CADオペレーターの実態と将来性は? 需要はある?

CADオペレーターの現状

CADオペレーターは建築や機械メーカー、アパレル会社など、ものづくりにおけるさまざまな業界業種において需要が高い職種といえます。

産業分野において、もはやCADは必須な技術となっており、CADを使用しない現場はほとんどありません。

しかし、ただ単にCAD操作ができるだけでは、就職先を探したり継続していくことが難しい面もあります。

一つの理由は、CADソフト自体が年々進化しているため、「設計・デザインを行う人」と「CADで図面を描く人」の線引きが従来に比べてあいまいになってきていることが挙げられます。

専門のCADオペレーターを雇わずに、設計士やデザイナーがCADを使用する機会が増えているからです。

もう一つは、企業のコスト管理でしょう。

最も大きな割合を占める人件費をなるべく抑えたいと考える企業はごく一般的です。

ですから、少しでも技術力の高い人、実務経験がある人が採用されやすい傾向になっています。

CADオペレーターの需要の高まりとともに、求められるレベルが徐々に向上しているといえるでしょう。

CADオペレーターの需要

CADオペレーターは、建築業界を中心に機械や自動車、インテリア、アパレルなど、あらゆる産業分野で必要とされている職種です。

CADは「ものづくり」に密接に関わる技術であり、イメージを図面化するCADオペレーターがいなければ、私たちの身の回りのさまざまなものは作り出せないといっても過言ではありません。

CADオペレーターの具体的な業務内容や働き方は職場によって異なりますが、多様な環境で仕事ができるのがCADオペレーターの特徴といえます。

CADオペレーターは、現場で培った経験や技術を自分の強みとして活かすことができますから、レベルが高い人材はどの企業においても一定の重要があると考えられます。

設計者に指示された図面を描くだけではなく、将来的なことを視野に入れたレベルの高いCAD技術を習得することが必要になります。

CADオペレーターの将来性

設計現場では、設計者が自らCADを操作して図面化するケースが増えています。

そのため、「言われた通りに図面を描く」だけの設計補助業務は、今後さらに激減していくことが予想されます。

近年では、高性能なCADのフリーソフトも普及しており、誰でも手軽にCADを扱いやすくなっていることから、CADオペレーターの専門性が以前より低下しているといわれています。

CAD操作ができることはもちろんのこと、ある程度の図面を解読できるスキルはCADオペレーターとして必須となります。

これからCADオペレーターを目指すのであれば、将来的にキャリアアップして設計士やデザイナーになることを視野に入れておきましょう。

「CADの操作ができることは最低限」と捉え、建築や設計について深く学び、働きたい業界の専門知識や技術を身につけることをオススメします。

高い志を持ち続けられる人であれば、フリーランスとして独立したり、事務所を構えることも不可能ではありません。

CADオペレーターの今後の活躍の場

IT技術の進化とともに、CADオペレーターの仕事は近い将来AI(人工知能)に代替されてしまう可能性が高いのではないかと不安を抱く人もいるのではないでしょうか。

CADオペレーターの仕事は決して簡単な仕事ではありません。

ものづくりの現場では多くの人間が関わることになりますので、人間にしかできない業務上のやり取りやコミュニケーションなど感情面の理解が必要となります。

CADで製図を起こすだけなら、将来的にはAIに代替されることが予測されます。

CADオペレーターとして長く活躍できる将来を望むのであれば、新しい技術を身につけなければなりません。

近年の建設業界ではBIMの導入率が年々増加しており、同時にオペレーターの人材不足が課題となっています。

特にオリンピック経済効果が期待される建設業界や自動車業界では、3次元CADオペレーターの需要が高まりつつあります。

BIMモデルや3次元CADを操作できるレベルの高い人材は、建設業界では引く手あまたとなり、さまざまな企業においても重宝されていくでしょう。