Webエンジニアのやりがい、魅力

アイデアが形になっていく実感が味わえる

Webエンジニアの仕事では、アイデアを基に、手と頭を動かしながらWebアプリケーションを形にしていくことになります。

リリースまでにはさまざまなトラブルも発生するものですが、自分が開発に携わったサービスが完成し、世に出す瞬間こそが、Webエンジニアにとって最もうれしいことだといえるでしょう。

最先端の技術を使ってモノづくりができる喜びを味わえる仕事であり、とくにIT技術が大好きという人にとっては、とても刺激的な日々を送ることができるはずです。

ユーザーからの評価

Webエンジニアが関わるプロジェクトの多くはBtoCのサービスであり、自分が作り上げたサービスは、多くのユーザーによって使われます。

ユーザーの顔は普段、見えないことのほうが多いかもしれませんが、企業向けのシステム開発などを行うエンジニアと比べると、一般の人と近い立場で開発を進めることができます。

「このサービスを誰かが使ってくれている」と考えるだけで達成感がありますし、場合によってはレビューなどを通じて、直接ユーザーの声が届くこともあります。

自分の作ったものに対しての反応があったときも、Webエンジニアが大きく喜べる瞬間のひとつです。

幅広い知識やスキルが身につく

Webエンジニアが関わる開発案件は、フロントエンドからバックエンドまで業務範囲が広く、手を動かしてのプログラミングはもちろん、ときにデザイナーと一緒にサービスを考えたり、プロジェクトマネジメントのような仕事まで任されることもあります。

IT技術を駆使するエンジニアとして身につくスキルは幅広く、自分の意欲や目標次第で、さまざまな可能性を追求できることは、Webエンジニアの強みであり魅力といえるでしょう。

Webエンジニアの需要はとくに大きいため、スキルアップをすることでどんどん収入をアップさせたり、自分の望む働き方を実現させることもできます。