CADオペレーターの仕事内容

CADオペレーターの仕事とは

CADとは、「Computer Aided Design」(コンピューター支援設計)の省略語で、「CADソフト」を操作して建築物などの図面を作成する人を「CADオペレーター」と呼びます。

CADを使用することによって高度で複雑な図面をスピーディーに作成したり、細かい変更点なども効率よく修正することができます。

さらに、平面図・立体図・断面図を2次元で描いたり、立体的な形状を3次元で視覚的に表現することも可能です。

IT化が進む現代において、CADオペレーターは設計現場には欠かせない存在といえるでしょう。

CADオペレーターの業務の内容

設計士との打ち合わせ

CADオペレーターにとって、設計士との打ち合わせは重要な仕事です。

CADオペレーターは、設計士やデザイナーの指示を受けてCADで図面を作成する仕事ですので、通常は設計に携わることはありません。

設計士たちと密に連携を図りながら業務を行いますので、CADを使って正確に、製品の基となる図面を正確に仕上げていきます。

CADの操作技術だけではなく、設計士の指示を理解する知識と、それを図面化させる表現力が求められます。

正確な製図を描く

あらゆる建築物などは、図面を基に造られていき、例えば一軒の住宅を建てる場合には、何十枚もの図面が必要になります。

さまざまな角度から見た図面を描き起こさなければならないため、設計士だけでは図面作成まで手が回りません。

そこで、設計士の右腕となり、指示通りの図面を描き起こしていくCADオペレーターが必要とされるのです。

設計士の修正依頼に対応する

設計士やデザイナーから修正依頼が入った場合にも、CADオペレーターは修正や細かい調整にも対応していきます。

修正や変更箇所が1ヶ所でもあれば、複数の図面を漏れなく修正しなければなりません。

すべての修正が完成したら、図面に不備や相違がないように設計士やデザイナーにチェックを受けます。

CADソフトの種類

近年では何種類ものCADソフトが存在しており、企業や業界によって使用するソフトが多少異なってきます。

2次元CADでは、多くの業界でシェア率を誇る「AutoCAD」やフリーソフトの「Jw-cad」が知られています。

3次元CADでは、自動車業界や航空機メーカーなどで良く使われる「CATIA」、電機業界では「I-deas」などが普及しています。

CADで作成された図面は、建築、機械、電気、服飾デザインなど、ものづくりを行うさまざまな分野で幅広く活用されています。

最新技術を習得する

CADオペレーターは、ITを駆使してプロフェッショナルな仕事をしています。

CADソフトも年々進化していますし、それを使いこなせる人がCADオペレーターとして活躍の場が広がる成功者といえます。

日々勉強をしてスキルアップに励み、確かな技術力を身に着けることが不可欠です。

CADオペレーターの役割

CADトレーサー、CAD技術者との違い

ひと口にCADを使う仕事といっても、CADオペレーターだけではありません。

世間では、CADを操作して製図を行う人を広い意味で「CADオペレーター」と呼んでいますが、業種や設計現場によっては「CADトレーサー」や「CAD技術者」と呼ばれる人もいます。

「CADトレーサー」と「CADオペレーター」は明確な違いはないですが、CADトレーサーはCADオペレーターより細やかな指示を受けて製図を行う傾向にあります。

「CAD技術者」は、産業分野での部品をCADを使って設計、デザイン、製図を行う仕事になります。

業界によるCADオペレーターの呼称

CADオペレーターは、業界によっても異なった呼称があります。

例えば、建設会社で建築物の図面作成に携わる人は「建築CADオペレーター」と呼ばれます。

また、CADソフトを用いてパソコン、携帯電話、電化製品、精密機器などの製図を行う人は「機械CADオペレーター」といった呼び方をされることがあります。

そのほか、アパレル、通信、自動車、広告デザインなど、さまざまな業界で働くCADオペレーターがいます。

CADオペレーターの勤務先

CADオペレーターの勤務先は、大手企業から個人事務所まで豊富にあります。

建設会社、自動車メーカー、アパレル、通信、電気機器メーカー、広告会社など、さまざまな業種で幅広く活躍できます。

そのほか、住宅リフォーム会社、インテリア業界、家具メーカー、ジュエリー業界など、設計図が必要となる多様な業界で活躍が期待されます。

どの業界においても、CADオペレーターは基本的にCADを操作できるスキルが必要ですが、使用するCADソフトや図面のルール、製図に関する知識などは業界によって異なります。

