インフラエンジニアの給料・年収

インフラエンジニアの平均年収・給料の統計データ

インフラエンジニアの平均年収・月収・ボーナス

インフラエンジニアの平均年収は、民間の求人データからはおよそ510万円と推定されます。

この場合、ボーナスが年に4カ月分(2カ月×2回)として計算すると、月給は31万8750円、ボーナスは夏、冬それぞれ63万7500円となります。

地域や仕事内容、職場によって違いはありますが、求人各社の数字に大きな差異が見られないことから、全体としては給料のバラツキが小さい職種であると考えられます。

求人サービス各社の統計データ

職業・出典 平均年収 年収詳細
インフラエンジニア
(求人ボックス)
522万円 月給 44万円
インフラエンジニア
(Indeed)
495万円 時給 2,274円
日給 1.8万円
月給 27.4万円
インフラエンジニア
(転職ステーション)
513万円

インフラエンジニアは、ITシステムを支えるさまざまなインフラを提供しますが、担当するインフラの種類によっても年収には違いがあるようです。

ネットワーク系のインフラよりもサーバー系のインフラの方を担当するエンジニアの方が求人での給与水準は高くなっています。

また、都心部での求人ほど高い給与になる傾向があります。

インフラエンジニアの手取りの平均月収・年収・ボーナスは

インフラエンジニアの年収を510万円、ボーナスを4カ月分(2カ月×2回)として計算すると、月給は31万8750円、ボーナスは夏、冬それぞれ63万7500円です。

「手取り額=支給額-社会保険料-源泉徴収額(所得税)」となりますので、額面支給額と実際の手取額は以下のようになります。

額面 手取り
平均月収 318,750円 265,332円
ボーナス(2ヶ月分) 637,500円 512,971円
年収 5,100,000円 4,209,926円

手取りは家族構成や前年度の所得状況など、個人のさまざまな状況によって変わりますのであくまで参考程度に考えてください。

インフラエンジニアの初任給はどれくらい?

民間企業のインフラエンジニアの新卒採用(大卒以上)では、20~22万円ほどの間での募集がボリュームゾーンとなっています。

また、求人ボックスのデータでは22万円程度が相場とされていますので、インフラエンジニアの初任給の水準はおおよそこのレベルと考えられます。

一般的にインフラエンジニアはネットワーク機器およびサーバー機器の両方を扱うことができるスキルが求められるため、高卒や未経験の採用はあまり多くありません。

業務に関連するスキルについて、一定のレベルが期待できる人を採用するため、初任給の水準は他職種と比較してもやや高い水準になっています。

インフラエンジニアの福利厚生の特徴は?

インフラエンジニアの福利厚生は、社会保険完備、財形貯蓄制度などが充実している場合が多く、長期で働きやすい職場環境作りが行われています。

また、研修や資格取得などの支援が充実している他、福利厚生サービスのカフェテリアプランを提供している企業も多いです。

都心や遠隔地のデータセンターなどの施設などで働く人向けに社員寮や住宅手当が出る場合もあります。

インフラ管理は24時間365日対応が求められる場合も多く、時間外手当の充実や、長期休暇の時期が定まっていないといった特徴が見られます。

インフラエンジニアの給料・年収の特徴

運用よりも開発に携われるエンジニアが高給

インフラエンジニアの仕事は、大きく分けるとインフラの「運用」と「開発」です。

運用はすでに完成しているインフラの維持・保守を行い、開発は何もないところにシステムに合わせたインフラを構築します。

必要となるスキルが高く、関係者との細かなコミュニケーションが発生する開発分野のエンジニアの方が給与が高くなる傾向があり、場合によっては2倍近い差が生じることもあります。

