インフラエンジニアに向いている人・適性・必要なプログラミングスキル

インフラエンジニアに向いている性格・適性

堅実な仕事ができる

ITインフラの土台を支えるインフラエンジニアは、まじめで何でもしっかりやりたいというタイプの人に向いています。

手を抜かず丁寧に作られたITインフラであってこそ、トラブルも発生しにくく、パフォーマンスの高いシステムを作れますので、堅実な仕事ができる人が求められます。

体力がある

インフラエンジニアは、作業現場へ機器を運搬し実際に組み立てや取り付けも行います。

時には数kgの機器をラックにとりつけるために頭よりも高い位置に持ち上げ続けることもあります。

また、シフト勤務やサーバールームでの作業で健康を崩さないためにも健康が大切です。

家電やパソコンが好き

インフラエンジニアはさまざまな機器を接続していきますが、接続のためにはさまざまな規格を知っておかなくてはなりません。

普段から家電やゲーム、パソコンなどいろいろな機器の仕様や規格を覚えるのが好きという人にとって、楽しくやりがいのある仕事です。

インフラエンジニアになるには

インフラエンジニアに必要なプログラミングスキル

プログラミングの基本スキル

言語の種類を問わず、プログラミングの基本的な考え方や、プログラミングが動く仕組みはインフラエンジニアも理解しておくべきです。

シェルスクリプト

OSや機器での処理をコマンドラインで指示するためのシェルスクリプトは業務で使う機会も多いです。

WindowsやUnixなど、基本的なOSでのコマンドを覚えながらCUIに慣れておくと、ルーターなどのネットワーク機器の設定などにも役立ちます。

Python

人気のあるプログラミング言語であるPythonは、多くのクラウドシステムでも作業の自動化や効率化のために役立ちます。

専門的な修得には多くの学習量が必要ですが、修得できればエンジニアとして幅広い活躍が期待できます。

SQL

データベースの設定を担当するインフラエンジニアも多いため、データベース操作のためのSQL言語も覚えておくとよいでしょう。

利用するデータベースソフトによらず利用できるSQLを覚えておくことで、さまざまな開発・運用の業務に携わることが可能です。

インフラエンジニアに向いていないのはどんな人?

大ざっぱな人

インフラエンジニアはシステムの大事な基幹部分を支える仕事をするため、精密で確かな仕事ぶりが求められます。

大ざっぱに考え、適当に行って「これでいいや」と考えがちな人は、物事を細かに、丁寧に行うように改善しましょう。

コミュニケーションが苦手な人

インフラエンジニアは、実際の現場で作業を行うだけでなく、営業担当者や顧客、取引先とのやり取りも発生します。

そのため、コミュニケーションが苦手で黙々と作業したいという人には不向きです。

技術があっても関係者とのやりとりが苦手だと、できる仕事が限られてしまい、昇進や昇給なども不利になってしまいます。

インフラエンジニアを目指すならプログラミングスクールも検討

IT業界やインフラエンジニアを目指すなら プログラミングスクールでスキルを高める ことも考えてみるとよいでしょう。

ITエンジニアの人材不足は慢性的で、今後も職に困ることは少ないといわれています。

また、ITエンジニアは他職種と比較しても給与は高い傾向にあり、テレワークの比率も高くなっています。

未経験採用をしている企業もありますが、 スクールでスキルを身につけておくと、就職・転職で有利になる 可能性もありますし、採用後もスムーズに仕事をはじめることができます。

ここではキャリア支援サポートもあるプログラミングスクールを2つ紹介します。

SAMURAI ENGENEER


公式サイトSAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEERの特徴

1.専属マンツーマンレッスンで最速最短でプログラミングを習得できる

2.スキルに合わせた完全オーダーメイドカリキュラムで学習効率アップ

3.採用時にアピールできる、完全オリジナル作品を開発できる

4.キャリアアドバイザーによる未経験からの転職支援サポートを受けられる

さらに、SAMURAI ENGINEERの人材紹介サービスを利用して転職成功した場合に、 受講料が無料になるコース も用意されています。

さまざまなコースがあるので、一度無料説明会で自身に合ったコースがあるか聞いてみるとよいでしょう。


tech boost


公式サイトtech_boost

tech boostの特徴

1.プロのカウンセラーが目標に応じた最適なプランを提案してくれる

2.現役エンジニアのメンターが学習を細かくサポート

3.運営会社がエンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているので、エンジニア転職に強い

4.オンラインイベントなどで仲間ができる

渋谷のみとなりますが、通学プランも用意されています。

無料説明会では、プログラミングを学ぶメリットや受講イメージなどを詳しく教えてもらえます。


より柔軟にスキルをしっかりと学びたいなら「SAMURAI ENGINEER」、細かいサポートや転職実績を重視するのなら「tech boost」がおすすめ です。

講師との相性やカリキュラムなど、実際に話をしないとわからないことも多いので、少しでも興味があれば無料説明会に参加してみましょう。

公式サイトSAMURAI ENGINEER

公式サイトtech_boost