プログラマーの仕事内容

プログラマーの仕事とは

私たちの生活では、以下のような、さまざまな場面でコンピュータが使われています。

  • パソコンやスマートフォン、ルーターなどの情報機器
  • ロボット掃除機や炊飯器などの家電
  • 工場などに設置されている各種の機械
  • 企業などが使用しているサーバー

これらの機器を、実際にどのように動作させるのかといった内容は、誰かが事前に作らなければなりません。

ここで全体のプログラムの設計を決めるのは「SE」と呼ばれる「システムエンジニア」で、それを実際に動かすためのプログラムを作るのはプログラマーです。

つまり、プログラマーがいなければ、機器に導入されている情報システムを動かすことはできません。

プログラマーは、現代社会において不可欠な、大変重要な仕事といえます。

プログラマーの業務の内容

基本的な業務は、仕様書に基づいてプログラムを組むこと

プログラマーの基本的な業務は、仕様書に基づいてプログラムを組むことです。

最近では「フレームワーク」と呼ばれる、プログラミングのための「ひな形」のようなものを用いた開発が主流となっているため、すべてのコードを手で書く必要がなく、開発作業が効率化されています。

ただし、プログラムは組んだ後も適宜メンテナンスが行われることや、複数の書き方があることも特徴です。

したがって、プログラムを組む際は、後から誰が見ても見やすく、メンテナンスしやすい書き方をすることが重要です。

あわせて自ら組んだプログラムは、プログラム単位でテストを行う(単体テスト)場合も多いです。

仕様バグを見つけることもプログラマーの仕事

仕様書によっては、書かれた通りに作っても目的とする機能を実現できない場合もあります。

その場合はすみやかに仕様を作成したSEに連絡し、仕様を修正するなどの対処をしてもらう必要があります。

このような「仕様バグ」を見つけることも、プログラマーの仕事のひとつです。

リファクタリングでプログラムのコードを整理する

プログラマーの所属する企業やプロジェクトによっては、「リファクタリング」を任される場合もあります。

リファクタリングとは、プログラムの入力や出力を変えずに、プログラムの内部構造を変えることをいいます。

リファクタリングによりコードが整理され読みやすくなり、保守がしやすくなるメリットがあるため、こちらもプログラマーにとっての重要な業務です。

プログラマーの役割

どれだけSEがすばらしい設計を行ったとしても、プログラムがなければシステムを動かすことはできません。

また、システム開発において、プログラムを書く工程は最も時間のかかるものです。

プログラムを書いていく作業(コーディング)は「下流工程」と呼ばれていますが、そもそもコーディングはシステム開発における核心部分です。

したがって、プログラマーは、システム開発における要の位置を占めているといえます。

近年では、自動でプログラムを作るソフトの開発も盛んに進められていますが、スムーズに動作するプログラムを書く上で、プログラマーはまだまだ欠かせません。

プログラマーの勤務先・働き方の種類

プログラマーの勤務先や働き方は、大きく以下の3つに分けられます。

プログラマーのおもな勤務先と働き方
  • IT企業
  • 一般企業のIT部門
  • 個人事業主(フリーランス)

多くのプログラマーは、IT企業に勤務することになります。

IT企業はさらに、以下の3つに分けられます。

  • オーダーメイドのシステムをつくる企業(いわゆる受託開発)
  • 自社でサービスを行うシステムをつくる企業(パッケージベンダーやWebサービスなど)
  • 上記2社から、プログラム開発の部分を受託する企業(いわゆる下請け)

IT業界以外の企業のIT部門に勤務する人もいます。

最近では、一般企業でも独自にIT開発部門を置くケースも増えており、プログラマーとして勤務できる場は以前よりも広がっています。

また、経験を積んだプログラマーは、企業に就職するのではなく、個人事業主(フリーランス)として個人で仕事をしていく人も少なくありません。

プログラマーの就職先の企業の種類・活躍の場

プログラマーの仕事の流れ

プログラマーの仕事は、以下のような流れとなる場合が多いです。

プログラマーの仕事のおおまかな流れ
  1. SEが作った設計書をもとに、プログラム単位での設計書を作成する(いわゆるプログラム設計)
  2. プログラムを作成する
  3. 作成したプログラム単位でテストを行う(いわゆる単体テスト)
  4. プログラム単位でドキュメントを作成する

