システムエンジニアの給料・年収

システムエンジニアの平均年収・月収

システムエンジニアの平均年収統計

システムエンジニアの平均年収_2018

厚生労働省の平成30年賃金構造基本統計調査によると、システムエンジニアの平均年収は、38.6歳で551万円となっています。

・平均年齢:38.6歳
・勤続年数:11.8年
・労働時間:158時間/月
・超過労働:16時間/月
・月額給与:371,800円
・年間賞与:1,050,300円
・平均年収:5,511,900円

出所:厚生労働省「平成30年 賃金構造基本統計調査」
※平均年収は、きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算。
※本統計はサンプル数が少ないため、必ずしも実態を反映しているとは限りません。

システムエンジニアの給料の考え方

システムエンジニアは専門的な技術を用いる職業でもあるため、一般的な職種に比べると給与はやや高めの水準となることが多いです。

ただし全員が全員、給料水準が高いというわけではなく、実際には経験やスキルによってだいぶ違いが出てきます。

たとえば、学校を卒業したばかりの新人はどこの会社であっても月収20万円弱ほどですが、経験を積むごとに給与が高くなっていき、難しいプロジェクトもこなせるようになると、月収60万円〜80万円にもなる人もいるようです。

さらに、大手企業勤めでプロジェクトマネージャーなどの重要なポジションを任される人材にもなれば、年収1000万円を軽々と超えることもあるようです。

そのように、経験やスキルによって給料に差が生れやすいのが、システムエンジニアという職業です。

システムエンジニアの職場規模別の給料・年収

システムエンジニアの給料は、規模が大きい事業所ほど年収も高くなる傾向にあります。

厚生労働省「平成30年 賃金構造基本統計調査」によれば、10人〜99人の事業所に勤めるシステムエンジニアの平均年収は491万円、100〜999人の事業所では533万円となっています。

1,000人以上の事業所となると609万円となり、一般的な会社員よりもやや高めの年収となっています。

システムエンジニアの年収(規模別)

システムエンジニアの男女別・年齢別の給料・年収

システムエンジニアの給料は、男女や年齢によっても変わってきます。

厚生労働省「平成30年 賃金構造基本統計調査」の男女別の集計では、20~24歳は男性よりも女性のほうがやや年収が高いという結果が出ていますが、それ以外の年代は総じて男性のほうが女性よりも高い年収となっています。

なお全体の平均としては、男性の平均年収は570万円、女性の平均年収は462万円となっており、女性のほうが100万円ほど低い数字となっています。

年齢別では、男女問わず年齢とともに順調に年収が上がっています。

もっとも高い年収は、男性は50歳~54歳の692万円、女性は45歳~49歳で573万円となっています。

なお、60歳以降になると年収が急に下がっていますが、これは定年後の再雇用により、雇用契約が変わったことが原因として考えられます。

システムエンジニアの年収(年齢別)

※本統計は、調査の母数が少ないため、必ずしも実態を反映していない可能性があります。

システムエンジニアのスキル別の給料・年収

システムエンジニアの給料は、その人の経験やスキルによっても変わってきます。

経済産業省「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」では、IT業界のスキルと年収について、次のような調査結果が導き出されています。

<スキル標準レベル別の年収の平均>
レベル1(新人・初級者レベル/仕事に慣れ始めたレベル)・・・437.8万円
レベル2(上位者の指導のもとに仕事ができる若手人材レベル)・・・499.2万円
レベル3(独立して仕事ができる中堅人材レベル)・・・576.0万円
レベル4 (部下を指導できるチームリーダーレベル)・・・726.1万円
レベル5(社内での指導者・幹部レベル)・・・937.8万円
レベル6 (国内で著名なレベル)・・・1129.9万円
レベル7(国際的に著名なレベル)・・・1129.9万円

