プログラマーの仕事内容

プログラマーの仕事とは

私たちの生活には以下のように、さまざまな場面でコンピュータが使われています。

・パソコンやスマートフォン、ルーターなどの情報機器
・ロボット掃除機や炊飯器などの家電
・工場などに設置されている各種の機械
・企業などが使用しているサーバー

これらの機器は仕様に基づいて動作しますが、実際にどのように動作するかといった内容は誰かが作らなければなりません。

ここで全体のプログラムの設計を決めるのはSEと呼ばれるシステムエンジニアである一方、実際に動作するプログラムを作るのはプログラマーの仕事です。

したがってプログラマーがいなければ、世の中の情報システムを動かすことはできません。

この点でプログラマーは、現代社会において大変重要な仕事といえます。

プログラマーの業務の内容

基本的な業務は、仕様書に基づいてプログラムを組むこと

プログラマーの基本的な業務は、仕様書に基づいてプログラムを組むことになります。

あわせて自ら組んだプログラムは、プログラム単位でテストを行う(単体テスト)場合も多いです。

最近ではフレームワークを用いた開発が主流ですので、全てのコードを手で書く必要がなく、開発作業が効率化されている現場も多いです。

もっともプログラムは組んだ後も適宜メンテナンスが行われること、また複数の書き方があることも特徴です。

従ってプログラムを組む際は、見やすくメンテナンスしやすい書き方をすることが重要です。

仕様バグを見つけることもプログラマーの仕事

仕様書によっては、書かれた通りに作っても目的とする機能を実現できない場合もあります。

その場合はすみやかに仕様を作成したSEに連絡し、仕様を修正するなどの対処をしてもらう必要があります。

このような「仕様バグ」を見つけることも、プログラマーの仕事の1つです。

リファクタリングでプログラムのコードを整理する

プログラマーの所属する企業やプロジェクトによっては、「リファクタリング」を任される場合もあります。

リファクタリングとはプログラムの入力や出力を変えずに、プログラムの内部構造を変えることをいいます。

リファクタリングによりコードが整理され読みやすくなり、保守がしやすくなるメリットがありますから、重要な業務の1つといえます。

プログラマーの役割

どれだけSEがすばらしい設計を行ったとしても、プログラムがなければシステムを動かすことはできません。

またシステム開発において、プログラムを書く工程は最も時間のかかる工程です。

この工程は下流工程と呼ばれていますが、そもそもプログラムのコーディングはシステム開発における核心部分です。

従ってプログラマーは、システム開発における要の位置を占めているといえます。

もっとも近年では、自動でプログラムを作るソフトの開発も盛んに進められています。

しかしスムーズに動作するプログラムを書く上で、プログラマーはまだまだ欠かせません。

プログラマーの勤務先の種類

プログラマーの勤務先は、大きく以下の3つに分けられます。

IT企業
・一般企業のIT部門
・フリーランス

多くのプログラマーは、IT企業に勤務することになります。

IT企業はさらに、以下の3つに分けられます。

・オーダーメイドのシステムをつくる企業(いわゆる受託開発)
・自社でサービスを行うシステムをつくる企業(パッケージベンダーやWebサービスなど)
・上記2社から、プログラム開発の部分を受託する企業(いわゆる下請け)

一方で一般企業のIT部門に勤務する場合も、その職種は社内SEとは限りません。

最近では一般企業でも独自にIT開発部門を持つケースがありますから、プログラマーとして勤務できる可能性があります。

プログラマーの就職先の企業の種類・活躍の場

プログラマーの仕事の流れ

プログラマーの仕事は、以下のような流れとなる場合が多いです。

1. SEが作った設計書をもとに、プログラム単位での設計書を作成する(いわゆるプログラム設計)
2. プログラムを作成する
3. 作成したプログラム単位でテストを行う(いわゆる単体テスト)
4. プログラム単位でドキュメントを作成する

加えてプロジェクトによっては詳細設計書を作ったり、機能単位での結合テストや総合テストにも関わる場合があります。

さらに経験を積んだプログラマーは、基本設計などシステムの仕様を決める工程にも関わる場合もあります。

このような方は「上級プログラマー」と呼ばれる場合もあり、プロジェクトにおいて重宝される存在となります。

プログラマーと関連した職業

プログラマーと関連した職業には、以下のものがあります。

・システムエンジニア
テストエンジニア

システムエンジニアはSEとも呼ばれ、システム開発全般に携わることが特徴です。

従ってプログラムを組むこともありますが、むしろ以下の業務が主なものとなります。

・プログラマーや協力会社から納品されたプログラムの受入検収
・顧客との打ち合わせや、問い合わせ対応
・基本設計や、ベテランSEの場合は要件定義

企業によってはプログラマーでもSEとして募集する場合がありますが、厳密には異なる職種です。

一方でテストエンジニアは、プログラム開発後の工程であるテストを専門に行い、システムの誤動作を防ぎます。

テストはプログラマーやSEが行うことも多いですが、テストエンジニアはテスト専門の技術者としてシステムの品質向上に寄与します。

ベテランのテストエンジニアはよく不具合箇所を見つけ出すため、品質が上がりやすいものです。

システムエンジニアの仕事
テストエンジニアの仕事