CGデザイナーのやりがい・楽しさ・魅力

CGデザイナーのやりがい・楽しさ

無から作品を生み出すことによる達成感

CGデザイナーは、クライアントの希望を聞きながら、CGによって無から有を作り出すのが仕事です。

2Dでも3Dでも、その作業は決して楽ではなく、多くの時間と労力を投入する必要があります。

そのため、ひとつの作品を作り切ったとき、我が子を見るような愛情と、何にも代えがたい達成感を味わうことができます。

クライアントやチームなどが密に関わって制作した作品なら、仲間と達成感を共有し喜びがさらに大きくなるでしょう。

作品が評価される

制作したCGはさまざまな場所で、多くの人の目に触れ、評価を受けます。

その作品の評価が良ければCGデザイナーは非常にうれしく感じますし、次に向けてモチベーションが高まります。

厳しい言葉をいただくこともありますが、参考になる視点や助言をもらえて、スキルアップのための糧になることも多いです。

デザイナーとして名前が出ることがある

映画やゲーム、アニメなどの映像作品や、雑誌に掲載されるような作品を担当できた場合は、デザイナーの名前がエンドロールや雑誌、Webで紹介されることもあります。

名前が残ることで、制作実績としてもアピールしやすく、家族や友人にもアピールでき、誇らしい気持ちになれます。

有名作や人気作に関わって名前が出ると、周囲からの反響も大きいです。

CGデザイナーの仕事内容

CGデザイナーの魅力

センスと技術で世界を目指せる仕事である

日本のアニメコンテンツは世界的に有名ですが、それを支えるCGデザインの分野でも世界有数の先進国です。

CGデザイナーとして第一線で活躍している人の中には、海外からの仕事を受けて、世界のデザイナーたちと競いながらユニークな表現に挑戦している人もいます。

年齢や性別、学歴などに関係なく、個人のセンスと技術で世界を目指すことができ、グローバルな活躍の場があるのもCGデザイナーの大きな魅力です。

今後も需要が高い仕事である

CGは紙やWebサイトだけでなく、デジタルサイネージや動画、AR・VRコンテンツなどさまざまな媒体で利用されています。

2D、3Dを問わず、多くの媒体で需要があり、今後も技術の進歩によってその活躍の場が増えると予想されます。

そのため、CGデザインのスキルがあれば仕事は選べるほど多く、パートやフリーランスとして働きながら家庭を両立させるなど働き方も選びやすいです。

自分の作品が人々の役に立ち、喜ばれる

CGデザイナーの作った作品は、さまざまな形で世に出ていきます。

作った作品がWebサイトで閲覧されたり、SNSで拡散されたり、街の中で見かける機会もあるでしょう。

人々の生活に自分の作品が入り込み、役立ち、喜ばれていることを実感できることがCGデザイナーの大きな魅力といえます。