アプリケーションエンジニアの勤務先、働き方

勤務先の種類

アプリケーションエンジニアの代表的な勤務先は、Webシステム・アプリ開発、その他のソフトウェア開発を手掛けるITやWeb系の企業です。

ITの発展とともにこれらの企業は増えており、大小多くの企業がアプリケーションエンジニアにとって勤務先としての選択肢となります。

同じIT・Web系の企業でも、会社によってスマホアプリをメインに作るところもあれば、業務系システムを扱うところもあり、携わるプロジェクトによって使用するプログラミング言語も異なります。

また、案件の種類として、クライアントから依頼を受けてニーズに沿ったシステムの開発を行う受託案件もあれば、自社商品・サービスを企画して開発する案件もあります。

企業によって受託のみ、自社開発のみ、あるいは両方を手掛けているところもあり、同じアプリケーションエンジニアといっても、勤務先によって業務の進め方などはだいぶ変わってくるでしょう。

働き方・雇用形態はさまざま

アプリケーションエンジニアの雇用形態はさまざまです。

もちろん、正社員としての求人もたくさん出ていますが、応募の際に、正社員と契約社員のどちらかを応募者が自由に選べる形をとっている会社も少なくないようです。

また、ITエンジニアとして派遣登録をし、派遣先の企業で仕事をする人もいます。

IT・Web業界のエンジニアは需要がありますが、個々の持つ技術力や経験が最大の武器となります。

プログラマーとして多様な開発経験を積み、さらに上流工程の理解や顧客対応、プロジェクトマネジメントもできるスキルを備えていれば、多くの企業に求められるようになるはずです。

この業界に限らず、一般的には正社員が最も安定した働き方ができるといわれますが、ITエンジニアはあえて自由に動きやすい派遣社員やフリーランスの形を選び、短期間にでさまざまな種類のプロジェクトに携わりながらスキルアップを目指すことを望む人もいます。

また、正社員でなくても、高度なスキルや専門性を持つエンジニアになれば高単価の案件に携わりやすくなり、場合によっては正社員以上の収入を得ることも可能です。

アプリケーションエンジニアを目指すならプログラミングスクールも検討

IT業界やアプリケーションエンジニアを目指すなら プログラミングスクールでスキルを高める ことも考えてみるとよいでしょう。

ITエンジニアの人材不足は慢性的で、今後も職に困ることは少ないといわれています。

また、ITエンジニアは他職種と比較しても給与は高い傾向にあり、テレワークの比率も高くなっています。

未経験採用をしている企業もありますが、 スクールでスキルを身につけておくと、就職・転職で有利になる 可能性もありますし、採用後もスムーズに仕事をはじめることができます。

ここではキャリア支援サポートもあるプログラミングスクールを2つ紹介します。

SAMURAI ENGENEER


公式サイトSAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEERの特徴

1.専属マンツーマンレッスンで最速最短でプログラミングを習得できる

2.スキルに合わせた完全オーダーメイドカリキュラムで学習効率アップ

3.採用時にアピールできる、完全オリジナル作品を開発できる

4.キャリアアドバイザーによる未経験からの転職支援サポートを受けられる

さらに、SAMURAI ENGINEERの人材紹介サービスを利用して転職成功した場合に、 受講料が無料になるコース も用意されています。

さまざまなコースがあるので、一度無料説明会で自身に合ったコースがあるか聞いてみるとよいでしょう。


tech boost


公式サイトtech_boost

tech boostの特徴

1.プロのカウンセラーが目標に応じた最適なプランを提案してくれる

2.現役エンジニアのメンターが学習を細かくサポート

3.運営会社がエンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているので、エンジニア転職に強い

4.オンラインイベントなどで仲間ができる

渋谷のみとなりますが、通学プランも用意されています。

無料説明会では、プログラミングを学ぶメリットや受講イメージなどを詳しく教えてもらえます。


より柔軟にスキルをしっかりと学びたいなら「SAMURAI ENGINEER」、細かいサポートや転職実績を重視するのなら「tech boost」がおすすめ です。

講師との相性やカリキュラムなど、実際に話をしないとわからないことも多いので、少しでも興味があれば無料説明会に参加してみましょう。

公式サイトSAMURAI ENGINEER

公式サイトtech_boost