「通信会社社員」とは

通信会社社員_画像

インフラのひとつである通信サービスを提供し世の中の安定的な通信環境を整える。

通信会社は、電力やガス、水道、道路、鉄道などと同様、人々が快適な日常生活を送ったり、円滑にビジネスを進めたりするうえで不可欠な「通信」サービスを提供する会社です。

固定電話の電話回線をはじめ、企業が業務用データを送受信するための専用線、インターネットの背後にある光ファイバーや海底ケーブルを経由した大規模な通信網、また携帯電話やスマートフォンで利用する無線による通信回線などを構築し、人々が安定的に通信できる環境を整えます。

通信会社の採用活動は大きく分けて「新卒採用」と「キャリア採用」の2種類があり、新卒では基本的に大卒者を対象とし、総合職として幅広い仕事に携わる可能性があります。

平均年収は、500万円~600万円程度がボリュームゾーンとされますが、大手キャリアでは平均年収800万円以上になるともいわれます。

日進月歩のITと同じく通信業界もまた日々激しい変化を続けており、社会を支えるインフラを提供する企業として、今後ますますその役割は大きくなっていくものと考えられます。

「通信会社社員」の仕事紹介

通信会社社員の仕事内容

社会を支える通信インフラを提供する

通信会社は、電力やガス、水道、交通などと同じように、人々が快適な日常生活を送ったり、円滑にビジネスを進めるために不可欠なインフラの一つである、通信サービスを提供する会社です。

通信会社の事業は多岐にわたりますが、電話回線やインターネット回線、無線通信回線などを構築し、私たちが安定的に通信できる環境を整えることが最も大事な業務です。

また、法人・個人に対するソリューション営業も積極的に行っており、通信会社の強みである情報技術を駆使して、顧客が抱える課題を解決するための多様なサービスを提案しています。

さらに、総務や人事、経理、財務、マーケティングなど、他業界の一般企業と同じ仕事を手掛ける社員も多数働いています。

通信会社社員の就職先・活躍の場

就職先は大きく2種に分けられる

通信会社は、自社で通信設備を保有する会社と、通信回線や設備を借り受けて通信サービスを提供する会社の2種類に大別することができます。

前者は「キャリア」と呼ばれることもあり、固定回線分野では電話回線や光ファイバー回線を用いた通信サービスを、モバイル通信分野ではスマートフォンなどに関するサービスを提供しています。

後者は、インターネットへの接続サービスを提供する「ISP(インターネット・サービス・プロバイダー)」と呼ばれる会社が代表的です。

通信会社社員の1日

多くの部署と協力しながら働く

通信会社の事業領域は幅広く、そこで働く社員のスケジュールも業務内容によってさまざまですが、一例としてソリューション営業を行う部署で働く社員の1日をご紹介します。

複数の部署と協力して、カスタマイズしたサービスを顧客に提案します。

9:00 出社
メールチェック、スケジュール確認などを行います。

9:30 顧客訪問
担当する企業をまわり、ニーズを聞き出します。

12:00 休憩

13:00 システム開発部門会議
顧客の抱える課題を解決するための、技術的な打ち合わせを実施します。

16:00 デスクワーク
打ち合わせ結果に基づき、プレゼン資料を作成します。

18:00 帰社

通信会社社員になるには

職種別の採用試験を受ける

通信会社社員として働くには、各社が実施する社員採用試験を受ける必要があります。

新卒採用においては、営業、企画、マーケティングなどを行う「総合職事務系」と、システム開発、技術開発などを行う「総合職技術系」に分けて募集されることが一般的です。

総合職は、本人の希望や適性などを踏まえて、入社後に各部門への配属が決定されるため、さまざまな業務を担う可能性があり、数年単位での部署異動を繰り返しながらキャリアを積みます。

通信会社社員の学校・学費

大手を目指すなら高学歴が必要

通信会社に入社するためには、大手では大卒以上の学歴が求められるケースが一般的ですが、なかには高等専門学校や専門学校卒の人まで対象としている企業もあります。

職種別にみれば、事務系は文系・理系問わず広く募集される一方、技術系については理系学生が採用の中心となり、学部・学科まで指定されていることもありますので、募集条件の確認が必要です。

大手通信会社は非常に人気の高い就職先であり、有名難関大学の学生が多数集まりますので、競争はかなり熾烈といえます。

通信会社社員の資格・試験の難易度

新卒採用に資格は必要ない

通信会社の採用試験を受けるために、何らかの資格を保有していることが条件となるケースはほとんどありません。

業務内容はそれぞれの部署で大きく異なるため、必要な知識やスキルは、配属後に研修などを受けて、あるいは現場での実務を通して身につけることが一般的です。

技術系職種については、業務を行うために「第一級陸上無線技術士」や「電気通信主任技術者」といった国家資格が必要になる可能性もあり、働きながら資格取得を目指して勉強することになります。

通信会社社員の給料・年収

大手ほど高給を得やすい

通信会社社員の平均年収は、500万円~600万円程度がボリュームゾーンとされています。

ただし、会社の規模による差がかなり大きく、平均年収400万円台の企業がある一方、最大手のキャリアでは平均年収は800万円前後となっており、管理職のなかには1000万円を超えている人もいます。

