Webディレクターのつらいこと・大変なこと・苦労

Webディレクターのつらいこと・大変なこと

仕事がハードになりがちで、生活も夜型になる

Webディレクターの仕事は夜遅くまで行われることが多く、体力的にも精神的にもハードになりがちです。

特に繁忙期には、連日深夜まで仕事をすることになり、休日出勤や帰宅後の残務処理も多くなります。

もちろん、制作スタッフがいつも一緒に働いてくれているのですが、背負う責任はWebディレクターが最も大きく、そして替えが利かないという点でもつらいものがあります。

Webディレクターは現場のリーダーとしてムード作りやマネジメントをしなければならないため、疲れた姿を見せることもできず、孤独感を感じることも少なくありません。

こうした生活が続くうち、プライベートで周囲となかなか時間が合わず、家族や友人と外出する機会も少なくなってさびしく感じることもあります。

クライアントとのコミュニケーションが上手くいかない

Webディレクターは制作現場の代表として、クライアントとコミュニケーションを取ることも求められます、これが難しいことも多いです。

クライアントはWebサイトに過剰な期待をもっている場合もありますし、数年前の流行や情報をもとに要望を出してくる場合もあります。

こうした時、クライアントの意に沿わない現在のWebのトレンドや情報を伝える必要がありますが、理解していただけないこともしばしばです。

また、クライアントがWebに対して知識がなく、普通に使われている用語が通じないケースや、要望が大雑把で曖昧すぎる場合もあります。

クライアントとのコミュニケーションロスから制作が進まず、何度作り直しても納得していただけない場合は、関係者に非常に申し訳なくつらい気持ちになります。

Webディレクターの悩み

Webディレクターの悩みのひとつは、いつも仕事が頭から離れないことです。

現場が動いていることを誰よりも知っている立場であり、責任があるからこそ退社後や休日だとしてもいつも仕事が気になってしまいます。

また、生活の中でWebサイトやWebサービスは欠かせないものになっているため、利用するたびに使用されている技術やデザイン、制作の背景にある考え方などを分析して考えてしまうようになります。

いつも勉強し、技術や流行にキャッチアップしていく必要がありますが、そのためにプライベートが潰れてしまうことも問題です。

いつも仕事を気にしているように見えるため、家族や友人、恋人からお叱りを受ける人も少なくありません。

Webディレクターを辞める理由で多いものは?

Webディレクターの退職理由で多いのは「仕事と評価が合わない」ことです。

頑張って働いても、あまり評価されていないと感じることが多く、スキルアップも感じにくいのがWebディレクターのつらいところです。

新技術ならエンジニア、良いデザインならデザイナーが褒められますが、ディレクションが褒められることはあまりありません。

良い仕事をしても売上が大きくなるわけでもないため、会社に対してできる貢献度も上がらず、仕事の質が数字として評価されにくいのも問題です。

制作したサイトからアピールにつながる数字を上手く集めてアピールするなど、評価につながるようアピールの工夫が必要です。

Webディレクターを目指すならプログラミングスクールも検討

IT業界やWebディレクターを目指すなら プログラミングスクールでスキルを高める ことも考えてみるとよいでしょう。

ITエンジニアの人材不足は慢性的で、今後も職に困ることは少ないといわれています。

また、ITエンジニアは他職種と比較しても給与は高い傾向にあり、テレワークの比率も高くなっています。

未経験採用をしている企業もありますが、 スクールでスキルを身につけておくと、就職・転職で有利になる 可能性もありますし、採用後もスムーズに仕事をはじめることができます。

ここではキャリア支援サポートもあるプログラミングスクールを2つ紹介します。

SAMURAI ENGENEER


公式サイトSAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEERの特徴

1.専属マンツーマンレッスンで最速最短でプログラミングを習得できる

2.スキルに合わせた完全オーダーメイドカリキュラムで学習効率アップ

3.採用時にアピールできる、完全オリジナル作品を開発できる

4.キャリアアドバイザーによる未経験からの転職支援サポートを受けられる

さらに、SAMURAI ENGINEERの人材紹介サービスを利用して転職成功した場合に、 受講料が無料になるコース も用意されています。

さまざまなコースがあるので、一度無料説明会で自身に合ったコースがあるか聞いてみるとよいでしょう。


tech boost


公式サイトtech_boost

tech boostの特徴

1.プロのカウンセラーが目標に応じた最適なプランを提案してくれる

2.現役エンジニアのメンターが学習を細かくサポート

3.運営会社がエンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているので、エンジニア転職に強い

4.オンラインイベントなどで仲間ができる

渋谷のみとなりますが、通学プランも用意されています。

無料説明会では、プログラミングを学ぶメリットや受講イメージなどを詳しく教えてもらえます。


より柔軟にスキルをしっかりと学びたいなら「SAMURAI ENGINEER」、細かいサポートや転職実績を重視するのなら「tech boost」がおすすめ です。

講師との相性やカリキュラムなど、実際に話をしないとわからないことも多いので、少しでも興味があれば無料説明会に参加してみましょう。

公式サイトSAMURAI ENGINEER

公式サイトtech_boost