携帯電話会社社員のつらいこと・大変なこと・苦労

携帯電話会社社員のつらいこと・大変なこと

出張・転勤が多い

携帯電話会社は、全国に事業所や店舗、研究施設を持っています。

そのため、必要に応じて、従業員は全国のさまざまな場所に配置されます。

短期から中長期まで出張も多く、ときには海外に行くこともあります。

家族全員での引っ越しが難しい場合は単身赴任となることもあり、落ち着かないと感じる人もいるようです。

場合によっては断ることも可能ですが、積極的にチャレンジすることを奨励する業界特性もあり、周囲の成長や評価が上がる様子を眺めるだけになってストレスを感じることもあります。

繁忙期やトラブル時は忙しい

携帯電話がつながらない事態になれば、多くの人に迷惑がかかってしまうことはいうまでもありません。

そのため、携帯電話会社の社員の多くは、休日でも緊急連絡用の携帯を持ち歩いています。

もし何かあれば、すぐに現場にかけつけて対応したり、必要な部署に報告や連絡をとったりします。

災害時などはもちろん、年末年始など多くの人が携帯電話を利用するタイミングも気が抜けません。

また、営業部署や店舗では、繁忙期や決算前になると仕事量も多くなり、残業が長時間になることもあります。

自身の評価や、競合とのシェア争いにも影響があるため、強いプレッシャーを感じる人もいるようです。

携帯電話会社社員の悩み

携帯電話について何でも相談される

携帯電話会社の社員でも、携帯電話のことを何でも知っているわけではありません。

友人や家族、親戚から壊れた携帯電話を持ち込まれて「直してほしい」と言われたり、使い方について聞かれたりすることがあっても、それらはメーカーの領分ですのでよくわからないことも多いです。

また、携帯電話の料金プランに関して相談されたり愚痴を言われたりしても、すぐには何ともしようがありません。

多くの人にとって携帯電話会社の社員はみんな「ショップ店員」のイメージなので、別の部署や職種の人には悩ましいところです。

携帯電話会社社員を辞める理由で多いものは?

他にやりたいことができた

携帯電話会社は、携帯電話を扱うだけでなく、さまざまな分野のビジネスにも参画しています。

その中でできた人脈から、他業界に引き抜かれたり、新しい分野に興味を抱いて転職したりする人も多いです。

将来的に会社で取り組もうとしている事業だとしても、スピード感を求めてすぐに挑戦できる環境に飛び出す場合もあり、事情はさまざまです。

仕事や人間関係が合わなかった

携帯電話会社の多くがジョブローテーションを取り入れている場合が多いです。

しかし、その中で、部署の仕事や人間関係が合わず、耐えきれなくて辞めていく人もいます。

組織が大きい分、個人のケアや人事異動に融通が利かないといった意見もあります。

優秀な人は成果を出してやりたい仕事をしたり昇進したりできますが、そうでない場合は個人の意向より会社都合で異動先が決められることもあるようです。