就職や転職の際には、各業界の専門知識が求められることも多いため、企業がどれだけの実務経験を求めているのか、仕事内容をしっかりと確認すると良いでしょう。

CADオペレーターの仕事の流れ

CADオペレーターは、設計士やデザイナーなどから指示を受け、CADソフトを操作して図面の作成や調整、修正などを行います。

設計士やデザイナーと密に連携しながら、設計の内容を理解し、CADを操作して正確に製図を描いていきます。

設計内容に変更や修正が入った場合には、その都度CADで微妙な手直しをしていきます。

変更箇所は1ヶ所でも、図面のルールと設計者の指示に従って製図を行ったのち、設計者に再度チェックをしてもらいます。

建設物の工事は完成した図面を基に進められるため、もしその内容に不備や間違いがあれば大きなトラブルを招くことになりかねません。

CADオペレーターは、たった1枚の図面でも、正確な情報を丁寧に作り上げる慎重さや責任感が問われます。

CADオペレーターと関連・類似の職業

建築士

建築士は、住宅・マンション・ビル・公共施設・商業施設など、あらゆる建物の設計を行いながら、建築現場での指揮・監督業務にいたるまで幅広い業務を担います。

お客様の要望を丁寧にヒアリングしながら、CADをはじめとしたあらゆる手法で建物の構造図を作成し、お客様のイメージ通りの建物の設計図を完成させていきます。

「1級建築士」「2級建築士」「木造建築士」の国家試験に合格して免許を取得した人が建築士と名乗ることができます。

CADオペレーターから建築士へキャリアアップするには、「2級建築士」「木造建築士」の資格を取得したのち、建築案件の実務経験を積んで「1級建築士」を目指すことができます。

建築士の仕事

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターは、住宅・店舗・オフィス・公共施設などのインテリアを、お客様のオーダーに応じてデザイン、提案を行う職業です。

照明器具の種類や機能性、壁紙の性質など、建物内部の室内空間からエクステリアにいたるまで幅広い知識を有するインテリアコーディネーターが活躍しています。

インテリア業界では、図面を起こすためにCADが用いられます。設計担当者(インテリアコーディネーター、インテリアデザイナー)が行うこともあれば、CADオペレーターが製図を行うこともあります。

インテリアコーディネーターの仕事

CADエンジニア(CAD技術者)

CADエンジニアは、建築、機械、電子機器、自動車、アパレル、インテリア業界など、主に製造業においてCADを用いて設計、デザイン、製図を行う職業です。

CADソフトの操作技術だけではなく、新しい製品を生み出す発想力やアイデアが求められる仕事といえます。

CADエンジニアは、CADの操作技術だけではなく、環境や安全、法律、コストなどトータル的な知識が求められます。

CAMプログラマー

プログラマーは、「プログラム言語」を用いてコンピュータープログラムを組み、さまざまなシステムやソフトウェアを作る職業です。

建設・製造業においては、CADを用いた製図を基に、「CAM」でプログラミングを行ない、工作機械によって製品や部品が造られます。

「CAM」は(Computer Aided Manufacturing)の略で「コンピューター支援製造」という意味を現わします。

つまり、製品を造るための「工作機械」のプログラミングを作成するツールです。

このシステムのプログラミングを行うのがCAMプログラマーの仕事です。

CAEプログラマー

製造システムには、もう一つ「CAE」というツールがあります。CAEは(Computer Aided Engineering)の略で、「コンピューター支援エンジニアリング」という意味を現わします。

製品の設計、製図、工作機械の性能、製造工程などを事前にシュミレーションするためのツールです。

このシステムのプログラミングを行うのがCAEプログラマーの仕事です。

ものづくりの現場では、CAD、CAM、CAEそれぞれのシステムが連携して、製図や製造工程をサポートしながら一つの製品が完成します。