「インフラエンジニア」とは

インフラエンジニア_画像

情報システムを構築するコンピュータやネットワークの導入や管理、運用を担当する技術者。

「インフラエンジニア」の仕事紹介

インフラエンジニアの仕事内容

IT業界を支える技術職

インフラエンジニアの仕事内容は、情報システムを構築するコンピュータやネットワークの導入、管理、運用などです。

企業によっては、サーバーの設計や構築、保守を行うサーバーエンジニアや、ネットワークプログラミングに従事するネットワークエンジニアに分類されます。

多くの場合、企業や公的な団体の依頼を受けてプロジェクトチームを立ち上げ、作業に入ります。

まずクライアントにヒアリングを行い、業務に必要なレベルのシステムを見極め、予算や納期を踏まえた上で最適な機器やソフトウェアを判断します。

IT技術が日進月歩で発達する現代社会において、インフラエンジニアはIT業界を支える技術職として大変注目されているのです。

インフラエンジニアの就職先・活躍の場

インフラエンジニアのニーズは高まる一方

インフラエンジニアの勤務先は多くがIT企業です。

中には、独立してフリーランスとして働いている人もいます。

IT技術の発達とともに、多くの一般家庭や企業、公的な施設においてインターネットを利用することが当たり前になりました。

また商品の売買やサービスの場面においても、コンピュータのシステムを活用する機会が圧倒的に増えています。

こうした社会の変化によって、IT関係のインフラを構築・運用するインフラエンジニアが活躍する場は急増しているのです。

インフラエンジニアの1日

担当案件に合わせて臨機応変に対応

インフラエンジニアは担当している仕事の進捗状況に合わせて臨機応変にスケジュールを組むことが多く、企業によってはフレックスで働く人もいます。

以下は、クライアントとの打ち合わせがある日のスケジュール例です。

9:00 出社

10:00
クライアント先に訪問し、要望をヒアリングする

12:00
ランチ休憩、帰社

13:00
ヒアリングした納期や予算を踏まえ、提案内容を考える

19:00
作業終了、退社

インフラエンジニアになるには

コンピュータとコミュニケーションの勉強を

インフラエンジニアになるためには、絶対に必要とされる資格はありません。

ですが、学生のうちにコンピュータで使用する言語やプログラミングの勉強に加え、クライアントやチームメンバーと働くためのコミュニケーションスキルを磨いておくといいでしょう。

インフラエンジニアは専門性の高い職業なので一人前になるまでには何年もかかることが多いです。

最初は先輩の元で見習いとしてシステムやネットワークの仕組みを徹底的に理解し、運用や保守、ヘルプデスクとしてのアドバイスなどを担当しながら経験を積みましょう。

インフラエンジニアの学校・学費

大学や専門学校でITの知識を学ぶ

この職業に就くためには、四年制の大学の理工学部や情報工学部などでIT関係の勉強をしておくことが望ましいです。

学科には「電気工学科」「電子工学科」「情報システム学科」「情報科学科」 などがあり、システム工学やデータベースの構築方法などを理論立てて学ぶことができます。

大学以外ではコンピュータの専門学校がおすすめです。

専門学校の特徴としては、卒業までにIT関係の資格の取得をめざすことや、就職してから即戦力となれるような実践的なカリキュラムが組まれていることが多いです。

インフラエンジニアの資格・試験の難易度

まず目指すのは基本情報技術者

インフラエンジニアにとって資格は絶対に必要とされるものではありませんが、クライアントに実力をアピールするためには役立つこともあります。

IT関係のエンジニアがまず取得を目指すのが、基本情報技術者です。

これは、経済産業省が情報処理技術者としての知識・技術が一定以上の水準であることを認定する国家試験に合格することで取得できます。

この上位資格には応用情報技術者や、更に経験を積んだエンジニア向けに業務分析やシステム監査などの経営分野に及ぶ知識を問われるシステム監査技術者という資格などがあります。

インフラエンジニアの給料・年収

高めの給与水準で手当てのつくケースも

インフラエンジニアの個別の統計はありませんが、大きな差はないとされるシステムエンジニアだと、厚生労働省の平成28年賃金構造基本統計調査での平均年収は37.4歳で約547万円です。

