CGデザイナーの勤務時間・休日・仕事は激務?

CGデザイナーの勤務時間はフレックスが多い

CGデザイナーは、デザイン制作会社や映像制作会社などの場合、フレックス制や裁量労働制になっていることが多いです。

CGのデザインや、CGのモーションの制作などの作業は、中断すると非効率になるため、デザイナーが区切りのよいところまで作業できるように配慮されています。

納期と月内の稼働時間さえ守られていれば、出勤や退勤が自由という会社も多いです。

一般的に映像制作やゲーム制作を行っている会社では、CGデザイナー1人あたりの作業量が多くなりがちで、遅くまで仕事をしているケースも多いです。

納期前や繁忙期には、作業が遅くまで続き、終電を逃してしまう人も少なくありません。

CGデザイナーの勤務時間

法改正などの影響で、CGデザイナーの勤務時間は短くなってきていますが、それでもまだまだ平均の労働時間は一般的な会社員よりも長いです。

会社にもよりますが、終電前までの残業が連日続くことも少なくありません。

ゲームやパチンコのCGを作成する会社や、アニメ制作会社では、毎日誰かが遅くまで作業しており、事業所が「不夜城」になるケースも見られます。

その分、余裕のある時は時短勤務や休暇の取得を可能にして、一定の期間内で労働時間を調整している会社もあります。

業界として、朝は始業は遅めで、退勤はそれぞれのタイミングになることが多いのも特徴で、土日祝日は関係ないという会社も多いです。

CGデザイナーの休日

CGデザインを主にしている会社では、一般的な会社のように社員が一斉に長期休暇を取ることはあまりありません。

各自が予定を調整して、手持ちの案件に余裕が生まれるタイミングを作り、順番に休暇を取得します。

デザインの現場は24時間365日動いていると言ってもよく、土日祝日の出勤や深夜残業、徹夜作業も少なくない業界です。

その中でも、デザイナーへの負担を軽くするために育児休暇や時短勤務などを充実させるよう力を入れている会社も増えています。

ただし、制度を使えるかどうかは会社の雰囲気や個人の要領、スキルに依存することが多く、休日が確保されているとは言えない状況です。

CGデザイナーの残業時間

CGデザイナーは残業も多いです。

特に多くの業務を1人で担当する会社では残業が多くなります。

CGデザイナーは残業は当然と考えられており、終電近くでも多くの人が職場に残っています。

日中は周囲とのコミュニケーションが必要な業務を行い、残業時間はパソコン作業を1人で黙々と行う人が多いです。

残業が多いために、納品時に達成感や制作物への愛着、同僚との絆を強く感じられるという人もいます。

CGデザイナーは忙しい? 激務?

CGデザイナーの忙しさは会社によって異なりますが、全体としては激務になりがちです。

特に3DCGやアニメーションなどで映像制作を行うデザイナーは、人手不足から多くの仕事を1人で担当せざるを得ないことが多く忙しい人が多いです。

残業や休日出勤なども多いため、なかなか心身を休められず、健康を崩す人も少なくありません。

長く活躍するためには、うまく予定を調整し、休みを作る要領の良さも大切です。

CGデザイナーの休日の過ごし方

CGデザイナーは激務になることが多い職種ですが、自宅に帰ってまで仕事の連絡がくることはほとんどありません。

そのため、帰宅後や休日は気兼ねなくプライベートを満喫できます。

業界の特性上、休みが取れない時期と取りやすい時期がハッキリしているため、数日の休暇を作って旅行などに出かける人も多いです。

一方、日々の激務から普段の休日はリフレッシュに時間を割く人も少なくありません。

CGデザイナーの1日のスケジュール・生活スタイル