また、年齢や勤続年数などよりも実力を重視する通信会社も珍しくなく、営業職の場合、個人やチームの成績に応じたインセンティブ(成果報酬)がつく職場もあります。

通信会社社員のやりがい、楽しさ

通信会社は社会にとって不可欠な存在

現代は、情報が他の諸資源と同等の価値をもつ「情報化社会」と呼ばれるようになって久しく、日常生活においてもビジネスの場においても、通信インフラは文字通りの生命線といえます。

新しい通信サービスが世間からの脚光を浴びるシーンも多く、通信会社社員は社会全体をけん引しているという実感を得ながら働くことができます。

通信業界の流れは速く、時代に乗り遅れないようにするだけでも大変ですが、それに見合った大きなやりがいが得られるでしょう。

通信会社社員のつらいこと、大変なこと

ノルマを意識しなければならない

通信会社各社は、自社のシェアを1%でも拡大しようと、日々しのぎを削っています。

とくに営業職には、毎月の契約獲得件数や契約金額などにノルマが課せられていることも多く、個人単位や部署単位で成果を出し続けることが求められます。

ノルマ自体は、仕事のモチベーションやチームの連帯感につながることもあり、またインセンティブという形で給与にも反映されるため、決して悪い面ばかりではありません。

しかし、プレッシャーにつながりやすいことも事実で、うまく成果が出ない時期は精神的につらくなることもあります。

通信会社社員に向いている人・適性

世の中のトレンドに敏感な人

通信業界では、次から次へと新しい技術やサービスが生み出されていくため、通信会社社員にも、その動きに対応していくスピードが求められます。

通信会社社員には、短いサイクルで移り変わっていく消費者のニーズを的確に捉えられる、世の中の動きに敏感な人が向いているでしょう。

最新型のスマートフォンやタブレットなどが発売されるたびに買い替えたり、新しいSNSサービスなどに目がない人は、通信会社社員の適性があるといえるかもしれません。

通信会社社員志望動機・目指すきっかけ

マニュアル通りの志望動機では弱い

通信会社を志望するのは、電力会社やガス会社といったインフラ企業と同じく、社会を支える公共性の高い仕事に就きたいという人が多いようです。

また、新しいIT技術やサービス、デバイスなどに興味があり、そこから通信会社の事業に興味を持つ人もいます。

ただ、大手通信会社には非常に多くの志望者が集まるため、型通りの志望動機では面接官に十分な印象を与えることは困難です。

志望動機に個人の経験を絡めるなど、一般論に留まらないようにする工夫が必要です。

通信会社社員の雇用形態・働き方

大手は契約社員でも働きやすい

通信会社では、契約社員やパート・アルバイトとして働いている人も多数おり、コールセンターやカスタマーサポート部門など、大半のスタッフが非正規である部署もあります。

契約社員という雇用形態が不安定であることは否めませんが、過去に正社員との待遇格差が社会問題となったこともあるため、近年では契約社員の雇用条件は改善傾向にあります。

大手では、5年以上勤めた契約社員については、雇用期間を無期化する取り組みも実施しており、通信会社各社は、契約社員であっても安定的に働ける環境づくりに注力しています。

通信会社社員の勤務時間・休日・生活

部署によって勤務事情は異なる

通信会社社員の勤務時間は1日7時間30分から8時間ほどに定められていますが、始業時間や終業時間は部署によって差があり、フレックスタイム制が導入されているところも多くあります。

休日については週休2日制となっていますが、本社などでオフィスワークをする場合はカレンダー通り土日が休みとなる一方、顧客対応などを行う部署では平日が休みとなるときもあります。

また、通信回線の保守管理などを行うメンテナンス部門で働く場合は、24時間交代のシフト勤務となり、日によって早朝勤務や夜勤をこなすことになります。

通信会社社員の求人・就職状況・需要

大手の求人数はかなり多い

多くの通信会社は定期的な新卒採用を実施しており、最大手企業では数百名単位の大量採用を行うことも珍しくありません。

ただ、通信サービスは流行り廃りが激しいため、自社で通信設備を保有する大企業を除けば、求人数は時代によって上下しやすい傾向にあります。

なお、大手では、手掛ける事業ごとに企業を分けているケースもあり、目指す職種によっては本社ではなくグループ企業での採用となる可能性もあります。

どの採用試験を受ければよいかは、事前に確認したほうがよいでしょう。

通信会社社員の転職状況・未経験採用

職種に応じた社会人経験が必要

通信会社各社は、転職者を対象とした「キャリア採用」も随時実施しています。

基本的に社会人経験がある人を対象としているため、新卒採用時とは異なって、専門的なスキルや資格などが必要になります。

通信業界については未経験でも構いませんが、募集職種に応じた3年程度の実務経験が求められることが多いようです。

募集は不定期ですが、営業、マーケティング、システムエンジニアなど、人材が不足しやすい職種については、比較的簡単に求人情報を見つけられるでしょう。

通信会社社員の現状と将来性・今後の見通し

競争は徐々に激しくなっていく

最先端のテクノロジーを駆使して提供される通信サービスは、IT分野と切っても切り離せない関係にあり、日進月歩のIT業界と同じく、通信業界もまた日々激しい変化を続けています。

ただ、近年はスマートフォンの普及がひと段落したこともあって、市場の成長速度は鈍化しつつあります。

あらゆるモノをインターネットに接続する「IoT」を筆頭に、まだまだ新しいニーズはあると思われますが、他業界からの新規参入業者も相次いでおり、競争環境は徐々に厳しさを増していくでしょう。