システムエンジニアになるには

システムエンジニアになるまでの道のり

代表的な道のり

システムエンジニアになるためのルートはさまざまありますが、代表的で模範的な道のりとして解説します。

高校の学科・コースが、システムエンジニアになる上で大きく将来に影響することは少ないですが、念を入れるのであれば高校の段階から「理系コース」に進むのが望ましいでしょう。

というのも、システムエンジニアは「論理的思考力」が必要な仕事であり、高校から理系コースに進めば、若く早いうちから論理的思考力を身に付けることができるためです。

高校卒業後は、大学もしくは専門学校に進学し、「理工学部」「情報学部」「情報処理学部」「IT学部」などの学部・学科に所属してIT知識やコンピュータ知識を学ぶ人が多いです。

その後新卒の就職活動時に、SIerなどのIT企業のシステムエンジニア職にエントリーし、採用されることでシステムエンジニアとなるパターンが代表的な例です。

なお大手IT企業の場合、「大卒」のみに限定して新卒採用を行うこともありますので、大手志望の人であれば専門学校よりか4年制大学に進学する方が適しているでしょう。

ルートはさまざまある

システムエンジニアになる上で、特別必須となる学歴や経歴などは存在しません。

必ずしも理系に進まなければならないわけではなく、大学や専門学校を卒業しないとなれないわけでもありません。

文系学部出身でシステムエンジニアになる人もたくさんいますし、中には高校卒業後にそのままシステムエンジニアとして就職する人もいます。

他にも、一度社会に出て全く違う職業を経験してから、システムエンジニアに転職してくる人もいます。

IT業界は慢性的な人手不足を抱えていることもあり、未経験者の採用も積極的に行っており、窓口は広いです。

なるためのルートやさまざまありますので、必ずしも周りの同級生と同じ道を進まないといけないというわけではありません。

システムエンジニアの資格・難易度

資格は必要か?

システムエンジニアとして働く上で、法的に必須の資格というのはなく、未資格でシステムエンジニアになることももちろん可能です。

資格はあくまで「対外的な評価を高める」、「知識やスキルをアップさせる」ために取得するものです。

したがって、必ずしも取得しなければならないわけではありませんが、やはり自主的に資格の勉強をして合格までした人というのは、ITに対して高い熱意や関心のある人物として見られますので、面接でも好感されやすいでしょう。

取得しておくとよい資格① ITパスポート試験

「ITパスポート試験」は、ITの基礎的な技術知識やITを活用したビジネス知識など、ITというものの初歩を幅広い視点から学べる国家試験となります。

現在はさまざまな企業でITスキルが求められる時代となりましたので、業界問わずこの試験を受験する人は増えてきています。

もちろんIT業界へ就職する上でも、ITに関心がある人物と見られますので、面接で好感されやすくなるでしょう。

難易度:★★☆☆☆

取得しておくとよい資格② 基本情報処理技術者試験

「基本情報処理技術者試験」は、ITパスポート試験の上位版となる国家試験です。

ITパスポート試験同様に、コンピュータの仕組みから始まり、ソフトウェア・セキュリティ・ネットワークなど幅広いIT分野の問題が出題されます。

かつ午後試験はプログラミングを題材にしているため、プログラミングの基礎も学べます。

この資格はIT業界の登竜門的な資格ともなっており、システムエンジニアとして就職すると入社後に取得が強制される会社もあります。

IT業界未経験者ですとそれなりに難易度は高くなりますが、努力すれば合格は可能な範囲であり、学生のうちに取得しておくとITパスポート試験以上に好感されるでしょう。

難易度:★★★☆☆

取得しておくとよい資格③ 応用情報技術者試験

「応用情報技術者試験」は、基本情報処理技術者試験の上位版となる国家試験です。

こちらもITに関する知識が幅広く問われ、さらに「ソフトウェア開発」や「プロジェクトマネジメント」関連の知識も深く問われてきます。

現役のシステムエンジニアもしくは同等の知識がある人を前提としており、IT業界未経験者ですと、簡単には合格できない高難易度となります。

ただし、基本情報処理技術者試験のようにプログラミングや数的な問題はあまり出題されないため、文系学生などですとあえてこちらの試験を受ける人もいるようです。

難易度:★★★★☆

取得しておくとよい資格④ システムアーキテクト試験

「システムアーキテクト試験」は、上流工程を担当する上級システムエンジニア向けの国家試験です。

単にITの技術的な知識だけでなく、各種専門的な業務分析や業務知識も求められ、またそれらを駆使して、最適な要件定義や設計が行えるスキルが問われます。

極めて高難易度な試験であり、ベテランのシステムエンジニアでも合格できるのはごく一部です。

システムエンジニアとして経験を積んだ後に、キャリアアップの一環で取得する資格となります。

難易度:★★★★★

システムエンジニアを目指す人におすすめの資格はある?

