サポートエンジニアの仕事内容、なるには、資格、給料、求人

サポートエンジニアの仕事内容

顧客やサポート内容は多岐にわたる

サポートエンジニアとは、ITの製品やサービスに対する様々な問い合わせに対応する職業です。

サポートエンジニアの業務は多岐にわたり、扱うサービスやお客さまによってこれらの種類があります。

カスタマーサポート:ユーザー先に訪問・常駐する
・プロダクトサポート:パッケージなど製品を扱う
・セールスサポート:商談や打ち合わせで営業に同行する
・テクニカルサポート:お客さまの問い合わせを電話やメールで受ける

個人だけでなく法人も対象とし、確かな知識を持って分かりやすく説明する能力が問われる仕事です。

サポートエンジニアになるには

フロントラインは開発知識も求められる

多くのサポートエンジニアは、就職先のメーカー、システム開発会社などから配属されて同職に就いています。

またはエンジニア出身者が、スキルを活かしてサポートエンジニアに転職するというパターンもあります。

サポートエンジニアは、最前線でお客さまの対応をする重要なポストです。

勉強を十分にして、どのような質問にも答えられる知識をつけることは必須です。

また会社の顔としてお客さまや法人顧客に接するため、コミュニケーション能力や説明能力の高さも求められます。

サポートエンジニアの年収

専門知識や能力によって差が生じてくる

サポートエンジニアの年収ですが、300~400万台前半と幅があります。

その理由はサポート業務自体が幅広いからです。

営業活動をサポートするか、個人と法人のどちらに対応するか、専門性が高いかなどで、給与が変わってきます。

ITエンジニア全般の年収と比べると、サポートエンジニアの年収は平均を下回るケースが多いようです。

サポートエンジニアの向いている人、適性

どんな人が向いているのか知りたい

サポートエンジニアは、個人・法人のお客さまに分かりやすく説明をすることが仕事なので、どんなお客さまにもうまく対応できる人が向いています。

知識を貪欲に吸収する勉強家の人にも適性があります。

もうひとつ「フィードバック」の能力も求められます。

最前線でお客さまから苦情や要望を聞くサポートの現場には、サービス向上のヒントがたくさん転がっています。

それを上手く拾い集め、開発の現場に提案できるセンスもまた求められるのです。

サポートエンジニアの将来性・今後の見通し

求められる知識レベルも高まりそう

現在、すべての業界においてシステム化は進む一方であり、それに伴いサポート業務の手厚さはより充実を求められています。

高度な技術を搭載する機器も今後ますます普及し、よりサポートを必要とするでしょう。

将来、サポートエンジニアに求められる専門性はより高度化していくと考えられます。

AI(人工知能)など、先端知識への理解も求められるようになるかもしれません。

需要が高まるだけでなく、求められる知識レベルも高度化していくでしょう。