このサイトはWebディレクターを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「Webディレクター」

仕事内容
Webディレクターは、Webサイトの制作現場において、監督役として全体の指揮をとる仕事です。デザイナー・プログラマー・コーダー・ライターなどの制作スタッフをとりまとめ、指示やスケジュール管理を行いながら、クライアントのニーズに合ったWebサイトを作り上げます。Web制作の工程全体に関わっていくため、Web構築や運用・管理などに関する幅広い知識が求められると同時に、社内外の多くの人たちをまとめるリーダーシップも必要とされます。
なるには
Webディレクターは、おもにWeb制作会社やコンテンツ制作会社、デザイン事務所などで働いています。学校を出て、これらの企業への就職を目指すことが一番の近道ですが、最初はアシスタントとして現場に入り、経験を積むことでディレクターになるケースが多くなっています。学歴はさほど問われておらず、IT系の専門学校で早くからWeb制作のスキルを学ぶ人もいれば、一般的な大学を出ている人もいます。就職後も多様なスキルを身につける必要があるため、一人前のWebディレクターになるのは最低3年はかかるといわれています。
給料
Web業界のなかでも、全体を取りまとめる役割を担うWebディレクターは、デザイナーやコーダーなどに比べると給与水準が高めとなっているようです。ただし、実力が給料に反映される会社も多く、若手のうちは年収300万円程度で、経験を積んで大きな案件を担当したり、実績を残せたりするようになると、少しずつ給料は上がっていきます。この仕事はスキルや人脈があれば独立することも可能であり、事業が軌道にのれば会社勤め以上の収入を得ることができます。
将来性
インターネットの普及、Webコンテンツの増加とともに、Webディレクターの需要は高まっています。同時にWeb業界で働きたいと考える若者も急増しているようですが、本当に実力あるWebディレクターはまだまだ不足しているといわれます。Web業界は変化が速く、常に最新の技術やニーズを追い続けなくてはいけません。人材不足とはいえ、未経験採用の求人が少ないことからも、とにかく現場に入ってスキルを磨き、時代のニーズに対応できる人材を目指していくことが、この仕事で成功し、長く活躍するためのポイントとなるでしょう。