ITエンジニアの求人・採用状況・就職先の選び方

ITエンジニアの就職先にはどんなところがある?

SIerやソフトウェア開発会社が多い

ITエンジニアは、SIerと言われるIT企業やソフトウェア開発会社で働くのが一般的です。

SIerは主に顧客の課題解決のためのシステムを提案・構築し、ソフトウェア開発は主にコンピュータのOS上で動くアプリケーションを開発します。

SIerの定義は広く、インフラからソフトウェアまでのシステム全体をサポートするSIerもあれば、一部の技術領域に特化したSIerも存在します。

ITベンダーも多い

ITエンジニアはITベンダーと呼ばれる企業で働くことも多いです。

ITベンダーは、IT機器を販売する企業ですが、多くは販売だけでなく導入や運営のサポートなども行っています。

日本では製品をそのまま使うだけでなく、自社向けにカスタマイズしたいという要望も多いため、ITベンダーも多くのITエンジニアを抱えて顧客ニーズに対応しています。

一般の非IT企業でもITエンジニアが活躍

また、一般の非IT企業でも、情報システム部門で働く社内SEが活躍しています。

社内SEは企業で使うシステムの管理や提案に携わり、広いスキルが要求されます。

社内SEとは別に、SESサービスを利用する企業も増えています。

SESは、顧客の企業に常駐して働くエンジニアを派遣するサービスで、SES企業には多くのITエンジニアが所属し、各現場でその技術を振るっています。

ITエンジニアの勤務先の種類・活躍の場

ITエンジニアの求人の状況

ITエンジニアは基本的に人手不足

ITの利用が広がる中で、エンジニアの供給が追いついていないため、ITエンジニアは基本的に人手不足が続いています。

人材確保のために給与など待遇面も他の職種より優遇されている部分はあるものの、人手不足は解消にいたらず、そのために現場はハードになりがちです。

こうした背景から、男女平等の採用はもちろん、未経験者を積極的に採用して教育を行う企業も増えています。

人材の動きも多いため、通年で活発に採用を行っている企業が多いです。

高度な技術・先進技術を扱えるエンジニアは需要が高い

ITの世界は技術の移り変わりが早く、技術分野によって求人状況も異なります。

主流の技術で高い水準の技術を持つエンジニアや、AIやビッグデータなどの先進技術の知識・技術のあるエンジニアは需要が高まっています。

逆に過去に主流だった技術を扱えるITエンジニアは貴重ではあるものの、需要が減っていくため、新規の求人などはほとんどありません。

外国人採用も増えている

国内のITエンジニア人材の不足から、外国人のエンジニアを採用する企業も増えています。

コミュニケーションや書類作成などでは日本人に比べると不利ですが、技術力が高い人材が多いことや、企業に刺激を与えてくれることを期待しての採用が増加しています。

ITエンジニアの就職先の選び方

企業の事業内容は必ず確認する

ITエンジニアとして就職先を探す際には、どのような製品・サービスを提供する企業なのかを必ず確認しましょう。

ITが示すものは非常に広く、1つの企業ですべてをカバーできるものではありません。

自分のやりたい仕事と、企業の行っている事業が一致しているか必ず確認してください。

教育制度やキャリアパスに注目する

就職先探しでは、教育制度やキャリアパスにも注目しましょう。

教育はOJTと呼ばれる現場に同行するものが多いですが、その他にも定期的な研修や資格取得支援などの制度がある企業が望ましいです。

キャリアパスは、企業に所属する社員のスキルアップや出世に関するイメージを示したもので、これが整っていない場合は離職率が高い、または人員不足などで組織内の仕事や役割が変わらないことを意味します。

