ITエンジニアにはどんな種類や職種がある?

ITエンジニアには多くの種類がある

「ITエンジニア」はIT技術者のことを示しますが、仕事内容や専門分野などによって職種はさまざまに分けられます。

職種ごとに必要な知識が異なり、高度なスキルを持つエンジニアは複数の職種のスキルを修得していることも多いです。

主な職種としては、以下のものがあります。

プログラマー
システムエンジニア(SE)
ネットワークエンジニア
データベースエンジニア
サーバーエンジニア
インフラエンジニア
・クラウドエンジニア
Webエンジニア
セールスエンジニア
情報システム社内SE
セキュリティエンジニア

ここでは、それぞれの仕事内容について詳しく紹介していきます。

プログラマー

プログラマーは、仕様書をもとに、C言語やJavaなどのプログラミング言語を用いてシステム開発やテストなどを行います。

求人は言語を指定して行われるのが通例で、複数の言語に対応できるプログラマーはさまざまな職場で働くことができます。

プログラマーは各企業のルールにのっとって、高速かつ軽量で安全なプログラムを開発することが求められる、企業の開発力を左右する大事な職種です。

システムエンジニア(SE)

システムエンジニアは、システム開発において設計、開発、テストまでを一貫して計画・進行していく技術者です。

プログラマーと比較すると、顧客からのヒアリングやシステムの要件定義、仕様書作成など上流工程がメインです。

システムの運用や継続的な改善を行うために、開発後も客先に常駐するSEもいます。

顧客の業務に対する理解やコミュニケーション能力、提案力などIT技術だけでなく高いビジネススキルも求められます。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、ネットワークの設計・構築・運用・保守などに特化したエンジニアです。

ネットワークの速度や安定性、コストなどを詳しく調べて改善を行ったり、セキュリティの強化などを担当します。

ネットワーク知識だけでなく各社が提供するルーターやスイッチなどのネットワーク機器の性能や設定についても知識が求められ、顧客の状況に合わせた提案ができることが大切です。

データベースエンジニア

データベースエンジニアは、データベースの設計・構築・運用・保守を専門的に行う技術者です。

データ社会へ移り変わる中、効率的なデータ管理や活用のためには、情報が整理され高速で処理できるデータベースが欠かせないため、広い分野で活躍できます。

データベースエンジニアはSQLの構文や、RDBMS、データモデル、正規化、データマイニング、製品知識など他エンジニアとは異なる知識が求められます。

インフラエンジニア

インフラエンジニアは、ネットワークエンジニアとサーバーエンジニアを足したような役割の職種です。

システムが動作する土台となる環境の構築を専門にしており、企業のサーバールームやデータセンターなどに実際に機器を運びこみ、ケーブリングやコンフィグ(機器の設定)を行います。

また、企業内で使うパソコンのキッティング作業や勤怠管理システム、入退室管理システムなどの導入を行う場合もあります。

クラウドエンジニア

クラウドエンジニアは、インフラエンジニアが行う環境構築を、クラウド上のサービスで行う技術者です。

クラウド提供事業者のサービスを利用し、従来のインフラ構築よりも安価かつ高速でシステム構築の土台を提供します。

各クラウドサービスの製品知識や設定技術、活用提案など、専門家としてさまざまなスキルが求められます。

クラウド利用が広がる中で今後重要と見られる職種のひとつです。

Webエンジニア

Webエンジニアは、各種のWebサービスやアプリなど、主にインターネット上で動作するシステムやアプリの設計・開発・運用・保守を行います。

Webエンジニアは扱うシステムの性質上、プログラミングだけでなくネットワークやサーバー、データベース、ブラウザについての知識も必要です。

フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアに分けられ、前者はブラウザでの処理やUI開発、後者はサーバー側の設定や処理を担当します。

セールスエンジニア

セールスエンジニアは、機械関連のメーカーやIT企業などに所属する、技術的な知識を備えた営業職です。

顧客に対して自社製品の説明や技術的な質疑応答、仕様打ち合わせなどを行ったり、社内の製造現場と得意先の橋渡し役となります。

直接的に開発や運用は行いませんが、顧客の抱えるIT課題に対して適切な解決策を提案できるだけのIT知識や製品知識が求められるため、エンジニア職の経験者も多いです。

情報システム(社内SE)

企業の情報システム部門などに勤務し、自社内で使用する情報システムやネットワーク、アプリケーションなどの運用・保守を中心に行うエンジニア職です。

また、企業内のITの専門家として、IT戦略の策定やシステム企画、設計を行ったり、外部の業者のマネジメントを行います。

他のITエンジニア職と比べ、専門性はさほど問われませんが、広い範囲の知識をカバーする必要があり、ビジネススキルも求められます。

セキュリティエンジニア

セキュリティエンジニアは、セキュリティ分野を担当するエンジニアです。

セキュリティ対策はベースとしてネットワークやサーバー、OS、ソフトウェア、侵入テストなど広い範囲の技術への理解が求められます。

加えて、ヒューマンエラーを防止するための策を考案したり、法令対応のための法知識なども必要です。

増えるセキュリティトラブルを背景に需要は増えているものの、人材不足が深刻な職種のひとつです。