女性の携帯電話会社社員のキャリアパス・結婚後の生活

女性の携帯電話会社社員の現状

携帯電話会社では、女性社員の割合が多いのが特徴です。

今まで、メールや写真、ケータイ小説、デコメールなど、携帯電話には女性発の文化が非常に多く、女性のアイデアが多くの市場を生み出しています。

社内における女性の発言力も比較的高くなっており、女性の管理職を増やす方向も示されています。

ただ、技術系総合職においてはまだまだ男性の割合が多く、そのため正社員全体では3割前後の割合です。

他の雇用形態では女性も多く採用されていますが、部署によって比率や雰囲気も大きく異なるようです。

女性はとくに企画やマーケティング、カスタマーサービスなどの分野での活躍が目立ちますが、「リケジョ」と言われる理系学部卒の女性が増えていることもあり、今後は技術系分野の増加も期待されます。

女性の携帯電話会社社員の強み・弱み

女性の携帯電話会社社員は、なんといっても女性ならではの視点を持っていることが強みです。

ライフスタイルやコミュニケーションの仕方が異なる女性だからこそ拾えるニーズがあり、それが携帯電話会社の行うさまざまなサービスなどに反映されることも少なくありません。

一方で、結婚や妊娠・出産などを機会に退職する人も少なくはないため、上司や管理職など、年配の先輩が少ないことで先のキャリアが見えにくいのが悩みです。

業務における特別な不利はありませんが、社内に影響力を公使できる女性が少ないことで、女性たちの意見が経営に反映されにくい点で不利を感じることはあります。

携帯電話会社社員の結婚後の働き方・雇用形態

携帯電話会社の多くは、福利厚生がしっかりしており、結婚後も出産や育児をしながら働き続けるための仕組みがあります。

育児休暇の取得可能期間が長めに設定されている場合も多く、子どもの看護のための休暇なども取りやすくなっています。

また、基本的に定時で帰ることができ、カレンダー通りに休日を過ごせる部署も多いため、家族での予定も立てやすいようです。

必要に応じ、勤務時間調整のための雇用契約の変更や、テレワークでの勤務を認める動きも広がっています。

中長期的に人材を育てていく経営スタンスの会社が多いこともあり、一度雇用して育ててきた社員が継続して働けるように企業努力が行われているため、結婚後も働きやすいでしょう。

携帯電話会社社員は女性が一生働ける仕事?

携帯電話会社の社員は、本人の希望があれば一生働くことも可能な仕事です。

携帯電話業界の歴史がまだ浅いため、どのようなキャリアになるかは不透明ですが、働きながら現場で必要な知識やスキルを絶えず吸収して発揮できるなら十分に働くことができるでしょう。

福利厚生の手厚さや、経営の安定感、携帯電話とそのコンテンツがもつニーズを考えると仕事としての安定感も高いです。

ただし、携帯電話業界は変化も激しいため、その変化についていくことが必須です。

変化を感じ、素早く対応していくためにも、できるだけ現場で働き続けることが重要になるでしょう。