サービスエンジニアの仕事、業務内容

さまざまなエンジニアの仕事

エンジニアの代表的な職業としてよく知られているのは、通称SEと呼ばれている「システムエンジニア」でしょう。

システムエンジニアの仕事

システムエンジニアは、広義ではコンピュータのシステムの構築やネットワーク環境の整備に携わる仕事全般を担っている人のことを指し、企業によっては仕事の専門性に合わせて「インフラエンジニア」「データベースエンジニア」「セキュリティエンジニア」などのように職種を細分化していることがあります。

ネットワークエンジニアの仕事
データベースエンジニアの仕事

今回ご紹介する「サービスエンジニア」はこのようなIT技術に特化しているシステムエンジニアとは異なり、機器や設備全般の技術的なサポートを行っています。

それでは、具体的にはどのような仕事をしているのか、業務内容について詳しく見ていきましょう。

顧客サービスに特化したサービスエンジニア

サービスエンジニアの役割は、機器や設備を利用しているクライアントに対して専門的な知識や技術を提供し、クオリティの高いサービスをすることです。

具体的にいうと機械・電気の設備や機器の保守管理、メンテナンスなどが主な業務になります。

現代社会においてはあらゆる業界で機械が導入されていますが、専門性の高い技術だけに、機器のトラブルが起きたときには自社では全く対応できないという企業も珍しくありません。

サービスエンジニアはこのようなクライアントに対して細やかなサポートを行い、技術や知識を提供することで現場を支えているのです。

客先に出向いて行う定期的な保守はもちろんのこと、急な故障の際にいち早く駆けつけて修復作業をすることもありますし、機器の初期の設置工事や試運転を行うこともあります。

クライアントにとっては困った時に助けてくれる頼れる存在なのです。

幅広い事業形態

サービスエンジニアが扱う機種は企業によってさまざまです。

パソコン関連の機材を取り扱う人もいますし、空調機器のような大型の設備や精密機器のような小型機器を専門にしている人もいます。

企業によってはサービスエンジニアという職種名を用いずに「保全管理グループ」「設備エンジニア」という名称を使用していることもありますが、仕事の内容自体は同じと考えてよいでしょう。