CGデザイナーの需要・現状と将来性

CGデザイナーの現状

CGデザイナーは映画、アニメ、CM、宣伝など、映像や画像を扱うさまざまな分野で活躍しています。

建築や自動車の分野にもCGは活用されており、3DCGによるモデリングやイメージ紹介などが行われています。

CGデザイナーの活躍の場が増えるに伴って求人数も多くなっていますが、デザインだけでなくITなど広い分野の知識が求められるケースが増えています。

そのため、自分の希望する企業に就職するには、CGデザインの基本知識に加え、関連する業種・業界での実務経験を積んで実力をつけていくことが大切です。

新しいソフトウェアや表現の方法が次々と出てくる分野でもあるため、既存の仕事にとどまらず、変化に対応する力も求められます。

CGデザイナーの需要

CG技術は生活やビジネスに欠かせない存在になっており、CGデザイナーを求める業界・企業は数多くあります。

需要増に対応し、CGデザインに特化した専門学校も増えており、知識や技術を修得して希望する業界や企業へ就職して活躍する人も多いです。

特に最近ではスマートフォン向けのゲーム・アプリ開発の分野で募集が増えています。

また、人手不足を補うためにVR(仮想現実)を使ったデモやシミュレーションを利用するケースが増え、作成できるデザイナーの需要が高まっています。

デザインやITの分野だけでなく、建築業界や自動車、航空、機械、家電業界など広い範囲で3Dデザインが設計や広告で利用されており、人材不足から年収も増加傾向にあります。

CGデザイナーの将来性

CGデザイナーは生活やビジネスのさまざまな分野で活用されており、今後も広く需要増が見込める将来性が高い職種です。

そのため、新卒・転職を問わず求人も多くなっています。

しかし、大手企業は人気が高いため、実績や経験がないとなかなか採用されるのは難しいでしょう。

CGデザイナーは残業も多く、心身の負担から離職するケースも多いため、長く活躍するには健康管理に気をつけることが大切です。

また、日々新しくなるCG技術への対応のための学習が常に求められます。

デザイナーとして制作現場で携わるだけでなく、知識と経験からCG活用をコーディネートできる人材の需要が今後は高まっていくでしょう。

CGデザイナーの今後の活躍の場

CGデザイナーは画像、映像を扱うさまざまな職場で活躍しています。

また、デザイン会社や広告代理店などにとどまらず、ゲームなどのアミューズメント業界や医療機械などの分野にもCGデザイナーの活躍の場が広がっています。

高い技術をもった企業や個人は海外からも仕事を依頼されることもあり、国境を超えて働くことも可能です。

商品のデモやCMなど、CGをさまざまな課題の解決に役立てようという動きが活発に見られるため、活躍の場は今後一層広がっていくと見られます。

そのため、CGデザイナーも既存の仕事のイメージを捨て、新しい分野でのCG制作・利用に果敢に挑戦することが大切です。