システムエンジニアへの転職・未経験採用はある?

システムエンジニアへの転職状況は?

他業界からの転職の状況

システムエンジニアは慢性的な人手不足を抱えている職業でもありますので、意欲や適性のある人材は、異業界出身の未経験者であっても積極的に採用している傾向です。

人材不足が顕著な「中小IT企業」や「ベンチャーIT企業」は、未経験者の採用にとくに積極的であり、全くの経験ゼロであっても、それを補うだけの意欲や熱意がある人であれば採用されることが多いです。

年齢的な傾向としては、20代前半~20代後半の若いうちに転職をする人が割合としては多いですが、中には30代40代になってから未経験でシステムエンジニアに転身してくる人もいます。

未経験転職者の出身業界

何かしらITやコンピュータに関連する仕事をしてきた人がシステムエンジニアに転職するイメージもありますが、未経験で転職してくる人の出身業界は実際のところバラバラで、バラエティに富んでいます。

接客業出身の人、事務職出身の人、ドライバー職出身の人など、まったく別の業界や職業からシステムエンジニアを目指す方も多く、出身業界や業種に一貫性はありません。

中には、これまでの仕事でパソコンをほとんど使わなかったような人が、システムエンジニアに転職してくるケースもあります。

システムエンジニアへの転職の志望動機で多いものは?

未経験でシステムエンジニアを目指す人の志望動機はさまざまではありますが、一般的に多いものとしては次のような動機が挙げられます。

<転職者の志望動機として多いもの>
・社会に出たのちに、ITやコンピュータ、パソコンなどに関心をもったため
・手に職となるスキルを身に付けたい
・将来性のある業界、将来性のある職種で働きたい
・給料アップを図りたい
・これまでに培ったコミュニケーション力やマネジメント力を活かせる仕事を探していた
・業界の雰囲気や仕事の進め方などに惹かれた
など

単純にシステムエンジニアの仕事内容に惹かれて転職する人もいます。

その一方で「手に職となるスキルを身に付けたい」「将来性のある業界で働きたい」など、今勤めている職業の将来性が不安であり、将来性の期待できるシステムエンジニアに転身しようと試みる人も転職者の中には多いです。

システムエンジニアの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人からシステムエンジニアになるには

未経験からシステムエンジニアになるルート

既卒で未経験の人がシステムエンジニアになるには、「未経験歓迎」「経歴・職歴不問」などが掲げられた、制限の緩いシステムエンジニア求人に応募する方法が一般的です。

また、学校卒業間もない人であれば「第2新卒」として採用される方法もあります。

なお、どうしてもシステムエンジニアへの就職が上手くいかない場合は、一度「プログラマー」などさらに採用基準の緩い職種からIT業界に入り、のちのち社内のシステムエンジニア職にステップアップするというルートもあります。

学校への入学は必須ではない

システムエンジニアを目指すため、既卒の社会人が大学や専門学校に再度入り直すケースもみられますが、必ずしも学校で専門知識を学ばなければシステムエンジニアになれないという訳ではありません。

とくに既に大学卒以上の学歴を持つ人であれば、学歴・学位としてのメリットも薄れてくるため、再度大学や専門学校に入り直す際には、費用対効果などを十分に考えて決める必要があるでしょう。

システムエンジニアへの転職に必要な資格・有利な資格

「資格」は必要か?

未経験からシステムエンジニアを目指す上でも「資格」は必須でありません。

全く何の資格を持たずとも、システムエンジニアとして採用される人もおり、資格の有無が採用の決定打とはなりません。

とはいっても、資格は一定の意欲があることの証となりますので、面接では好感されやすくなります。

また資格の勉強を通して得た知識は入社後の現場でも役立ってくれますので、決して無駄にはなりません。

とくに全くの未経験で、誇れる職歴やスキルなどもない人であれば、ライバルとの差を埋めるために資格は有効でしょう。

未経験者におすすめの資格

IT業界未経験の人であれば、次の2つの資格がおすすめです。

・ITパスポート試験
・基本情報技術者試験

どちらもIT業界への登竜門的な国家資格であり、ITやコンピュータというものについて幅広く学ぶことができます。

「ITパスポート試験」よりも「基本情報技術者試験」の方が総じて難易度は高まり、プログラミング関連の問題も出題されます。

その分、基本情報技術者試験の方が資格としての評価も高いですので、自信や意欲のある人であれば敢えてITパスポート試験は飛ばし、基本情報技術者試験の方を受験してみるのもよいでしょう。

システムエンジニアを目指す人におすすめの資格はある?

システムエンジニアへの転職に役立つ職務経験は?

次のような職務経歴は、面接でも好感されやすく、入社後の実務にも役立てやすいです。

<役立つ職務経験>
・基礎的なパソコンの操作スキル
・Word、Excel、PowerPointなど各種オフィスソフトのスキル
・顧客との交渉や折衝の経験
・チームプレイで業務を進める経験
・リーダー経験やマネジメント経験
など

とくにリーダーを任せられるエンジニアが昨今は減ってきていますので、異業種であっても、リーダー経験やマネジメント経験がある人は歓迎されやすいでしょう。

システムエンジニアへの転職面接で気をつけるべきことは?

システムエンジニアというと、「おしゃれなオフィスでラフな格好で働いている」「髪型や服装、言葉遣いなどはさほど厳しくない」といったイメージを持つ人も多いようです。

しかし、実際はスーツ姿の正装で働く職場が多く、お客さまと対面する機会も多いためビジネスマナーも必須となります。

面接では、服装やマナーに問題がないかもチェックされていますので、「システムエンジニアだからちょっとくらいカジュアルでも大丈夫だろう」と変に甘く見ずに、一般的な企業の面接と同じ心構えで出向くことをおすすめします。

システムエンジニアに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

未経験でシステムエンジニアに転職する人の年齢は、20代前半~20代後半が中心であり、30代以降になると年齢的に不利になりやすいです。

とはいえシステムエンジニアは慢性的な人材不足を抱えており、なかなか人材の集まらないIT企業であれば、経験・年齢問わず採用を行っているケースも多いです。

実際に30代以降で異業種から転職してくる人もいますので、より好みをしなれば年齢問わずチャレンジ可能な職業ともいえます。

もう一点、システムエンジニアは長時間残業や休日出勤が続く職場もあり、肉体的・精神的にハードな側面もあります。

ミドル世代、シニア世代になると体力的につらくなることも増えてきますので、自分の身体とも相談しながら転職を考える必要もあります。

未経験からシステムエンジニアの転職での志望動機

未経験者の場合は、「なぜ敢えてシステムエンジニアを目指すのか」「他職ではなくなぜシステムエンジニアでないといけないのか」の部分を採用担当側は知りたがっています。

システムエンジニアは、日々勉強が必要な職業であり、長時間残業なども発生しますので、決して楽な仕事ではありません。

なんとなくシステムエンジニアに転職した人の中には、多忙な日々に耐えられず、辞めていってしまう人も一定数います。

したがって、なんとなくではなく、システムエンジニアを目指す確たる理由があることをアピールできれば好感されやすくなります。

加えて既卒者の場合は、これまでの社会人経験や仕事経験を交えた上で、なぜシステムエンジニアを目指すに至ったかを説くことができれば、より説得力も増し評価も高まるでしょう。