インフラエンジニアの1日のスケジュール・生活スタイル

インフラエンジニアの業務スケジュール

インフラエンジニアの仕事は、クライアントの企業内やサーバーコンピューターを管理するデータセンターで行われることも多いです。

こうした場所への立ち入りはクライアント側の許可や同行がなくできませんので、クライアントの業務時間や対応できる日時に合わせなければなりません。

そのため、基本的な業務スケジュールは一般的な会社員に準じますが、インフラ構築の作業日は顧客の都合に合わせたタイムスケジュールとなるのが一般的です。

また、短納期でインフラの設計や仕様をまとめる必要がある場合は、遅くまで残って書類作成や確認作業、作業のための準備や調整に追われます。

休日出勤や早朝・夜間の作業も多いのがインフラエンジニアの業務スケジュールの特徴で、フレックスタイム制を採用する企業も多くなっています。

平常時のインフラエンジニアの1日

顧客先での実作業のない日は、インフラエンジニアの業務スケジュールは一般的な会社員のスケジュールとほぼ同じです。

9:00 出社・メールチェック
IT業界は始業時間が遅い企業も多いですが、顧客と直接やりとりをする企業だと一般的な会社とスケジュールはほぼ同じです。
9:30 ミーティング
進行中の案件について、進捗の確認や作業の分担を相談します。
10:30 書類作成
顧客のニーズにあったITインフラを企画し、書類として作成します。
12:00 昼休憩
オフィスワークの日は、近くで外食に行く人が多いです。
13:00 業者問い合わせ
システムに必要となる機器について業者に問い合わせ、仕様や在庫、納期、価格などを確認します。
15:00 クライアント訪問
営業担当者と一緒にクライアントを訪問し、システム開発で予定しているインフラについて説明します。
16:30 事務作業
関係先から確認した情報などをもとに、企画の修正や情報共有、必要な調整などを行います。
17:30 社内事務
社内の広報を確認したり、経費精算などの社内事務を行います。
18:00 退社
忙しい時期は残業もありますが、一日の仕事が終わって何もなければ定時で帰れます。

インフラ構築作業時のインフラエンジニアの1日

インフラの構築作業を行う日は、現場の場所によっては直行直帰になるケースもあります。

また、顧客の業務の妨げにならず、対応が可能な時間に合わせる必要があるため、早朝や深夜の作業となることもあります。

8:00 ベンダーと合流
インフラエンジニアは機器をベンダーから当日に受け取ることもあり、その場合は顧客と会う前に一度合流することが多いです。
8:30 データセンターで顧客と合流
データセンターで顧客と合流して挨拶し、入場の許可をもらいます。
9:00 作業開始
事前に作成した書類の手順に従って、インフラの設置作業を開始します。
9:30 ラックマウント作業
ベンダーと一緒に機器の梱包を取り除いて中身を確認し、サーバー用のラック(棚)に、サーバーやコンソールなどの機器をとりつけます。
11:00 ケーブリング
ラックにとりつけた機器をケーブルで接続します。
12:00 昼休憩
データセンター付近には飲食店がない場合も多く、事前に買っておいた食べ物を食べたり、長めに休憩をとって交代で食事をします。
13:00 コンフィグ作業
機器を設置した後、機器のコンフィグ(設定)作業を行います。
15:00 確認・修正作業
コンフィグを行った後、仕様通りの設定になっているか、ネットワーク上の接続に問題がないかをクライアントと一緒に確認します。
17:00 後片付け・退出
確認・修正作業は長時間に及ぶこともありますが、何も問題がなければ後片付けを行ってデータセンターを退出します。
18:00 報告
会社や自宅など連絡が可能な場所から、顧客や社内の関係者に対して作業報告を行います。

インフラ構築作業はちょっとした楽しみ?

インフラ構築作業は、オフィスワークから離れてデータセンターや顧客企業に入るため、緊張感もありますが、慣れると楽しいものです。

データセンターなどは同時間帯に複数の業者が入ることも多く、休憩室で知人に会うこともあります。

また、出退勤の時間もいつもと違い、直行直帰が可能な場合も少なくありません。

要領よく仕事が進めば普段より早く帰ることもでき、知らない土地を散歩してから会社に作業報告をすることも可能です。

インフラ構築は仕事のひとつの区切りであるため、早く終わった場合でも、会社も帰ってこいと口うるさく言うことはほとんどありません。

そのため、メンバーたちが作業現場から直接打ち上げに出かけることも多いです。

インフラエンジニアの勤務時間・休日・仕事は激務?

インフラエンジニアを目指すならプログラミングスクールも検討

IT業界やインフラエンジニアを目指すなら プログラミングスクールでスキルを高める ことも考えてみるとよいでしょう。

ITエンジニアの人材不足は慢性的で、今後も職に困ることは少ないといわれています。

また、ITエンジニアは他職種と比較しても給与は高い傾向にあり、テレワークの比率も高くなっています。

未経験採用をしている企業もありますが、 スクールでスキルを身につけておくと、就職・転職で有利になる 可能性もありますし、採用後もスムーズに仕事をはじめることができます。

ここではキャリア支援サポートもあるプログラミングスクールを2つ紹介します。

SAMURAI ENGENEER


公式サイトSAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEERの特徴

1.専属マンツーマンレッスンで最速最短でプログラミングを習得できる

2.スキルに合わせた完全オーダーメイドカリキュラムで学習効率アップ

3.採用時にアピールできる、完全オリジナル作品を開発できる

4.キャリアアドバイザーによる未経験からの転職支援サポートを受けられる

さらに、SAMURAI ENGINEERの人材紹介サービスを利用して転職成功した場合に、 受講料が無料になるコース も用意されています。

さまざまなコースがあるので、一度無料説明会で自身に合ったコースがあるか聞いてみるとよいでしょう。


tech boost


公式サイトtech_boost

tech boostの特徴

1.プロのカウンセラーが目標に応じた最適なプランを提案してくれる

2.現役エンジニアのメンターが学習を細かくサポート

3.運営会社がエンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているので、エンジニア転職に強い

4.オンラインイベントなどで仲間ができる

渋谷のみとなりますが、通学プランも用意されています。

無料説明会では、プログラミングを学ぶメリットや受講イメージなどを詳しく教えてもらえます。


より柔軟にスキルをしっかりと学びたいなら「SAMURAI ENGINEER」、細かいサポートや転職実績を重視するのなら「tech boost」がおすすめ です。

講師との相性やカリキュラムなど、実際に話をしないとわからないことも多いので、少しでも興味があれば無料説明会に参加してみましょう。

公式サイトSAMURAI ENGINEER

公式サイトtech_boost