女性のプログラマーのキャリアパス・結婚後の生活

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

女性のプログラマーの現状

一般社団法人情報サービス産業協会が、約300社を対象に2019年に行った調査では、ITエンジニアのうち女性の割合は約20%という結果が出ています。

→参考:2019 年版 情報サービス産業 基本統計調査

※ここでいう「ITエンジニア」は、プログラマー以外の職種(システムエンジニアなど)も含まれているため、あくまで参考程度に見てください。

ただ、IT業界のなかでも、とくにプログラマーのような技術職は、まだまだ男性のほうが多いことは間違いなさそうです。

一部の職場を除き、どこを見渡しても男性エンジニアばかりということはよくあるため、女性プログラマーは肩身が狭い思いをしたり、女性ならではの悩みを相談できる相手がいないといった悩みを抱えてしまいがちです。

また、周囲から気を遣われすぎるあまり、働きにくさを感じるかもしれません。

女性のプログラマーは結婚・出産などによって離職する人もいるため、年齢が上になるほど減っていく傾向です。

しかし、プログラマーは実力さえあげれば男女関係なく評価され、しっかりとキャリアアップして稼ぐことも可能です。

女性のプログラマーの強み・弱み

女性のプログラマーの強み

女性のプログラマーの強みとしては、細かな点に気を配ることができる点や、人当りのやわらかさなどが挙げられます。

プログラムを組む工程では、地道さが必要で、細かいところにまで配慮していかなくてはなりません。

女性は、この点に長けている人が多く、丁寧な仕事ぶりが評価されることがあるようです。

また、開発作業は一人でコツコツとパソコンに向き合う時間も長いですが、一方で、ほかのエンジニアと協力したり、コミュニケーションをとったりしなくてはならない場面も意外と多いです。

男性中心の職場に女性がいることで職場の雰囲気が明るくなり、円滑に話が進むこともあります。

女性のプログラマーの弱み

冒頭でも示した通り、IT業界のエンジニアは女性自体が少ないため、どうしても職場で寂しい思いをしてしまいがちです。

身近に仕事の悩みを相談できる女性がおらず、ストレスを溜め込んでしまう人もなかにはいます。

男性が苦手な人だと、働きづらさを感じてしまうかもしれません。

プログラマーの結婚後の働き方・雇用形態

プログラマーが結婚しても働けるかどうかは、職場の体制と、本人の意思が大きく影響します。

すでに活躍している既婚の女性が職場にいる場合や、女性への配慮・サポート体制がある職場ならば、結婚しても働きやすいでしょう。

しかし、常に残業が多いなど激務の職場や男性ばかりの職場だと、なかなか理解を得られず仕事を続けにくい可能性があるため、職場選びは大切です。

なお、プログラマーは実力主義の職種のため、結婚後も雇用形態は変えずに正社員として働く人は多くいます。

最近は、正社員でも在宅などリモート中心に働ける職場も増えていますし、ある程度の経験を積んだプログラマーの場合、フリーランスになって、より自由度の高い働き方を実現させることも可能です。

プログラマーは子育てしながら働ける?

プログラマーが子育てしながら働けるかどうかは、職場により大きく異なります。

男性ばかりの職場では、産休や育休の制度があっても形式的で、利用実績がない場合も少なくありません。

したがって将来を踏まえて、産休や育休の取得実績がある会社や、子育てしながら働く女性が活躍する会社を選ぶとよいでしょう。

出産・育児関連の制度が有効に活用されている職場なら、出産しても職場に復帰しやすく、子育てと仕事を充実させることができます。

また、そういった職場には女性が自然と集まりやすいため、コミュニケーションの面でも働きやすいと感じられる可能性が高いでしょう。

プログラマーは女性が一生働ける仕事?

プログラムを書くことが好きで、日々の勉強を怠らない人であれば、女性が一生働ける仕事としてプログラマーは適しています。

プログラマーは男女関係なく、能力に応じて正当な評価がされる職種といえます。

実力があれば性別は関係なく責任ある仕事を任され、キャリアアップできます。

一方で「女性だから」と差別を受けない代わりに、男性と同じ働きぶりを求められる点も忘れてはいけません。

職場やプロジェクトの進捗状況によっては、深夜までの仕事や休日出勤などを余儀なくされる場合もあります。

そういった点も念頭に置いたうえで、真剣に働き、やりがいのある仕事をしたい人にとってプログラマーは適しています。

プログラマーを目指すならプログラミングスクールも検討

IT業界やプログラマーを目指すなら プログラミングスクールでスキルを高める ことも考えてみるとよいでしょう。

ITエンジニアの人材不足は慢性的で、今後も職に困ることは少ないといわれています。

また、ITエンジニアは他職種と比較しても給与は高い傾向にあり、テレワークの比率も高くなっています。

未経験採用をしている企業もありますが、 スクールでスキルを身につけておくと、就職・転職で有利になる 可能性もありますし、採用後もスムーズに仕事をはじめることができます。

ここではキャリア支援サポートもあるプログラミングスクールを2つ紹介します。

SAMURAI ENGENEER


公式サイトSAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEERの特徴

1.専属マンツーマンレッスンで最速最短でプログラミングを習得できる

2.スキルに合わせた完全オーダーメイドカリキュラムで学習効率アップ

3.採用時にアピールできる、完全オリジナル作品を開発できる

4.キャリアアドバイザーによる未経験からの転職支援サポートを受けられる

さらに、SAMURAI ENGINEERの人材紹介サービスを利用して転職成功した場合に、 受講料が無料になるコース も用意されています。

さまざまなコースがあるので、一度無料説明会で自身に合ったコースがあるか聞いてみるとよいでしょう。


tech boost


公式サイトtech_boost

tech boostの特徴

1.プロのカウンセラーが目標に応じた最適なプランを提案してくれる

2.現役エンジニアのメンターが学習を細かくサポート

3.運営会社がエンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているので、エンジニア転職に強い

4.オンラインイベントなどで仲間ができる

渋谷のみとなりますが、通学プランも用意されています。

無料説明会では、プログラミングを学ぶメリットや受講イメージなどを詳しく教えてもらえます。


より柔軟にスキルをしっかりと学びたいなら「SAMURAI ENGINEER」、細かいサポートや転職実績を重視するのなら「tech boost」がおすすめ です。

講師との相性やカリキュラムなど、実際に話をしないとわからないことも多いので、少しでも興味があれば無料説明会に参加してみましょう。

公式サイトSAMURAI ENGINEER

公式サイトtech_boost