システムエンジニアになるための学校の種類

学校の種類と学費

システムエンジニアになるために通う学校の種類としては、大きく以下3タイプに分けられます。

・大学
・専門学校
・スクール

学費については、「国立大学」であれば4年間で約250万円、「私立大学」であれば4年間で約400万円~550万円、「専門学校」であれば2年間で約220万円が目安となってきます。

「スクール」の学費はまちまちであり、学費無料のスクールもあれば、総計数十万円ほどの学費が発生するスクールもあります。

有利な学部・学科

システムエンジニアになる上では、「情報系」や「IT系」の学部・学科が有利になりやすいです。

学校によって名前が異なりますが、主に次のような名称の学部・学科で学ぶと、システムエンジニアに通じる知識やスキルが学びやすく、就職でも有利になり易いでしょう。

<有利になりやすい学部・学科>
・理工学部
情報工学
情報学
・IT学部
・情報科学科
・情報処理科
・情報処理コース
・情報工学コース
・システムエンジニアコース
ITエンジニアコース
など

大学は理系、文系どちらがよいか

システムエンジニアは、理系か文系かでいえば、理系よりです。

ただし勘違いしやすい所ですが、システムエンジニアというのは数学・工学・物理化学などの理系で学ぶような専門知識が必須となる職業ではありません。

ではなぜ理系よりなのかといえば、「論理的思考」などが求められる職業であり、考え方の部分が理系よりであるためです。

また、システムエンジニアはチームプレイが基本となりますので、理系学生が行う研究活動やゼミなどはシステムエンジニアの仕事に通じる部分もあります。

とはいえ、文系出身でシステムエンジニアとして活躍している人もたくさんおり、理系でないと絶対にやっていけない職業というわけでもありません。

「できれば理系がよい」程度に考えておくのがよいでしょう。

必要な学歴は?

「NTTデータ」「日本ユニシス」「日本IBM」などの名高い大手IT企業の場合、4年制大学以上の学歴を持つ学生を新卒採用の対象としているケースが多いです。

そのような企業であれば、高卒や専門学校卒では不利になり、最悪の場合は選考にエントリーすらできないこともあります。

したがって、将来的に大手IT企業への就職も視野に入れている方は、4年制大学でITについて学ぶのが賢明です。

対してベンチャーや中小のIT企業であれば、さほど学歴は重視していない傾向ですので、高卒や専門学校卒でも問題なく就職活動が進められるでしょう。

システムエンジニアになるための学校と学費(大学学部、専門学校)

システムエンジニアに向いている人

システムエンジニアに向いている人の特徴としては、主に次のようなものが挙げられます。

・勉強意欲、成長意欲がある
・コミュニケーション力がある
・論理的思考ができる
・几帳面で丁寧な作業ができる
・健康管理やストレス管理ができる
など

とくに重要になってくるのは、勉強意欲や成長意欲です。

システムエンジニアは専門的な知識を用いますので、覚えるべきこと膨大にあり、積極的に学んでいく姿勢や自分を高めていく姿勢が常々求められます。

「ITやコンピュータに精通したい」「システムを使って社会貢献したい」など、理由は何であっても構いませんが、成長意欲の原動力となる動機がある人がやはりシステムエンジニアとして成長しやすいでしょう。

