Webデザイナーに向いている人・適性・必要なスキル

Webデザイナーに向いている性格・適性

制作が好きな人

何かを作ることがとにかく好きで楽しいという人はWebデザイナー向きです。

制作では大小さまざまな作業がありますが、それを面倒に思わず、質にこだわりながら作品作りに取り組めることは大切な資質です。

センスのよい人

Webデザイナーはデザイナーですのでセンスが大切です。

センスのよいWebサイトは誰にでも作れるわけではありません。

上手に情報をまとめ、見やすく、かつかっこいいデザインを考えて表現できる人なら、Webデザイナーとして成功しやすいです。

実際、Webデザイナーはセンスの良い人が多く、職場も一般的なオフィスよりもモダンなインテリアが多い傾向があります。

論理的にデザインを考えることのできる人

Webデザイナーは、商業用のデザインを主に作成しますので、クライアントの目的達成に役立つデザインを制作する必要があります。

また、UI/UX(ユーザーにとっての使いやすさ)を考慮し、使いやすい、洗練されたデザインを作り続けることがプロとして重要です。

これらは直感だけでは難しいため、論理的にデザインを考えることができる人こそプロのWebデザイナーとして適性が高い人だといえます。

Webデザイナーになるには

Webデザイナーに必要なスキル・能力

集中力

制作作業はとにかく集中力が必要ですので、細部にまでこだわった制作を続けるためには集中力が欠かせません。

デザイン業務は集中できているときは速く仕事が進みますが、集中力が不足していると同じ作業に何倍も時間がかかります。

集中のオンとオフをうまく切り替えられることが大切です。

コミュニケーション能力

Webデザイナーは、制作作業に没頭する職人のようなイメージを持たれがちですが、現代のWebデザイナーはコミュニケーションが大切です。

クライアントの意向をよく理解することも必要ですし、分業体制が一般化しているため周囲のメンバーとの意思疎通は制作を効率的に進めるためにも重要だからです。

好奇心

Web業界は常に新しい技術が生まれ、新しい技術はデザインの幅を大きく広げます。

そのため、常に新しいものに興味を持ち、吸収していく好奇心が求められます。

普段からさまざまなものに好奇心をもち、実際に見たり聞いたりすると、デザインの構想力にも幅が出て仕事にも役立ちます。

Webデザイナーに向いていないのはどんな人?

こだわりが強すぎる

どんなに制作が好きだとしても、作品の質やデザインの方向性にこだわりが強すぎる人は困ることが多いでしょう。

Web制作はビジネスですので納期がありますし、その善し悪しは顧客やサービスの利用者が判断するものです。

自分のこだわりで、仕事の遅延や関係者との衝突を起こさないのがプロのWebデザイナーです。

飽きっぽい人

Webデザイナーは、デザインやWebについて常に学習を求められます。

また、自分が良いと思って出したデザインのリテイクも少なくありません。

そのため、飽きっぽく、すぐに物事を投げ出してしまうタイプだとつとまりません。