スキルによって収入が大きく変わる

インフラエンジニアは、担当するIT技術の範囲が広く、そのスキルによって仕事や収入も大きく変わってきます。

高度なITスキルやプロジェクト管理のスキルをもったインフラエンジニアであれば、年収が700~800万円ほどになる場合もあります。

インフラは、オンプレミス(機器据え置き型)だけでなく、インターネット上のクラウドに構築するケースも増えています。

また、ビッグデータの活用に伴うデータベースの知識や、オンライン取引や金融分野の電子化に伴ったセキュリティ対応スキルなども必要です。

こうした変化の中、新たな技術に対応できるエンジニアは高給の求人が多いです。

インフラエンジニアの勤務先別の給料・年収

SIer

SIerはシステム開発を主に行っている企業です。

企業規模の大きな企業も多く、オンプレミスからクラウドまでさまざまなインフラを提供しており、高い技術をもった従業員が多く在籍しています。

SIerの給料や年収はIT業界でも比較的高めで、インフラエンジニアの年収も平均値よりもやや高めです。

レンタルサーバー会社

レンタルサーバー会社は、ITインフラを提供する企業の代表ともいえます。

レンタルサーバー会社のインフラエンジニアは、新規のサービス開発やデータセンターの開設・拡張などに関わる高スキルの技術者と、既存機器の運用を主にする技術者に分かれます。

高いスキルの技術者であれば600~800万円ほどの高い年収も見込めます。

SES企業

SES企業は、一般企業に対してエンジニアを派遣して開発や運用に協力するサービスを提供する企業です。

SES企業のインフラエンジニアは、クライアント企業で主に仕事をすることになり、インフラの構築や運用に関係した業務を行います。

年収はスキルによっても違ってきますが、平均値に近いレベルか、もしくはやや低めになる傾向があります。

インフラエンジニアの正社員以外の給料・年収

派遣社員

求人ボックスのデータによると、派遣社員の平均時給は2306円で、月に160日稼働した場合を考えると36万8960円、年収にすると442万7520円です。

派遣で働ける職種としては給料は高めですが、募集数はそれほど多くありません。

インフラエンジニアの派遣社員はインフラの運用業務が主な仕事内容になります。

フリーランス

フリーランスのインフラエンジニアの給料、年収はスキルや働き方で大きく変わります。

クラウドでのインフラ構築に関する高いスキルがあり、効率良く多くのインフラを構築できる人であれば個人で業務を受注し、1000万円近い収入を得ることも可能です。

オンプレミスのインフラ構築スキルがある人は、SES企業と同じように契約期間中クライアント企業に赴いて働きますが、この場合は会社を通さない分、SES企業よりも高い収入が期待できます。

ただし、スキルが合わない、スキルレベルが低い場合は、なかなか仕事が見つからない可能性もあります。

インフラエンジニアの働き方の種類・雇用形態

インフラエンジニアが収入を上げるためには?