加えてプロジェクトによっては詳細設計書を作ったり、機能単位での結合テストや総合テストにも関わる場合があります。

さらに経験を積んだプログラマーは、基本設計などシステムの仕様を決める工程にも関わる場合もあります。

このような人は「上級プログラマー」と呼ばれる場合もあり、プロジェクトにおいて重宝される存在となります。

プログラマーと関連した職業

プログラマーと関連した職業には、以下のものがあります。

それぞれについて、おもな仕事内容を紹介します。

システムエンジニアの仕事とは?

システムエンジニアは「SE」とも呼ばれ、システム開発全般に携わることが特徴です。

「上流工程」といって、顧客と直接打ち合わせをしてシステムの内容を決めたり、開発スケジュールを組み立てたりする仕事に携わる機会が多いです。

  • プログラマーや協力会社から納品されたプログラムの受入検収
  • 顧客との打ち合わせや、問い合わせ対応
  • 基本設計や、ベテランSEの場合は要件定義

場合によっては自分でプログラムを組むこともありますが、実際の開発はプログラマーに任せるのが一般的です。

システムエンジニアの仕事

テストエンジニアの仕事とは?

テストエンジニアは、プログラム開発後の工程である「テスト」を専門に行い、システムの誤動作を防ぎます。

テストはプログラマーやSEが行うことも多いものの、テストエンジニアはテスト専門の技術者としてシステムの品質向上に寄与します。

ベテランのテストエンジニアはよく不具合箇所を見つけ出し、システムの品質を大きく上げることに貢献します。

テストエンジニアの仕事

プログラマーを目指すならプログラミングスクールも検討

IT業界やプログラマーを目指すなら プログラミングスクールでスキルを高める ことも考えてみるとよいでしょう。

ITエンジニアの人材不足は慢性的で、今後も職に困ることは少ないといわれています。

また、ITエンジニアは他職種と比較しても給与は高い傾向にあり、テレワークの比率も高くなっています。

未経験採用をしている企業もありますが、 スクールでスキルを身につけておくと、就職・転職で有利になる 可能性もありますし、採用後もスムーズに仕事をはじめることができます。

ここではキャリア支援サポートもあるプログラミングスクールを2つ紹介します。

SAMURAI ENGENEER


公式サイトSAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEERの特徴

1.専属マンツーマンレッスンで最速最短でプログラミングを習得できる

2.スキルに合わせた完全オーダーメイドカリキュラムで学習効率アップ

3.採用時にアピールできる、完全オリジナル作品を開発できる

4.キャリアアドバイザーによる未経験からの転職支援サポートを受けられる

さらに、SAMURAI ENGINEERの人材紹介サービスを利用して転職成功した場合に、 受講料が無料になるコース も用意されています。

さまざまなコースがあるので、一度無料説明会で自身に合ったコースがあるか聞いてみるとよいでしょう。


tech boost


公式サイトtech_boost

tech boostの特徴

1.プロのカウンセラーが目標に応じた最適なプランを提案してくれる

2.現役エンジニアのメンターが学習を細かくサポート

3.運営会社がエンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているので、エンジニア転職に強い

4.オンラインイベントなどで仲間ができる

渋谷のみとなりますが、通学プランも用意されています。

無料説明会では、プログラミングを学ぶメリットや受講イメージなどを詳しく教えてもらえます。


より柔軟にスキルをしっかりと学びたいなら「SAMURAI ENGINEER」、細かいサポートや転職実績を重視するのなら「tech boost」がおすすめ です。

講師との相性やカリキュラムなど、実際に話をしないとわからないことも多いので、少しでも興味があれば無料説明会に参加してみましょう。

公式サイトSAMURAI ENGINEER

公式サイトtech_boost