Webディレクターになるには

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

Webディレクターになるまでの道のり

Webディレクターになるために必要な資格や学歴はありません。

実際、活躍しているWebディレクターたちの学歴も高卒や専門学校卒、大卒などさまざまです。

しかし、Webディレクターは技術職でもあり、専門職でもあるため、知識や技術がなければ一人前に役割を果たすことができないため、Webに関する学習は欠かせません。

一般的にはWeb制作会社に勤めながら、Webデザイナーやコーダーなどの制作業務を数年経てからWebディレクターになる人が多いです。

Webディレクターになってもすぐに一人立ちすることは少なく、まずはアシスタントとして先輩に学びながら一緒にディレクションを数年経験することになります。

未経験からの場合は制作現場で1~3年、アシスタントで1~3年ほど働いて一人前になっていきます。

Webディレクターの資格・難易度

Webディレクターには資格は必要ありませんが、取得しておくと良い資格はあります。

代表的な資格のひとつが「ウェブデザイン検定」です。

Web系の資格で唯一の国家検定で、取得すると「Webデザイン技能士」となります。

試験は3級から1級まであり、2級、3級は年に数回受験可能で、1級は年に1回です。

2級、1級は受験資格に実務経験や学歴などの要件がありますが、3級は誰でも受験可能です。

インターネットスキル認定普及協会の発表では、合格率は3級が60~70%、2級が30~40%、1級が10~20%の合格率と、国家試験だけあって難易度は高いです。

その他にも民間の認定資格が多くあり、取得しておくと就職やスキル・知識の証明に役立ちます。

Webディレクターを目指す人におすすめの資格は?

Webディレクターになるための学校の種類

「Webディレクターになりたい」と思った場合に学ぶべきは、大きく分けると「Web技術」と「マーケティング」です。

「Web技術」については、大学の情報工学部などでWebに関する科目を履修して学ぶことができます。

「マーケティング」については、大学や短大の経営系の学部の授業でも学べますし、マーケティングに関する書籍を読んで勉強することもできます。

専門的に学びたいなら、IT系の専門学校に通う方法もあります。

多くの専門学校がありますが、自分にあった学校を選び、Webディレクター専攻、もしくはWebデザイン専攻などに入学して学びます。

また、一度社会に出てからWebディレクターを目指す人も多く、その場合は社会人向けの専門スクールでWeb技術やマーケティングなどの知識を学ぶ人が多くなっています。

Webディレクターになるための学校と費用(大学・専門学校・スクール)

Webディレクターに向いている人

Webディレクターにとって最も大切なのがコミュニケーション能力です。

顧客の要求を正しく理解するにも、リーダーシップを発揮して制作チームを引っ張るにも、コミュニケーション能力は欠かせません。

また、全体を俯瞰して客観的に状況を考え判断できる人は、Webディレクターにとって重要な資質を持っている人といえます。

Web制作は人によって評価が分かれるため、個人の主観ではなくアクセス数など根拠になる数字から、分析し説明できる人もWebディレクターに向いている人です。

Webディレクターに向いている人・適性・必要なスキル

Webディレクターのキャリアプラン・キャリアパス

Webディレクターになりたい場合、新卒・転職の場合を問わず、Webサイト制作会社やデザイン会社に入って仕事を身につけるのが一般的です。

最初からWebディレクターとしての採用もありますが、その場合は最初はアシスタントを経験しながら勉強します。

多くはWebデザイナーやコーダーなどのWeb制作に携わる職種から始め、経験を積んでからキャリアアップしていくのが一般的です。

ある程度経験を積んで、個人のスキルを身に着け、制作の流れや現場の全体像がわかってきて始めてWebディレクターになり、続けて知識やスキルを磨き、Webプロデューサーになる人もいます。

実績を積んでいけば、大きな企業に転職したり、独立して自分の会社を作ることもできます。

Webディレクターを目指せる年齢は?

Webディレクターにとして一人前になるためには最低3年はかかり、その前に他のWeb関係の職種から始めるならさらにプラス2~3年は必要です。

トータルで5年前後は少なくとも必要なため、一人前のWebディレクターになれるのはどんなに早くても20代の半ばからです。

逆に年齢が高い分には年齢制限はありませんので、じっくり実力をつけ、将来的にWebディレクターをキャリアの目標にすることもできます。

Webディレクターは遅くまで仕事をすることも多く体力も重要なため、多くの人は20代後半や30代前半からWebディレクターとなっており、40代以降からは減っていきます。

Webディレクターを目指すならプログラミングスクールも検討

IT業界やWebディレクターを目指すなら プログラミングスクールでスキルを高める ことも考えてみるとよいでしょう。

ITエンジニアの人材不足は慢性的で、今後も職に困ることは少ないといわれています。

また、ITエンジニアは他職種と比較しても給与は高い傾向にあり、テレワークの比率も高くなっています。

未経験採用をしている企業もありますが、 スクールでスキルを身につけておくと、就職・転職で有利になる 可能性もありますし、採用後もスムーズに仕事をはじめることができます。

ここではキャリア支援サポートもあるプログラミングスクールを2つ紹介します。

SAMURAI ENGENEER


公式サイトSAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEERの特徴

1.専属マンツーマンレッスンで最速最短でプログラミングを習得できる

2.スキルに合わせた完全オーダーメイドカリキュラムで学習効率アップ

3.採用時にアピールできる、完全オリジナル作品を開発できる

4.キャリアアドバイザーによる未経験からの転職支援サポートを受けられる

さらに、SAMURAI ENGINEERの人材紹介サービスを利用して転職成功した場合に、 受講料が無料になるコース も用意されています。

さまざまなコースがあるので、一度無料説明会で自身に合ったコースがあるか聞いてみるとよいでしょう。


tech boost


公式サイトtech_boost

tech boostの特徴

1.プロのカウンセラーが目標に応じた最適なプランを提案してくれる

2.現役エンジニアのメンターが学習を細かくサポート

3.運営会社がエンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているので、エンジニア転職に強い

4.オンラインイベントなどで仲間ができる

渋谷のみとなりますが、通学プランも用意されています。

無料説明会では、プログラミングを学ぶメリットや受講イメージなどを詳しく教えてもらえます。


より柔軟にスキルをしっかりと学びたいなら「SAMURAI ENGINEER」、細かいサポートや転職実績を重視するのなら「tech boost」がおすすめ です。

講師との相性やカリキュラムなど、実際に話をしないとわからないことも多いので、少しでも興味があれば無料説明会に参加してみましょう。

公式サイトSAMURAI ENGINEER

公式サイトtech_boost