙げられます。

<Webエンジニアが取得しておくとよいおすすめの資格>
■情報処理技術者試験(国家資格)
・ITパスポート試験(IP)・・・難易度:★★☆☆☆
・基本情報処理技術者試験(FE)・・・難易度:★★★☆☆
・応用情報技術者試験(AP)・・・難易度:★★★★☆

■Webプログラミング系の資格(民間資格)
・HTML5プロフェッショナル認定資格・・・難易度:★★☆☆☆
・Java(TM)プログラミング能力認定試験・・・難易度:★★☆☆☆
・Ruby技術者認定試験・・・難易度:★★☆☆☆
・PHP技術者認定試験・・・難易度:★★☆☆☆
・Webクリエイター能力認定試験・・・難易度:★★☆☆☆
※1級、2級、3級のように難易度レベルが設定されている資格は、最も低い級の難易度として記載

「情報処理技術者試験」は、情報処理推進機構(IPA)が運営する国家試験となり、SI業界Web業界問わず、IT系のエンジニアすべてにおいて重宝する資格となります。

有名な「基本情報処理技術者試験(FE)」は、コンピュータの基礎に始まり、サーバーやデータベースの運用方法などまで、ITについて幅広い知見を深めることができます。

続いて、Webエンジニアにとってプログラミング言語の知識やスキルは必要不可欠であるため、「Webプログラミング系の資格」を取得しておくと将来の糧となってくれます。

Webプログラミング言語には、「Java」や「Ruby」などにはさまざまな種類がありますが、未経験者の場合はどれか一つの資格勉強をするだけでも、プログラミングというものに対しての理解を大きく深められるでしょう。

なお、Webプログラミング系の資格の難易度は、初級レベルであればさほど高くはなく、未経験者であっても数か月程度勉強すれば合格を狙うことも不可能ではありません。

Webエンジニアを目指す人におすすめの資格はある?

Webエンジニアになるための学校の種類

学校の種類

Webエンジニアになるための学校の種類は、大きく以下3種類に分けられます。

・大学(国立大学、私立大学、短期大学)
・専門学校(高等専門学校を含む)
・ITスクール

大学では、「学問」としてアカデミックに追及するスタイルの授業形態となることが多く、コンピュータ理論やIT理論、他にもメディア学やマスコミ学、AIやビックデータなどの先端分野まで、深く専門的に追及していくことができます。

また総合大学であれば、文学経済学法学など、他学部の講義も受講できるため、幅広い教養を身に付けられるメリットもあります。

対して、専門学校やITスクールでは、Webプログラミングの実習、Webサイトの構築、Webサービスの模擬開発など、よりWeb制作現場の実務に近い知識やスキルを、実習形式の授業で身に付けることができます。

学費

Webエンジニアになる上での学費については、おおよその目安として次のようになります。

<学費の目安(学校別)>
・大学:国立大学は4年間で約250万円、私立大は4年間で約400万円~550万円
・専門学校:2年制コースは約220万円~250万円、4年制コースは約400万円~500万円
・専門学校(夜間):2年制コースは約100万円~150万円
・ITスクール:1ヶ月あたり無料~15万円(就職斡旋系のITスクールであれば、就職成功時に学費が全額無料となることもある)

ITやWeb系の学部は、特段学費が高いというわけではなく、文学部経済学部など他の一般的な学部と学費水準はほとんど変わりません。

この中では、専門学校(夜間)やITスクールはとくに学費がリーズナブルであり、また授業も夕方や夜にも開催されているため、社会人などでも通いやすい傾向です。

対して私立大学や専門学校(昼間)の場合は、やはり学費水準は高額であり、年間100万円程度の学費を覚悟しなければなりません。

また、上京し一人暮らしをする場合は、別途、家賃・光熱費・食費などの「生活費」が年間100万円程度発生してきますので、そちらも出費として考えておく必要があります。

有利な学部・学科

Webエンジニアになる上で、次のような学部や学科に進むと、学業で得た経験を有利に役立てやすいです。

<Webエンジニアになる上で有利な学部・学科の一例>
■大学の学部・学科
情報学
・IT学部
・インターネット・Web学部
・メディア学部
・マスメディア学部
・デジタルコミュニケーション学部
・理工学部
・総合情報学科
・情報システム学科
・映像・音響メディア学科
・デジタルデザイン学科
など

