Webメディア企業社員のつらいこと、大変なこと、苦労

変化が激しい業界

Webメディア企業だけではなく、IT業界全体としていえることですが、昨今のIT技術の変化はめざましく、また非常に速いスピードで変化していくことが特徴です。

さまざまなIT技術を駆使して作られるWebメディアも、そうした変化に対応していく必要があり、また一般ユーザーの興味関心が次々と移り変わっていくなかで、その時々に即したものを生み出して提供し続けなくてはなりません。

現状がいくらよくても、そこにあぐらをかいていればうまくいかなくなることも多いです。

自分たちが向上心を持って、変化し続けなくてはならないのはWebメディア企業で働くことの大変な一面といえるでしょう。

とにかくスピーディーに動く姿勢も求められてきます。

状況によっては残業も増える

Webメディア企業では、「Webメディア」というものづくりに携わりますが、納期が決まっている仕事も多々あります。

思い通りに進んでいなければ残業をして完成させなくてはなりませんし、多くのスタッフが関わって仕事を進めることが多く、そのなかで予期せぬトラブルやミスなどが発生することもしばしばあります。

また、新しい企画を出さなくてはならない時期や、サイトが公開となる直前などは、さまざまな雑務や考えごとなどに追われて残業時間が増えることもあるでしょう。

しかし、Webメディア企業では「この仕事にどうしても就きたい!」と思って情熱的に働いている人や、半分仕事が趣味といった気持ちになっている人も多くいます。

そうした人は、仕事がどれだけ忙しくても、好きなことだから苦しくないという気持ちも持っているようです。

実力主義の企業も

Webメディア企業は、比較的歴史が新しい企業が多いことなどから、若手が活躍しやすい傾向があります。

その一方、市場の変化スピードなどに対応するために、年功序列ではなく実力主義で評価する企業も少なくありません。

努力次第では20代でリーダーになったり、給料を大幅にアップさせたりすることも可能ですが、それがプレッシャーになったり、うまくいかないと年下の社員に抜かれてしまったりすることもあるかもしれません。