プログラマーへの転職、未経験採用はある?

プログラマーの転職状況は?

プログラマーは、昔から転職者が多い業種といわれてきました。

加えて多くの企業では人手不足の状況であり、プログラマーの確保が課題です。

そのためIT業界経験者はもちろん、他業界からの転職も広く受け入れていることが特徴です。

意欲とやる気に加えて、何らかのプログラミング経験があれば転職できる可能性は高いでしょう。

ただし条件のよい企業は、応募者が殺到しがちです。

経験者だけで予定人数を上回る場合もよくありますから、未経験者は採用されにくい実情があります。

したがって応募先を決める上では、さまざまな企業をピックアップした上で比較検討することが欠かせません。

プログラマーへの転職の志望動機で多いものは?

プログラマーへ転職する際の志望動機としては、以下のものが代表的です。

・転職先では自分のやりたい業務が実現できる(今の会社では難しい)
・自分のプログラミング能力を生かして、社会に貢献したい
・さらなる収入アップを目指したい

加えて志望動機には、業績アップに貢献する姿勢も含める必要があります。

そのため企業研究と自己分析を十分に行い、前向きな理由で志望動機を語れるようにしましょう。

志望動機に一貫性があれば、面接担当者を納得させることもおおいに可能です。

プログラマーの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人からプログラマーになるには

未経験の方や、社会人でも他の職種からプログラマーになるには、なんらかの言語を学んだ上で自力でプログラムを組んだ経験が必要です。

これにより「やる気」を示すことができ、内定に近づけます。

そもそもプログラミングの技術は次から次へと新しいものが現れているため、変化にキャッチアップするには自学自習が欠かせません。

このようなことから、未経験からプログラマーを目指すならば若いほうが有利といわれています。

加えて柔軟な思考や積極性、フットワークの軽さも必要です。

プログラマーへの転職に必要な資格・有利な資格

プログラマーになるうえで、必須の資格はありません。

しかしプログラマーに必要なスキルを示す上で、基本情報技術者の取得は必要です。

参考:情報処理推進機構 基本情報技術者試験

加えてあなたが学んだ言語に関する資格の取得も、有利な転職につながります。

主な資格の例を、以下にあげてみました。

・Oracle Certified Java Programmer
参考:Oracle Certified Java Programmer

・PHP技術者認定試験
参考:PHP技術者認定試験

・Ruby技術者認定試験
参考:Ruby技術者認定試験

資格の取得は、とくに未経験者にとって重要なポイントの1つとなります。

少しでも採用の可能性を上げるためにも、資格もあわせて取得することをおすすめします。

プログラマーを目指す人におすすめの資格は?

プログラマーへの転職に役立つ職務経験は?

プログラマーへの転職において最も役立つ職務経験には、応募先の企業で使われているプログラミング言語や、フレームワークの使用経験があげられます。

該当する経験をお持ちの方は、即戦力として採用されやすいものです。

しかし企業にとって「欲しい人材像」ぴったりの方が応募してくることは、なかなかありません。

このため実際にはなんらかの言語でシステム開発の経験があれば、採用される場合も多いです。

その上で設計などの経験もあると、より有利な条件で転職できます。

また学生時代のインターンやアルバイトも、職務経験のアピールに使えます。

過去の実績を書きだした上で、何をアピールするかまとめておくようにしましょう。

プログラマーへの転職面接で気をつけるべきことは?

プログラマーへの転職面接で気をつけるべきことには、以下の4点があげられます。

・事業内容や企業の特徴をしっかり把握した上で、志望動機を作成する
・自己分析や過去の実績をきちんと整理した上で、アピールポイントを作成する
・後ろ向きな理由でも、なるべく前向きな回答に変える
・身だしなみやビジネスマナーに留意する

企業は経験者・未経験者問わず、入社後に活躍し、業績の向上に貢献する人を採用したいと考えています。

応募者はこの点を踏まえて、面接では「入社後に期待できる方だ」と思ってもらえる内容を述べる必要があります。

もちろんプログラマーも社会人の一人ですから、清潔感がある服装や社会人としてふさわしい言動を心がけることは当然です。

プログラマーに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

プログラマーへの転職は、20代ではハードルは高くないものの、30代以上になるとハードルが上がります。

仕事をこなす上ではある程度の体力も求められますから、未経験からプログラマーを目指す場合は、35歳以下がひとつの目安です。

もちろん35歳を超える方でもプログラマーになれますが、職場では同僚となる20代の方と同等以上のスキルを持たなければなりません。

このため職場で評価を得るには、かなりの努力を要します。

一方で他の言語で豊富な経験を持っていたり、優秀なプログラマーであれば、40代以上でも転職できる可能性はおおいにあります。

未経験からプログラマーの転職での志望動機

「プログラマーへの転職面接で気をつけるべきことは?」で解説したとおり、「入社後に活躍が期待できる方だ」と思われる志望動機を考えることが必要です。

未経験の方は過去の業務実績がないわけですから、志望動機が合否を左右する可能性は高まります。

内定を勝ち取るためには、志望動機に以下の内容を含める必要があります。

・「なんとなく」というイメージではなく、応募先企業の仕事内容を知った上で応募する
・プログラマーとして社業に貢献する覚悟

入社後は他の従業員と協力し、企業の一員として業務に携わるわけですから、この視点で志望動機を作成するようにしましょう。

プログラマーとして転職を目指す場合、未経験者を歓迎するアルバイトを経験して多様な開発現場を経験するのも一つの方法ですし、実務未経験であっても自分で作成したサンプルプログラムを持っていると、転職活動時に有利になることが多くあります。

「なかなか転職が難しい」という場合はプログラマの転職情報を豊富に取り扱うマイナビITのような、転職エージェントに登録するのもよいでしょう。