CADオペレーターの求人・就職状況・就職先選びのポイント

CADオペレーターの就職先にはどんなところがある?

CADオペレーターは、ものづくりの基本となる設計図を起こす仕事です。

CADを使用して設計するジャンルは多岐にわたり、建築業界・住宅・リフォーム業界・インテリア業界・自動車、航空業界・機械・電機業界・アパレル・ジュエリー業界・その他設計図が必要となる業種などがあり、大手企業から個人デザイン事務所までさまざまです。

業界によって使用するCADソフトや、必要なスキルや知識は異なるため、どこを目指すかを見越した勉強が必要となります。

CADオペレーターの求人の状況

求人は多いが知識だけでの就職は難しい

CADオペレーターは、建築のほか多種多様な業界で必要とされる職業であるため、就職先の選択肢は他の職業に比べて広いといえます。

ただし、最近は競争の激化により「コスト削減」に取り組む企業が増加傾向にあり、CADオペレーターとして好条件の下に就職できる人はあまり多くないようです。

建築会社の場合、専門のCADオペレーターを雇わずに設計士がCADを使った業務まで兼務するといったことも増えているようです。

このことからも、「ただCADの基本操作ができる」というだけでは就職先を見つけるのが難しい状況になっています。

建築なら建築、アパレルならアパレルといったプラスアルファの業界知識を持っていることや、実務経験者であること、基礎的なパソコンスキルをきちんと身につけていることなどが求められる傾向にあります。

正社員以外の求人が多い

CADを使った単純な図面作成そのものだけを行うスタッフは、ほとんどが派遣社員やアルバイト・パートです。

未経験者が就職先を見つけるのは簡単ではありませんが、「事務スタッフ兼CADオペレーター」を求める企業が多いため、CADのスキルに加えて事務処理能力があると、採用時に優遇されるケースがあります。

経験を積むことが大事

CADオペレーターは、正社員として働くにはそれなりの経験と技術が求められます。

CADオペレーターを目指す人も増えているため、これからこの仕事を目指すのであれば、まず最低限のCADのスキルは習得しておいたほうがよいでしょう。

「経験」が重視されがちな職業であるため、まずは入り込みやすいアルバイト・パートで実務経験を積み、そこから正社員へのキャリアアップを目指すのも、一つの手といえるかもしれません。

CADオペレーターの就職先の選び方

CADオペレーターを必要としている業界は多くあるため、まず自分がどのような設計に関わりたいのかを考える必要があります。

また、自分がどのソフトを得意とするか、どの分野に興味があるのかによっても変わるでしょう。

同じCADオペレーターでも、建築系と機械系では使用ソフトや仕事の進め方が異なってくるため、就職の際にはどのような分野のスキルを磨いていきたいかを考えておくことが大切です。

CADオペレーターの志望動機・面接

CADオペレーターを目指すきっかけは、ものづくりの興味から入る人が多いようです。

建築物をはじめ、自動車や機械、洋服などの「ものづくり」に携わりたい、自分も設計に関わりたいといった思いを持っているようです。

また、求人が多いことや一度スキルを身に付けたいら一生働けるということからCADオペレーターを目指す人もいます。

CADオペレーターの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

就職先はどのように探したらいい?

CADオペレーターの就職先を探す際には、転職サイトやハローワークなどを利用する人が多いようです。

そのほか、CADに関する検定を受けたりスクールに通ったりした際に、企業を紹介してもらえることもあります。

資格取得をしていることで、企業からも信頼してもらいやすくなります。

そのほか、派遣会社に登録する方法もあります。

特にエンジニア系の派遣会社では多くの求人があり、教育システムも充実しているため未経験者からでもCADオペレーターとして働きやすくなります。