スペシャリストかゼネラリストか

ITエンジニアは専門的な技術をもつスペシャリストか、さまざまな技術分野に見識のあるゼネラリストに分けられます。

スペシャリストを目指すなら、特定の技術分野に特化した企業、できればその分野で先進的な企業を選ぶとよいでしょう。

ゼネラリストを目指すなら、SIerやITコンサルティング会社などがおすすめで、一般企業で社内SEとして就職する道もあります。

企業規模だけで判断しない

IT業界は業界構造上、二次請け、三次請けを主に担当する企業も多いです。

一次請けの企業よりも下請け企業は企業規模や売上が小さくなり、待遇も悪くなりがちですが、そうでない場合もたくさんあります。

企業規模が小さくとも先進的な技術で高利益を実現する企業もありますし、優秀な技術者には破格の待遇を提供する企業もあります。

企業規模だけでなく、事業内容、主要取引先などをよく確認して選びましょう。

ITエンジニアの志望動機・面接

ITエンジニアの志望動機や面接では、熱意や学習意欲、適性などが問われます。

ハードな現場も多いため、コミュニケーション能力やストレスへの耐性がチェックされることもあります。

IT業界に華やかで先進的なイメージばかりを期待していると、就職できても長続きしないため、しっかり各企業について調べることが大切です。

顧客との打ち合わせも多い仕事ですので、良い印象を与えるために清潔感や身だしなみ、マナーも大切にされる点にも注意が必要です。

新卒の場合、未経験でIT知識に乏しいとしても、企業の特性や業務を正しく理解し、具体的にビジョンを持っている人が高く評価される傾向があります。

ITエンジニアの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

就職先はどのように探したらいい?

基本的にはインターネット上の求人が多い

ITエンジニアになるためには、新卒を中心にインターネット上の求人サービスを利用して応募するのが一般的です。

募集要項で学歴や資格を不問とする企業も多く、筆記試験や面接を通して選考が行われます。

インターネット上の求人サービスは、一般的に企業に関する情報量が少ないため、できる限り企業のサイトを直接閲覧して情報を集め、各社ごとに対策を行うのがよいでしょう。

中途は人材紹介サービスの利用が中心

中途採用では、求人をしている企業を探すのが新卒と比較して難しいため、人材紹介サービスを利用することが多いです。

人材紹介では、企業と求職者の間にエージェントが入り、スキルや条件のマッチングを行ってくれるため、働きはじめてからのミスマッチが少なくなります。

大学や専門学校では就職先のあっせんもある

一部の大学や専門学校では、学校が就職先のあっせんを行ってくれることもあります。

学校を通し、企業の詳しい情報を得ることもできますし、選考過程を大幅にスキップして採用につなげることができます。

すでに卒業生が就職している場合は、OBOG面談も依頼しやすいのもメリットです。

ITエンジニアを目指すならプログラミングスクールも検討

IT業界やITエンジニアを目指すなら プログラミングスクールでスキルを高める ことも考えてみるとよいでしょう。

ITエンジニアの人材不足は慢性的で、今後も職に困ることは少ないといわれています。

また、ITエンジニアは他職種と比較しても給与は高い傾向にあり、テレワークの比率も高くなっています。

未経験採用をしている企業もありますが、 スクールでスキルを身につけておくと、就職・転職で有利になる 可能性もありますし、採用後もスムーズに仕事をはじめることができます。

ここではキャリア支援サポートもあるプログラミングスクールを2つ紹介します。

SAMURAI ENGENEER


公式サイトSAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEERの特徴

1.専属マンツーマンレッスンで最速最短でプログラミングを習得できる

2.スキルに合わせた完全オーダーメイドカリキュラムで学習効率アップ

3.採用時にアピールできる、完全オリジナル作品を開発できる

4.キャリアアドバイザーによる未経験からの転職支援サポートを受けられる

さらに、SAMURAI ENGINEERの人材紹介サービスを利用して転職成功した場合に、 受講料が無料になるコース も用意されています。

さまざまなコースがあるので、一度無料説明会で自身に合ったコースがあるか聞いてみるとよいでしょう。


tech boost


公式サイトtech_boost

tech boostの特徴

1.プロのカウンセラーが目標に応じた最適なプランを提案してくれる

2.現役エンジニアのメンターが学習を細かくサポート

3.運営会社がエンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているので、エンジニア転職に強い

4.オンラインイベントなどで仲間ができる

渋谷のみとなりますが、通学プランも用意されています。

無料説明会では、プログラミングを学ぶメリットや受講イメージなどを詳しく教えてもらえます。


より柔軟にスキルをしっかりと学びたいなら「SAMURAI ENGINEER」、細かいサポートや転職実績を重視するのなら「tech boost」がおすすめ です。

講師との相性やカリキュラムなど、実際に話をしないとわからないことも多いので、少しでも興味があれば無料説明会に参加してみましょう。

公式サイトSAMURAI ENGINEER

公式サイトtech_boost