出所:経済産業省「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」

IT業界では、身に付けるべきスキルは膨大にあり、また努力してスキルを磨いた人間は評価する文化があります。

特に、プロジェクトマネジャークラスになると、何十人ものエンジニアを管理するマネジメント力や高度なコミュニケーション力、さらにはシステム全体を見渡す豊富なIT知識も必要となります。

そのような高いスキルを持つ人材というのはごく一部に限られてきますので、おのずと年収も高くなりやすいのです。

システムエンジニアの雇用形態別の給料・年収

「派遣」のシステムエンジニアの給料

派遣社員のシステムエンジニアの給料は、都内であれば時給2500円~3500円の求人が多く、事務や販売などの一般的な派遣の仕事に比べるとやや高めの時給です。

さらに、ベテランエンジニア向けのプロフェッショナルな派遣の仕事であれば、時給4000円以上の求人もあります。

ただし、派遣社員は正社員のように「ボーナス」や「各種手当」が貰えないケースが多いですので、給料額はそれも踏まえた上で考える必要があります。

「アルバイト」のシステムエンジニアの給料

アルバイトのシステムエンジニアの給料は、都内であれば時給1500円~2000円の求人が多いです。

派遣のシステムエンジニアには劣りますが、それでもコンビニやスーパーなどの一般的なアルバイトと比べれば高めの時給です。

なおシステムエンジニアの場合、アルバイトであっても週5日勤務やフルタイムの出勤を求められることも多く、さらには残業が発生することもあります。

ハードな勤務となることもありますが、その分纏まった額の収入が得やすいでしょう。

「フリーランス」のシステムエンジニアの給料

フリーランスは実力主義の世界となりますので、本人のスキル次第で収入は大きく変わってきます。

おおよその目安としては、「構築」や「運用」などの下流工程の案件は月単価50万円、「基本設計」や「要件定義」などの上流工程の案件は月単価70万円程度が相場です。

さらに、プロジェクトマネジメントができるようなプロフェッショナルな人材であれば、月単価100万円を超えることもあるようです。

またフリーランスの場合は、都度単価の直接交渉が可能ですので、スキルと交渉次第では、相場以上の収入が得られることもあるでしょう。

システムエンジニアの待遇の特徴

残業や休日出勤で給料アップ

システムエンジニアの働くIT業界は、残業の多い業界としても有名です。

とくにシステム納期前などは激務となりやすく、毎日夜中まで残業が続いたり、時には土日に休日出勤が発生することもあります。

これにはメリットもあり、残業や休日出勤は「時間外労働」や「休日労働」として本来よりも割高の賃金を得られますので、長時間残業をすると時として大きな収入となることがあります。

人によっては、残業代や休日出勤手当が加算されたことにより、月の給料が1.5倍、2倍近くに膨れ上がることもあります。

「資格手当」で給料アップ

IT業界では、特定の資格を取得した社員に「資格手当」を出す企業が多いです。

特に意識されているのは、国家資格となる「情報処理技術者試験」に区分される資格です。

たとえばそのうちの一つ「基本情報処理技術者試験」に合格した社員には、数千円の資格手当を毎月の給料に加算する会社もあります。

「応用情報技術者試験」や「システムアーキテクト試験」などさらに上位の難関資格を取得すると、より多額の資格手当が付く会社もあるようです。

プロジェクト完了で特別報酬が支給されることも

大きなプロジェクトに長期間携わった社員や、プロジェクトの成功に大きく貢献した社員などには、プロジェクト完了時に特別報酬が支払われることがあります。

とくにプロジェクトマネージャーなどの立場として中心で纏め上げた人物には、多額の特別報酬が支給されることもあるようです。

あるいはプロジェクト完了後に、ご褒美として長期休暇などが与えられることもあります。

システムエンジニアの年収は、職場によっても大きく異なっていますが、待遇の良い職場の求人を見たい方は、転職エージェントの利用を検討するのもよいでしょう。

マイナビエージェントITはマイナビのエンジニア専門の転職サイトで、年収700万円以上のシステムエンジニアの求人を数多く保有していますので、まずは一度相談してみてください。