IT関係の専門職のため、一般的な事務職に比べると給与は高めの水準となっています。

またキャリアパスとして、サーバーエンジニアやネットワークエンジニアやを経験した人が上級職とされるインフラエンジニアになることで、昇給することがあります。

仕事内容によっては、緊急対応で深夜作業や休日出勤をする場合もあり、高い手当がつくケースもあるでしょう。

インフラエンジニアのやりがい、楽しさ

チームワークと誰かの役に立てる喜び

インフラエンジニアは、他のメンバーとチームを組んでプロジェクトに携わる機会が多くあります。

クライアントの納期や予算を踏まえてアイディアを出し合い、ひとつの情報システムやネットワークを作り上げるのは非常にやりがいのある作業です。

また、クライアントの売上増加や働きやすさの向上など、誰かの役に立てることもやりがいになります。

そして専門性の高い知識やスキルが必要とされるので、勉強し続けて自分の技術を高めていく喜びを感じることもできます。

インフラエンジニアのつらいこと、大変なこと

繁忙期の激務に備えて健康管理を

現代社会において IT技術は特に進化のスピードが速いので、インフラエンジニアには新たな知識を吸収し続けなければいけない大変さがあるといえます。

また納期が迫っているときには深夜残業、休日出勤も多く、忙しいときには帰宅できずに長時間働くことになり、食事や入浴などができないきつい状況が続くこともあります。

インフラエンジニアは体力勝負なので、目指すのであれば普段から食事や運動など健康管理に気を配る必要があるでしょう。

インフラエンジニアに向いている人・適性

一番向いているのはコンピュータが好きな人

インフラエンジニアに一番大切なのはコンピュータに関する知識を積極的に吸収し続けることなので、コンピュータが好きで仕方ないという人が圧倒的に向いているでしょう。

また、クライアントの要望をヒアリングし、納期や予算を踏まえて必要な機器を揃え、効率よくインストールや設定、運用テストを行うので、論理的な思考が得意な人も適任です。

そして、クライアントやチームメンバーと上手くコミュニケーションが取れる人も重宝されるでしょう。

インフラエンジニア志望動機・目指すきっかけ

子どもの頃のエピソードなどが志望動機に

インフラエンジニアの就職試験で志望動機を聞かれたら、自分がこの職業を目指すようになったきっかけや、仕事で達成したいことを具体的に話しましょう。

志望動機の例には、幼いころからプログラミングの教室に通いコンピュータを扱うのが大好きでエンジニアに興味を持った、というようなエピソードがあります。

また、大学時代にチームワークを活かしてプロジェクトを達成した経験から、インフラエンジニアになって仲間と一緒にクライアントの役に立ちたいなど、将来の目標を挙げる人もいます。

インフラエンジニアの雇用形態・働き方

エンジニア専門の派遣会社に登録する人も多い

インフラエンジニアの雇用形態には、主に正規雇用(正社員)と非正規雇用(契約社員や派遣社員) があります。

特にIT業界にはエンジニア専門の派遣会社があるので、こうした企業に登録して希望にマッチする案件があれば引き受けるという働き方をしている人も多いです。

また、実績を積んで独立し、フリーランスのエンジニアとして働く人もいます。

仕事の内容によってはパソコンさえあれば在宅で働けるケースもあるので、育児や家事と仕事の両立をめざす女性にとっては魅力的な働き方となるでしょう。

インフラエンジニアの勤務時間・休日・生活

深夜作業や休日出勤も多く、激務となることも

インフラエンジニアは担当するプロジェクトによって勤務スケジュールが異なり、フレックスで好きな時間に働く人も多いです。

また納期前にバグの発見や仕様の変更があった場合やトラブルの発生時には、徹夜作業や深夜作業、休日出勤になることがあります。

作業は一日中パソコンの画面を眺め集中することが多いので、視力の低下や肩こり、頭痛で悩む人もいます。

体を壊してしまう前に、適度な休憩や休暇を取って自己管理をしましょう。

インフラエンジニアの求人・就職状況・需要

人手不足の企業も多く、需要は高め

現代社会では、あらゆる業界において企業のIT化が急速に進められ、IT環境の整備に力を注ぎ始めている企業が非常に多いです。

そのため、ITインフラのスペシャリストであるインフラエンジニアのニーズは非常に高くなっています。

中には常に人手不足の状態に陥り、通年で求人募集をしている企業も多いです。

また未経験者を積極的に採用してエンジニアとして育成している企業もあり、現在インフラエンジニアになりたい人にとってはチャンスがたくさんある状況だといえます。

インフラエンジニアの転職状況・未経験採用

未経験者でも挑戦できる職業

現在、インフラエンジニアは未経験でも挑戦できる職業です。

大手企業などの研修制度が整っている企業では、高卒の学歴の人や文系大学の出身者、あるいは異業種からの転職希望者を歓迎していることがあります。

ただ、エンジニアの育成には数年かかるので、未経験者の場合は長く働ける人材を採用するために年齢制限が設けられていることがあるので注意することが必要です。

また就職前には、専門のテキストでコンピュータの言語やプログラミング、データベース、セキュリティといった最低限の知識を身につけておくといいでしょう。

インフラエンジニアの現状と将来性・今後の見通し

働き方が更に多様化していく可能性も

現在、ITニーズの高まりからインフラエンジニアもさまざまなところで必要とされています。

人手不足に悩む企業も多く、新卒での就職をめざす人のみならず、転職をめざす人にも門戸が開かれている状況といえます。

またインフラエンジニアの働き方は激務としても有名で、トラブルの発生時には昼夜を問わず、すぐにクライアント先へ駆けつけなければなりません。

しかし近年のシステムのクラウド化によって、システム管理を遠隔で行うことができるようになり、そのような負担が減ることが期待されています。

今後、インフラエンジニアの働き方は更に多様化するかもしれません。