Webディレクターの1日・生活スタイル

Webディレクターの業務スケジュール

Webディレクターの業務は、案件の進捗段階で大きく変わります。

企画・提案の段階では、クライアントやWebプロデューサーとの打ち合わせが業務の中心となり、提案書やイメージ案の作成などが多くなります。

受注が決まり、本格的に制作が始まると、各作業における進捗管理や外部の制作会社への発注作業、クライアントやWebプロデューサーへの報告などが主になります。

スケジュールに決まりはありませんが、制作を管理する立場であるため、制作スタッフが残って作業をしている場合は遅くまで一緒に残ることも少なくありません。

Web業界は一般的に始業時間が遅い傾向があり、10:00や10:30が始業時間になっていたり、フレックスタイム制になっていたりする企業も多く、Webディレクターは特に帰りが遅くなりがちです。

Web制作会社で働くWebディレクターの一日

Web制作会社におけるWebディレクターは、制作現場におけるスタッフの管理業務が中心となります。

10:00 出勤・メールチェック・タスク整理
出勤してまず最初に、朝までに届いたメールをチェックし、一日のタスクを整理します。
11:00 スタッフとのミーティング
デザイナーやコーダーなど、制作に携わるスタッフと進捗について確認したり、相談事項などに対応しながら制作の方向性をすり合わせます。
12:00 休憩・昼食
Web制作会社では、休憩・昼食の時間が比較的自由になっている企業が多いです。
14:00 A社案件の打ち合わせ
Webプロデューサーに同行し、提案中のクライアント企業での打ち合わせに参加し、ニーズの把握を行うとともに、技術的に可能な提案などを行います。
16:00 B社案件の打ち合わせ
Webプロデューサーとともに、案件を受注しているクライアント企業で制作の進捗状況について報告を行います。
18:00 帰社・問い合わせ対応
会社に戻って、制作スタッフからの問い合わせや、日中に届いている相談案件に対応していきます。
19:00 プロジェクト管理
現在進行中のプロジェクトについて、進捗状況の確認や、必要に応じてスケジュールの変更案やサポート人員の配置などを検討します。
19:30 資料作成・その他
翌日以降の仕事で必要となる資料の作成や、社内での事務作業、調整事項などを処理します。
20:30 退社
その日に予定していたタスクが全て完了するか、めどがついたら退社します。

帰宅後も、最新の技術やトレンドなどを勉強して自分磨きに励む人も多いです。

一般企業で働くWebディレクターの一日

一般企業では、Webディレクターは社内の制作スタッフをまとめるだけでなく、会社の広報や企画・マーケティング部署と一緒に動くことが多いのが特徴です。

9:00 出勤・メールチェック・タスク整理
メールチェックを行い、一日のタスクを整理します。
9:30 企画・マーケティング部署と打ち合わせ
企画やマーケティングを担当する部署と、新製品の売出し方やweb上でのプロモーションについて相談し、制作の方向性を考えます。
12:00 休憩・昼食
ランチタイムを活用して、食事をしながら制作スタッフとコミュニケーションを取ります。
13:00 制作会社に連絡・相談
自社内では制作に必要なスキルが足りない部分について、外部の制作会社に連絡を取り、概要を説明して見積りを依頼します。
14:00 広報部とミーティング
進行している広告用のWebサイトについて、進捗状況を報告し、文言やデザイン、イメージなどの確認を行います。
15:30 ディレクション業務
制作スタッフからの確認事項の対応や、進捗状況の確認、各ミーティングの内容から必要なフィードバックを行います。
17:00 社内業務
社内の事務処理や、各種報告用の資料作成、翌日以降のスケジュールやタスクの整理を行います。
18:00 退社
一般企業では裁量労働ではないことが多く、定時に合わせて退社するのが基本です。

Webディレクターの勤務時間・休日・残業