WebデザイナーとWebプログラマーの違い

WebデザイナーとWebプログラマーは、どちらもWeb業界を中心に活躍するクリエイターです。

同じ部署やチームで働くことも多いですが、それぞれ異なる仕事内容や役割を担います。

ここでは、WebデザイナーとWebプログラマーの違いについて、さまざまな面から紹介していきます。

WebデザイナーとWebプログラマーの仕事内容の違い

Webデザイナーは、Webサイトの目的・コンセプトにもとづいてデザインをイメージし、実際にデザインとして形にしていく職種です。

一方、Webプログラマーは、Webサイトの裏側で動くさまざまなシステムについて、プログラミング言語を用いて開発します。

「プログラマー」の種類のひとつで、Web系の言語やシステムに精通しているのがWebプログラマーです。

Webデザイナーは、見た目がよく、使いやすい画面(ページ)のデザインをし、Webプログラマーはショッピングサイトやブログなどのシステムを開発していきます。

両方ともHTMLやCSSなどのWeb制作の基本は理解しておく必要がありますが、加えて、デザイナーはデザインのセンスやデザインソフトを扱うスキルが必要、プログラマーはプログラミング言語やデータベースの知識が必要です。

Webプログラマーの仕事

WebデザイナーとWebプログラマーのなる方法・資格の違い

WebデザイナーもWebプログラマーも、資格が必要な職種ではありません。

それでも、それぞれ就職するためのルートや、取得すると有利にはたらく資格はあります。

Webデザイナーになるには、専門学校などでWebデザインやコーディングについて学び、Web制作会社で働くのが一般的です。

資格は「Webデザイン技能検定」や「カラーコーディネーター」などデザイン系の資格があると評価が高くなります。

Webプログラマーも、IT・Web系の専門学校から就職を目指す人が多いです。

スクールや独学でプログラミングスキルを学ぶ人も増えています。

プログラマーの場合、資格よりもスキルが重要ですが、多くの現場で使われるHTMLやJavaScript、PHPのスキルを示す「HTML5プロフェッショナル認定試験」や「PHP技術者認定試験」などは取得しているとよいでしょう。

WebデザイナーとWebプログラマーの資格・必要なスキルの違い

WebデザイナーもWebプログラマーも、Web制作の必須スキルであるHTMLやCSSについての理解は必須です。

そのうえで、Webデザイナーはデザインセンスを磨いたり、アクセシビリティやユーザビリティに配慮した「UI(表示される画面)」を実装したりする技術が求められます。

資格も、デザインに関する分野のものを中心に取得することになるでしょう。

Webプログラマーは、システム開発のためのプログラミングスキルが求められるため、開発に使う言語を修得する必要があります。

とくに最近はPHP、Ruby、Pythonが多く用いられているため、これらのうち1つ以上で開発ができるレベルに達することが求められます。

また、開発効率を高めるためのライブラリやフレームワークの知識も必要です。

WebデザイナーとWebプログラマーの学校・学費の違い

Webデザイナーを目指す場合、Webに特化した専門学校に通うのが一般的です。

専門学校の授業料は年間60万円~100万円程度が相場で、卒業後には就職先のあっせんを行ってくれる学校も少なくありません。

Webプログラマーも、専門学校を経て就職する人が多いです。

学費は年間90~120万円ほどで、Web系のプログラミングだけでなく情報処理技術の基礎を全般的に学べる学校が多くなっています。

Webプログラマーを目指す場合、大学で情報系の学部や学科で学んでおくと新卒で大企業への就職も可能です。

両方とも、夜間の大学やスクールに通って学ぶこともできるため、大学に通ったり働いたりしながらでも目指すことが可能です。

WebデザイナーとWebプログラマーの給料・待遇の違い

一般的にWebデザイナー職よりはWebプログラマーのほうが給料が高めで、正社員としての雇用も多いなど、待遇もよい場合が多いです。

正確な統計はありませんが、人材サービスなどではWebデザイナーの年収は300万円~400万円ほどが平均で、一方Webプログラマーは400万円~500万円ほどとされています。

しかし、一般的にWebデザインはWebプログラミングと比較して案件数や求人数も多く、スキルのあるWebデザイナーなら環境のよい職場を探し転職することは難しくありません。

また、両方のスキルを持っている人であれば「フロントエンドエンジニア」として、さまざまなWeb開発の職場で高く重宝されるでしょう。

WebデザイナーとWebプログラマーはどっちがおすすめ?

WebデザイナーとWebプログラマーは、ともにWebサイトの価値を高めるために重要な職種です。

Webデザイナーは自分でデザインを考えたり作ったりすることが好きな人におすすめです。

Webプログラマーは、システムや仕組みを考えたり、プログラムを作成するのが好きな人が向いている職種といえます。

また、Webデザイナーは感覚や感性を生かす場面が多いですが、プログラマーは理論立てて物事を考えることが重視されるため、自分の性格から検討するのもよいでしょう。

ただ、キャリアアップを目指すなかで、デザイン・プログラミングの両方が求められるケースも増えているため、就職時の職種にこだわり過ぎる必要はありません。