Webディレクターは副業・在宅で働ける?

Webディレクターの副業・在宅での働き方・仕事内容

Webディレクターの副業や在宅勤務の人が増えてきています。

Webディレクターを副業とする場合、月や週での稼働日数や時間を定めた契約をし、限られた範囲の仕事を請け負うことが多いです。

個人として請負契約を結ぶか、もしくはアルバイトやパート、派遣社員の形での雇用契約を結んで仕事をすることになります。

Webディレクションの業務では、顧客との打ち合わせなどがなければ、ほとんどの仕事はインターネットを通しても行うことが可能です。

そのため、在宅で企業サイトやECサイト、オウンドメディアなどのディレクションを行って副業にしている人も増えています。

本業と比較して業務内容も明確で責任範囲が小さいため、収入は少ない一方で業務上の負担が小さい副業は人気が高まっています。

20代で正社員への就職・転職

20代で正社員への就職を目指す(PR)

「Re就活エージェント」は、第二新卒・既卒・フリーター・ニート向けサービス。20代未経験OKの求人が多数。

20代登録比率No.1

副業・在宅のWebディレクターとして働くには?

副業や在宅のWebディレクターとして働く場合、Web系の業界経験や資格、実績があると働きやすいです。

本業の時間と重ならない範囲で働きながら、本業で身につけたスキルを活用して制作や運用・管理といった業務を行うのが一般的です。

案件や契約先は副業やフリーランス案件を扱う求人サイトやクラウドサービスを利用することで見つけることができます。

Web業界未経験者だとしてもWebディレクターとしても、業務によっては副業が可能です。

月に20~40時間程度のアシスタント業務であれば、業界経験不問の求人も多くあり、アルバイトのようにWebディレクターの仕事を学びながら働くことができます。

副業のWebディレクターのメリット・デメリット

副業のWebディレクターは案件や期間ごとに契約を行うため、自分で仕事を選ぶことができるのが大きなメリットです。

Webディレクターは営業がとってきた仕事に対して制作責任を負う立場で、どんな案件でも断ることはできません。

副業の場合は、自分の得意分野や状況に合った案件が選べるため、スキルアップを優先したり時給を優先したりしながら仕事を選べます。

一方で、本業と比較すると時間あたりの収入は低くなりがちで、自分のやりたい仕事がいつもあるとは限りません。

在宅勤務の場合、コミュニケーションが難しくなって制作が進まないことがストレスになる場合もあります。

繁忙期や納品前などは副業でも忙しくなることがあり、本業や生活に悪影響が出る場合もあるため注意が必要です。

プロコーチとキャリアに向き合う(PR)

キャリアに対して悩んでいるビジネスパーソンに対して、ZaPASSのビジネス経験豊富なコーチが伴走支援するキャリアコーチングサービスです。日々の内省習慣化や目標を立てた後の行動習慣化までコミット!

いまなら体験コーチング無料!

副業のWebディレクターの給料・年収

副業のWebディレクターでは、労働時間や業務内容にもよりますが、月に10万円ほどの収入を得ている人が多いです。

特にWeb業界の経験があり、十分なスキルがある人なら短い時間で効率よく稼ぐことも可能です。

ECサイトなど直接的に収益が発生するタイプのWebサイトを扱う場合は、成果報酬がボーナスで上乗せされる場合もあるため、一時的に本業よりも収入が高くなる人もいます。

どうしても受注が不安定にはなりますが、スキルと投資できる時間次第では収入も大きく伸びる可能性があります。

本業とのバランスを考えながら、少しずつ収入アップを目指してみると良いでしょう。