「ネットワークエンジニア」の仕事とは

ネットワークエンジニアの仕事内容

ネットワークエンジニアは、ネットワークインフラのシステム設計・構築や運用管理をする仕事です。

オフィスなど複数の人たちがコンピュータを利用する場において、個々のコンピュータをスイッチやルータなどの機器に接続し、コンピュータによるデータを快適に送受信できるためのネットワークシステムを作ったり、トラブル時にはすぐに対応したりすることが主な役割です。

仕事内容は大きく「設計」「構築」「運用」「保守」の4つがあり、通常、複数のエンジニアがチームを組んで仕事をします。

ネットワークエンジニアになるには

ネットワークエンジニアは、主にネットワークシステム構築を手掛けるIT企業に勤務しています。

未経験者は運用や監視といった下流の仕事からスタートし、スキルアップするにつれて構築、そして設計といった上流の仕事に携わっていく流れが一般的です。

資格は必須ではないものの、ハードウェアに関する知識をはじめ、電気通信やコンピュータの基本設計など幅広く専門的な知識が求められることから、Cisco Systems社の認定資格などを持っていると評価されることが多くあります。

ネットワークエンジニアの給料・年収

ネットワークエンジニアの年収は300万円〜600万円程度が相場となっているようですが、人によってだいぶ差があります。

実力が重視される仕事であるため、経験を積んでいったり、業界内でもとくに難しいといわれる資格を取得したりすると、年収1000万円以上を安定して稼げるようになるなど、大きく収入を伸ばすことも可能です。

正社員として働く以外に、派遣社員や契約社員、フリーランスなど多様な働き方をしている人がおり、実力次第で正社員以上に高い収入を得ている人もいるようです。

ネットワークエンジニアの現状と将来性・今後の見通し

あらゆる企業でコンピュータが日常的に使われるようになり、サーバー環境やネットワーク環境の設計・構築、またそれらが正しく動き続けるように運用・保守を手がけることができるネットワークエンジニアは、安定した需要を保っています。

最近ではクラウド化が進んでいることから、単に手を動かすだけではなく「企画提案力」を備えたエンジニアのニーズが高まっています。

クラウドに精通したネットワークエンジニアの市場価値は、今後も高い状態を維持すると考えられています。