ITエンジニアのつらいこと・大変なこと・苦労

ITエンジニアのつらいこと・大変なこと

納期厳守

ITエンジニアにとって辛いのは納期を必ず守らなければならないことです。

たとえスケジュールが組まれていても、計画したスケジュールから変わることも多く、トラブルや各工程での遅延が発生すると、後工程に影響が生じます。

最終的な納期はずらすことができない場合も多く、納期を守るための残業や休日出勤などが発生し、エンジニアにとって負担となっています。

仕様変更が起こる

ITエンジニアの間で嫌われることの1つが仕様変更です。

仕様変更が起こると、それまで進んでいた作業がやり直しになったり、変更部分を探すための余計な作業が発生するからです。

仕様変更が起こる理由は様々ですが、顧客の意向が急に変わり、それを反映するために仕様が変わることも多くあります。

予算や納期は変わらない場合も多く、負担はすべて現場のエンジニアたちにのしかかってしまいがちです。

仕様変更が生じないよう努力はしても、顧客先との力関係によっては要望が通らないことも少なくありません。

周囲に仕事が理解されにくい

ITエンジニアに対し、周囲からの理解が足りないことをつらく感じる人も多いです。

システムは少しでも間違いがあれば予定通り動かないものですが、仕様変更や追加機能を簡単に要求されることも多いです。

煩雑な書類作成や各種テストなどの工程も、ITへの理解が浅い人からは無駄なものに時間をかけていると考えられることも多く、仕事にやりがいを感じられなくなる人もいます。

ITエンジニアの悩み

目・肩・腰への負担

ITエンジニアでは目や肩、腰を痛める人が多いです。

長時間机に座ってパソコンに向かって作業するため、これらにトラブルを抱える人も少なくありません。

小さな文字が並ぶ書類やプログラムのコードをチェックすることも多いため、目の疲れを訴える人が非常に多いです。

勉強が大変

ITエンジニアは常に最新の技術を勉強する必要があります。

顧客のニーズに応えることはもちろん、技術の移り変わりが激しいITの世界では、自分が得意としている技術が陳腐化し、使われなくなる可能性もあります。

第一線で活躍し続けるためにも、常に新しい技術を学び、現場で活用することが求められますが、そのための学習が家庭や健康面の事情で難しくなることも多いです。

ITエンジニアを辞める理由で多いものは?

新しい分野に挑戦したい

ITエンジニアを辞める人の中には、「新しい分野の仕事に挑戦したい」という人が少なくありません。

企業や部署によってエンジニアとして担当する業務の範囲は限定されることが多く、希望する分野の仕事に挑戦できない場合も少なくありません。

ニーズが減っている技術の担当だと、案件がなくなり、エンジニアとして活躍できる分野がなくなることもあるため、他分野に積極的に挑戦する人が多いです。

キャリアを考えたい

「キャリアを考えたい」ために退職する人もいます。

目先の仕事が忙しく、なかなか先のことを考えることができないため、必要なスキルアップの方向性がつかめないという場合もあります。

仕事や将来について見つめ直す時間を得るために退職し、少し時間を置いて再就職を検討する人も多いです。