■専門学校の学科・コース
・情報処理科
・IT学科
・コンピュータ学科
・情報システム科
・メディア情報学科
・Webデザイン科
・Webメディア科
・Webエンジニアコース
・Webクリエイターコース
ITエンジニアコース
・グラフィック・広告コース
など
※学部・学科の名称は、学校によって若干異なる場合もあります。

これらの学部や学科では、ITやWebに関連する知識を体系的に学べるため、将来Webエンジニアとなった際にも糧となってくれるでしょう。

ただし、Webエンジニアになる上で特定の学部、学科を卒業しなければならないという制限はありません。

採用時に理系・文系で分けて考えられることもほとんどなく、文学部や法学部などITやWebとは一切関連ない学部出身者がWebエンジニアとして採用されることもありますので、必ずしも上記の学部、学科に進学しなければならない訳ではありません。

必要な学歴

Webエンジニアになる上で、必ず必要となる学歴や学位というのはありません。

IT業界は人手不足を抱えていることもあり、「学歴不問」で採用する会社も多々ありますので、高卒者や中卒者であってもWebエンジニアとして就職することも不可能ではありません。

ただし、大手Web企業や有名Web企業は、新卒採用時に、「4年制大学卒以上」、もしくは「専門学校卒以上」の学歴で採用する学生を絞っている会社もあります。

そのような大手企業への就職を目指している人であれば、選考時に不利にならないためにも、やはり大学や専門学校に進学しておいた方が賢明ともいえるでしょう。

Webエンジニアになるための学校と学費(大学・専門学校・スクール)

Webエンジニアに向いている人

Webエンジニアに向いている人の性格的特徴としては、次のようなものが挙げられます。

<Webエンジニアに向いている人の性格>
・技術が好きで、自主的に学べる人
・コミュニケーションが嫌いではない
・プログラミングの適性、プログラミングが嫌いではない
など

とくに一つ目の「技術が好きで、自主的に学べる人」は重要です。

Webエンジニアは、常に扱う技術を頭に巡らせ、最新の技術も貪欲に学んでいく必要がありますので、Web関連のテクノロジーに知的好奇心をもち、仕事として嫌々ではなく自ら進んで知識を学んでいける人がこの仕事に向いているといえるでしょう。

Webエンジニアに向いている人・適性・必要なスキル

Webエンジニアのキャリアプラン・キャリアパス

一人前になるまでのキャリアパス

Webエンジニアは身に付けるべき経験やスキルが無数にあり、一人前になるまでには長い時間を要します。

まずは、入社後数か月間は導入研修となることが多く、HTML、CSS、JavaScriptなどWebエンジニアとしての基礎を学ぶ日々が続きます。

研修が終わってようやく現場に配属となっても、そこからまた学びの日々が続き、配属から1年程度は先輩社員のOJTを受けながら少しずつ仕事を理解していきます。

2年目に入ると、ようやくプログラミングなどを自分ひとりで行えるようになっていき、3年目4年目になると、チームのサブリーダーを任されたり、設計などの難易な仕事を担当する機会も増えていきます。

どの程度で一人前になれるかは、職場環境や本人の実力によっても変わってきますが、いずれにしても1ヶ月や2カ月程度でモノにできる仕事ではなく、基礎を固めながら段階的にステップアップしていく必要があります。

一人前になった後に必要な努力

Web関連のテクノロジーやツールの進化のスピードはとても早く、今まで使っていたWeb言語の需要がなくなってしまったり、数年単位で開発ツールがガラリと変わってしまうこともあります。

Webエンジニアとして第一線で活躍していく上では、一人前となった後も、既存のスキルに甘んじず、新しい技術にアンテナを張り、貪欲にスキルをアップデートしていく必要があります。

また、プロジェクトマネジメントやマーケティングなど、技術面以外の経験を積むことも大事であり、幅広い経験をもつWebエンジニアとなれれば、将来「Webディレクター」や「Webプロデューサー」などの上位職にキャリアアップできることもあります。

