このサイトはCADオペレーターを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「CADオペレーター」

仕事内容
CADオペレーターは、「CAD(Computer Aided Design)」という図面作成ソフトウェアを使って、設計士やデザイナーの指示の下、平面図や立体図を作成する人のことをいいます。建築、機械、電気、アパレルなどさまざまな業界で活躍しています。パソコンに向かった細かな作業が多いため、丁寧に物事をこなせる人や、集中力を発揮できる人が向いています。納期前は仕事が溜まって忙しくなることもありますが、自分の手がけた図面が形になる喜びを味わえる仕事です。
なるには
CADオペレーターになるためには、最低限「CADの操作ができること」が求められます。未経験から目指す場合は、CAD講座を開設する学校やスクールに通い、CADの知識や技術を学ぶことが近道となるでしょう。メジャーな関連資格としては、「CAD利用技術者試験」が挙げられます。ただし、就職の場においては資格よりも経験と技術が重視されるため、まずアルバイトで実務経験を積み、派遣社員や正社員へステップアップする道もあります。
給料
CADオペレーターの給料は、勤務先、経験、雇用形態などによって差が出ます。全体として派遣社員として働く人が多いですが、技術力が問われる仕事であるため、ベテランになればなるほど良い給料や待遇の下に働ける可能性が高まります。平均年収は300万円〜400万円台とされていますが、経験や技術によってはもっと多くの収入を得ることも可能です。CADに関する資格を取得すると、資格手当が支給される職場もあります。
将来性
CADオペレーターはさまざまな業界で需要のある職業ですが、単に「CADの操作ができる」だけでは、就職先を見つけることが難しくなっています。たとえば、自分が働きたい業界の知識を持っていたり、事務処理能力があるなど、プラスアルファのスキルのある人が優遇されやすいようです。このように、CADオペレーターに求められるレベルが少しずつ上がっているため、常に向上心を持って新しい技術や知識を学ぶ姿勢が重要だといえそうです。