システムエンジニアに向いている人・適性

システムエンジニアのキャリアプラン・キャリアパス

一人前になるまでのキャリアパス

システムエンジニアが一人前になるまでには、少なくとも1~3年の年月が掛かります。

入社から1~3年の間は教育期間・勉強期間となり、現場には出ることはできますが、先輩社員のOJTを受けながら働くのが基本です。

その間にシステムエンジニアとしてのスキルやシステム開発の進め方などを覚えていき、そうして1~3年が過ぎるとようやく新人扱いが終わり、一人前として見られてきます。

とくに大手IT企業の場合は教育期間が長い傾向があり、中には入社5年程度までは教育期間として考えている企業もあります。

一人前になったあとに必要な努力

一人前となった後は、先輩社員の助けなく一人単独で社外のプロジェクトに常住したり、小さなチームのリーダーポジションを任されたりすることも増えてきます。

どんどんと責任ある仕事を任されたりもしますので、一人前になった後も日々スキルアップの努力が必要となります。

具体的に、たとえば次のような努力が必要となってきます。

・システムエンジニアとしてのIT知識を深める、最新のものにアップデートする
・システム開発の工程管理や工数見積もりなどのスキルを学ぶ
・チームマネジメントやリーダシップを身に付ける
・プロジェクトマネジメントのスキルを身に付ける
・部署のコスト管理や後輩の指導など、自社業務の経験も積む
・「応用情報技術者試験」や「システムアーキテクト試験」などの上級資格に挑戦し、市場価値を高める
など

時には、業務時間外に自主的に勉強したり、講習などに参加する必要もでてくるでしょう。

システムエンジニアとして成長するには、そのような影での努力も重要になってきます。

その先のキャリアプラン

システムエンジニアには多彩なキャリアルートが用意されており、将来的には当初と全く異なった仕事をしている可能性もあります。

たとえば、システムエンジニアが描けるキャリアプランとしては次のようなものが挙げられます。

<システムエンジニアのキャリアプラン>
・技術を突き詰め、スペシャリストなエンジニアとして引き続き現場で活躍する
・「プログラマー」「ネットワークエンジニア」など、別のITエンジニア職にキャリアチェンジする
・「IT営業」「ITコンサルタント」「経営コンサルタント」「データサイエンティスト
など、システムエンジニアの経験が活かせる類似職種にキャリアチェンジする
・「プロジェクトリーダー」や「プロジェクトマネジャー」といったマネジメント職にキャリアアップする
・課長や部長といった自社の管理職に移行する
・独立し、フリーランスのシステムエンジニアとして活躍する
など

IT社会となった現在、システムエンジニアとして培った経験やスキルはさまざまな場所で生かすことができます。

経験豊富で多彩な知識をもつシステムエンジニアになれれば、それこそ選べるキャリアの選択肢も増えてくるでしょう。

未経験でシステムエンジニアを目指せる年齢は?

IT業界は慢性的な人手不足を抱えており、なかなか人材の集まりにくいベンチャーや中小のIT企業の中には、「未経験OK」「年齢問わず」でシステムエンジニアを募集している企業も見られます。

そのような求人が存在する以上、年齢問わず何歳からでもチャレンジ可能ともいえます。

ただし現実的には、未経験で目指す人の多くは20代であり、30代でも遅い部類に入ります。

企業側としても、同じ未経験者であれば若い人を優先する傾向にあるため、30代以降でシステムエンジニアを目指す場合は、相応の覚悟と準備が必要になってきます。

とくに30代以上でかつIT関連の経験が全くない人であれば、就職活動で苦戦する可能性は高まりますので、自主的に資格を取得するなど何かしらのアドバンテージを用意する必要が出てくるでしょう。

システムエンジニアは高卒から目指せる?

ベンチャーや中小のIT企業の中には、学歴問わずシステムエンジニアを募集している会社もあります。

そのような企業であれば学歴関係なく応募可能でありますので、高卒や中卒の人であっても問題なくシステムエンジニアに挑戦可能です。

また高卒の人の場合は、まずは「プログラマー」や「オペレーター」などさらに学歴の敷居の低い職種からIT業界に入りこみ、経験を積んだのちにシステムエンジニアにステップアップするというのも一つのルートといえるでしょう。

参考:経済産業省 IT関連産業の給与等に関する 実態調査結果

システムエンジニアは女性でもなれる?

システムエンジニアの業務は特に力仕事なども発生しませんので、男女平等に活躍することができます。

もちろん女性でもなることは可能であり、実際に現場で活躍している女性システムエンジニアもたくさんいます。

昨今はIT業界の人手不足解消に向け、女性人材にもより一層の注目が集まってきており、システムエンジニアを目指す女性にとっては追い風が吹いてきている状況です。

ただし、IT業界全体としては男性のシステムエンジニアが割合として多く、女性はまだまだ少数派です。

また、IT業界は長時間残業や休日出勤などがやはり多めの業界であり、育児中の女性やシングルマザーの女性などにとっては、家庭や子育てとの両立が難しくなることもあります。

近年は見直されつつもありますが、その点は頭に入れて置くべきでしょう。

女性のシステムエンジニアのキャリアパス・結婚後の生活