その先のキャリアプラン

Webエンジニアは、多種多様なスキルを扱う職種である分、経験やスキルを積むことで、実にさまざまなキャリアを描くことができます。

キャリアプランの例として、次のようなものが挙げられます。

<Webエンジニアのキャリアプラン>
・引き続き技術スキルを高め、高度な開発スキルをもつスペシャリストなWebエンジニアを目指す
・「Webディレクター」、「Webプロデューサー」など、Web現場を取り纏める上位職にキャリアアップする
・Webエンジニアとしての経験をベースに、「Webデザイナー」、「Webマーケッター」など他のWeb系職種に転身する
・「サーバーエンジニア」、「ネットワークエンジニア」、「ITコンサルタント」など、関連するIT系職種に転身する
・「Web営業」や「Web企画」など、関連する文系職種に転身する
・独立し、「フリーランス」のWebエンジニアとして活動する
など

Web業界は、同業他社への転職やフリーランスへの移行などに比較的寛容的な業界でもあるため、Webエンジニアとしての経験を十分に積めば、業界内を自由自在に渡り歩くことも難しくはないでしょう。

また昨今は、Web業界以外の人であっても、Webプログラミングに関心を持つ人も多く、「ITスクール」や「プログラミングスクール」の数もどんどんと増えています。

そのような教育の場で、元Webエンジニアが教師やインストラクターを務めるという道も今後はより増えてくるでしょう。

Webエンジニアを目指せる年齢は?

「年齢不問」や「ミドル歓迎」などの求人も存在するため、年齢問わずWebエンジニアとして就職することは可能ではあります。

Webエンジニアの場合、業務も身体を使う肉体労働ではなくデスクワークが中心のため、身体的な年齢のハンデを受けにくく、歳を重ねても続けやすい利点があります。

ただし、Web関連の技術の進化のスピードはとても早く、最新の技術を常々吸収していかなくてはならないため、年齢を重ねても、若手エンジニアの頃のような成長意欲や知的好奇心を持ち続けなくてはならないという大変さもあります。

また、Web業界は平均年齢の若い業界でもあり、Webエンジニアは20代~30代が中心となっています。

特に20代前半の若手エンジニアは、年齢柄覚えも早く、小さい頃からインターネットに触れている世代であるため高い需要がありますが、一方で30代40代以上のエンジニアになってくると、それに見合ったスキルがないと活躍の場が狭まってくる恐れもあります。

加えて、設立の若いWeb系企業であれば、40代以上の社員がほとんどおらず、年長社員のロールモデルが確立されていない会社もありますので、ある程度歳を重ねてからWebエンジニアになる場合には、これらの事情を十分に理解しておく必要があるでしょう。

Webエンジニアは女性でもなれる?

Web系の方が女性は多い

前提として、Webエンジニアは男女関係なくなれる職業であり、実際に現場の第一線で活躍している女性エンジニアというのも世の中にたくさんいます。

IT業界全体でいえば、まだまだ男性中心の業界となっており、とくにシステムインテグレーションを行う「SI系」の企業においては、現場が男性エンジニアばかりというのも決して珍しくはありません。

その一方で、Webエンジニアが属する「Web系」の企業では、比較的女性エンジニアの割合が大きいとされています。

Webサービスにもいろいろなものがありますが、SNSやインターネットショッピングサイトなど、女性にとってもなじみ深いものも多いことから、女性エンジニアが前向きに働きやすい業種といえるかもしれません。

女性としての働きやすいか?

Webエンジニアは、プロジェクトの状況に応じて残業や休日出社などをしなければならないこともあり、家事や育児との両立が難しい部分もあります。

しかし、最近は女性の活躍を支援する社内制度や、結婚や出産後も仕事を無理なく続けられるためのしくみを整えている企業が増えています。

また、Web系の企業では若手も多く活躍しているため、柔軟な働き方ができる職場も少なくもなく、「フレックス出社」や「時短勤務」、「リモートワーク」など採用する企業も増えてきています。

「本気でWebエンジニアになりたい!」と考えている場合は、Webエンジニアの専門学校に通うことも検討しましょう。

ヒューマンアカデミーでは、プロのWebエンジニアによる指導を受けることができます。

さらに、就職サポートが充実しているので、Webエンジニアとしてスタートしやすい環境が整っています。

資料請求は完全無料になっていますので、少しでもWebエンジニアを目指したい気持ちがある人は、無料資料請求してみましょう。