このサイトは通信会社社員を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「通信会社社員」

仕事内容
通信会社は、電力やガス、水道、道路、鉄道などと同様、人々が快適な日常生活を送ったり、円滑にビジネスを進めたりするうえで不可欠な「通信」サービスを提供する会社です。固定電話の電話回線をはじめ、企業が業務用データを送受信するための専用線、インターネットの背後にある光ファイバーや海底ケーブルを経由した大規模な通信網、また携帯電話やスマートフォンで利用する無線による通信回線などを構築し、人々が安定的に通信できる環境を整えます。
なるには
通信会社社員として働くには、各社が実施する社員採用試験を受ける必要があります。採用試験は、大きく分けると「新卒採用」と「キャリア採用」の2種類があり、新卒の多くは「総合職」として採用され、営業、企画、マーケティングなどを行う事務系と、システム開発、技術開発などを行う技術系に分かれ、本人の希望や適性などを踏まえて入社後に各部門へ配属される流れが一般的です。学歴は、大卒以上が条件になるケースが多いですが、学部・学科は基本的に問われません。
給料
通信会社の平均年収は、500万円~600万円程度がボリュームゾーンとされています。ただし、会社の規模などよっても年収にはだいぶ差が出ており、平均年収400万円台の通信会社がある一方、最大手のキャリアでは平均年収800万以上になるともいわれています。また、営業職の場合は個人やチームの売り上げに応じて特別ボーナスのようなインセンティブがつく職場もあります。実力主義の会社では、成果を出していれば年齢や入社年次に関わらず、どんどん役職が上がり、給料にも反映されるようです。
将来性
最先端のテクノロジーを駆使して提供される通信サービスは「IT」の分野と切っても切り離せない関係にあり、日進月歩のITと同じく、通信業界もまた日々激しい変化を続けています。現状はまだ勢いがあるといえる業界ですが、近年、急速に普及してきたスマートフォンの普及が落ち着くことで、各社の置かれる状況や競争はさらに激しさを増していくものと考えられます。しかし「IoT」といわれるように、あらゆるモノに通信機能を持たせる時代が到来しつつあり、通信サービスの需要はまだ伸びていくとともに技術革新も続くものと考えられます。