必要とされるITスキルを磨く

インフラエンジニアはさまざまなスキルが求められる職種で、スキルが年収に与える影響が大きいです。

ネットワーク、サーバー、データベース、クラウド、セキュリティなど、幅広い技術について常に勉強を続けることが大切です。

ある分野に秀でた人はいても、複数分野に深い知識をもった人は少ないため、しっかりと勉強を続けることがインフラエンジニアとしての市場価値を高めることにつながります。

マネジメント能力を磨く

ITインフラの設計や構築は、数カ月から数年にわたるプロジェクトになることが多いです。

この時、プロジェクトリーダーのマネジメント能力によって、完成までの期間や必要になる人件費などが大きく変わってきます。

インフラ開発においてインフラエンジニアがリーダーとなるケースは多いため、マネジメント能力を高めておくことが大切です。

開発業務におけるリーダー経験やマネジメント実績があれば、転職でも有利に働きます。

良い条件の会社に転職する

インフラエンジニアは、所属する企業によって仕事内容や求められる技術レベルが変わってきます。

それに伴って給料や待遇も変わってくるため、技術や知識が十分に発揮できない場合や待遇に満足できない場合は転職を考えるのも1つの手です。

良い条件の会社に転職を希望するなら、スキルを示すための資格や、業務における実績などが必要です。

また、コミュニケーション能力やビジネススキルもあれば管理者候補としても評価されます。

インフラエンジニアを目指すならプログラミングスクールも検討

IT業界やインフラエンジニアを目指すなら

プログラミングスクールでスキルを高める

ことも考えてみるとよいでしょう。

ITエンジニアの人材不足は慢性的で、今後も職に困ることは少ないといわれています。

また、ITエンジニアは他職種と比較しても給与は高い傾向にあり、テレワークの比率も高くなっています。

未経験採用をしている企業もありますが、

スクールでスキルを身につけておくと、就職・転職で有利になる

可能性もありますし、採用後もスムーズに仕事をはじめることができます。

ここではキャリア支援サポートもあるプログラミングスクールを2つ紹介します。

SAMURAI ENGENEER





公式サイト
SAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEERの特徴

1.専属マンツーマンレッスンで最速最短でプログラミングを習得できる

2.スキルに合わせた完全オーダーメイドカリキュラムで学習効率アップ

3.採用時にアピールできる、完全オリジナル作品を開発できる

4.キャリアアドバイザーによる未経験からの転職支援サポートを受けられる

さらに、SAMURAI ENGINEERの人材紹介サービスを利用して転職成功した場合に、

受講料が無料になるコース

も用意されています。

さまざまなコースがあるので、一度無料説明会で自身に合ったコースがあるか聞いてみるとよいでしょう。

tech boost





公式サイト
tech_boost

tech boostの特徴

1.プロのカウンセラーが目標に応じた最適なプランを提案してくれる

2.現役エンジニアのメンターが学習を細かくサポート

3.運営会社がエンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているので、エンジニア転職に強い

4.オンラインイベントなどで仲間ができる

渋谷のみとなりますが、通学プランも用意されています。

無料説明会では、プログラミングを学ぶメリットや受講イメージなどを詳しく教えてもらえます。


より柔軟にスキルをしっかりと学びたいなら「SAMURAI ENGINEER」、細かいサポートや転職実績を重視するのなら「tech boost」がおすすめ

です。

講師との相性やカリキュラムなど、実際に話をしないとわからないことも多いので、少しでも興味があれば無料説明会に参加してみましょう。

公式サイト
SAMURAI ENGINEER

公式サイト
tech_boost

インフラエンジニアを目指すならプログラミングスクールも検討

IT業界やインフラエンジニアを目指すなら プログラミングスクールでスキルを高める ことも考えてみるとよいでしょう。

ITエンジニアの人材不足は慢性的で、今後も職に困ることは少ないといわれています。

また、ITエンジニアは他職種と比較しても給与は高い傾向にあり、テレワークの比率も高くなっています。

未経験採用をしている企業もありますが、 スクールでスキルを身につけておくと、就職・転職で有利になる 可能性もありますし、採用後もスムーズに仕事をはじめることができます。

ここではキャリア支援サポートもあるプログラミングスクールを2つ紹介します。

SAMURAI ENGENEER


公式サイトSAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEERの特徴

1.専属マンツーマンレッスンで最速最短でプログラミングを習得できる

2.スキルに合わせた完全オーダーメイドカリキュラムで学習効率アップ

3.採用時にアピールできる、完全オリジナル作品を開発できる

4.キャリアアドバイザーによる未経験からの転職支援サポートを受けられる

さらに、SAMURAI ENGINEERの人材紹介サービスを利用して転職成功した場合に、 受講料が無料になるコース も用意されています。

さまざまなコースがあるので、一度無料説明会で自身に合ったコースがあるか聞いてみるとよいでしょう。


tech boost


公式サイトtech_boost

tech boostの特徴

1.プロのカウンセラーが目標に応じた最適なプランを提案してくれる

2.現役エンジニアのメンターが学習を細かくサポート

3.運営会社がエンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているので、エンジニア転職に強い

4.オンラインイベントなどで仲間ができる

渋谷のみとなりますが、通学プランも用意されています。

無料説明会では、プログラミングを学ぶメリットや受講イメージなどを詳しく教えてもらえます。


より柔軟にスキルをしっかりと学びたいなら「SAMURAI ENGINEER」、細かいサポートや転職実績を重視するのなら「tech boost」がおすすめ です。

講師との相性やカリキュラムなど、実際に話をしないとわからないことも多いので、少しでも興味があれば無料説明会に参加してみましょう。

公式サイトSAMURAI ENGINEER

公式サイトtech_boost