女性のWebエンジニア

女性のWebエンジニアはまだまだ少ない

IT業界の技術者は、まだまだ男性中心の仕事となっており、現場によってはエンジニアのほぼ全員が男性ということも珍しくないようです。

しかし、そのなかで「Web系」と呼ばれる企業では、比較的女性エンジニアの割合が大きいとされています。

Webサービスにもいろいろなものがありますが、SNSやインターネットショッピングサイトなど、女性にとってもなじみ深いものも多いことから、女性エンジニアが前向きに働きやすい業種といえるかもしれません。

とくに最近では多種多様なWebサービスが生まれており、もちろんユーザーは男性だけでなく、女性も大勢います。

人材不足が続くWebエンジニア業界において、もっと多くの女性がWebエンジニアとしてバリバリ活躍することにも期待が集まっています。

子育てをしながら活躍する女性エンジニアも

Webエンジニアは、プロダクトづくりの現場で働く大きなやりがいを味わえる仕事ですが、日頃から納期に追われたり、新しい技術を学び続けなくてはならなかったり、サービスリリース前の残業が増えやすいなど、大変な面もたくさんあります。

しかし、最近は女性の活躍を支援する社内制度や、結婚や出産後も仕事を無理なく続けられるためのしくみを整えている企業が増えています。

とくにWeb系の企業では若手も多く活躍しているため、柔軟な働き方ができる職場は少なくありません。

とはいえ、Web系の企業にも、大手からスタートアップ直後の小さなところまでさまざまな会社があり、それぞれ労働環境はだいぶ異なります。

自分にとっての「働きやすさ」が実現できる職場を選べば、ライフステージが変わっても安心して働き続けることができるでしょう。

女性Webエンジニアのキャリアパス

Webエンジニアは、経験やスキルがモノをいう仕事です。

長く働くなかで、一人のエンジニアとしてスペシャリストの道を究めていくこともできますし、チームを率いて部下の管理をするなどマネジメントの道に進んでいくことも可能です。

ただし、女性が出産や育児などで一時的に現場を離れた場合、再び現場に戻ったときに最新技術に対応するのが難しいといった理由で、マネジメントの道に進むことを選ぶ人も多いようです。