【2022年版】Webプログラマーの年収・給料はどれくらい? 統計データも解説

Webプログラマーの平均年収・給料の統計データ

Webプログラマーの平均年収・月収・ボーナス

賃金構造基本統計調査

Webプログラマーの平均年収_2021

厚生労働省の令和3年度賃金構造基本統計調査によると、Webプログラマーの平均年収は、37.3歳で523万円ほどとなっています。

・平均年齢:37.3歳
・勤続年数:10.5年
・労働時間/月:167時間/月
・超過労働:13時間/月
・月額給与:353,300円
・年間賞与:990,100円
・平均年収:5,229,700円

出典:厚生労働省「令和3年度 賃金構造基本統計調査」
※平均年収は、きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算。
※本統計はサンプル数が少ないため、必ずしも実態を反映しているとは限りません。

Webプログラマーの平均月収は

Webプログラマーの平均月収は、500万円程度がボリュームゾーンとなっているようです。

上記のデータを基にすると、平均月収は約35万円、実際の手取りは28~29万円程度になると考えられます。

Webプログラマーは20代~50代くらいまで幅広い年代の人が活躍していますが、とくに若い人の割合が多いとされています。

そのため経験や実績があまりない人は年収が上がりにくいですが、Web業界は年功序列よりも実力主義の傾向が強く、スキルを身につけることで若くても高収入を得られる場合もみられます。

また、豊富な知識と経験、技術力を武器にして、フリーランスなどの立場で働く人などは、さらに多くの収入を得られる可能性があります。

Webプログラマーの勤務先の規模別の年収(令和3年度)

Webプログラマーの年収は、勤務先の規模が大きくなるとやや高くなる傾向があります。

10〜99人規模の事業所に勤めるWebプログラマーの平均年収は449万円、100〜999人規模は514万円、1,000人以上の規模では627万円、10人以上規模の事業所平均は523万円となっています。

Webプログラマーの年収(規模別)_r3

上記グラフの基タイトルは「ソフトウェア作成者」でプログラマー社内SEゲームプログラマーアプリケーションエンジニア、ソフトウェアエンジニア、AIエンジニアなど他職業を含むデータです。

賃金構造基本統計調査より作成。本統計は調査の母数が少ないため、必ずしも実態を反映していない可能性があります。

Webプログラマーの勤務先の年齢別の年収(令和3年度)

Webプログラマーの年収を年齢別に見ると、年齢の上昇にしたがって、年収も上がっています。最も年収が高い世代は、55~59歳の702万円です。

全年代の平均年収は523万円となっています。

Webプログラマーの年収(年齢別)_r3

上記グラフの基タイトルは「ソフトウェア作成者」でプログラマー、社内SE、ゲームプログラマー、アプリケーションエンジニア、ソフトウェアエンジニア、AIエンジニアなど他職業を含むデータです。

Webプログラマーが収入を上げるためには?

上流工程にも関わると収入は上がる傾向に

Webプログラマーの業務内容はさまざまですが、いわゆるシステムエンジニア(SE)的な業務を行う人のほうが、年収が高くなる傾向にあります。

→システムエンジニアの仕事

顧客と直接やりとりを行い、顧客の抱える課題やニーズを理解して要件定義や設計にも関わるようになると、一般のWebプログラマーよりだいぶ収入アップとなることがあるでしょう。

また、システム開発は大企業から下請けに出されることも多いということもあって、より上流工程に関わる人ほど年収が高くなる傾向にあります。

開発経験を増やしていくことで収入アップ

Webプログラマーは需要のある仕事であり、他のIT系のプログラマーと比べても給与水準はやや高めといわれています。

しかし、そのキャリアは、基本的には実際に開発したWebページの多さに比例して上がっていきます。

新人時代の給料は他の職種と比べてそこまで差がでないかもしれませんが、多様な開発経験を持ち、確かなスキルを身につければその分だけ収入アップが期待できます。

また、開発現場ではさまざまなケースが発生するため、状況に合わせて柔軟に動ける人も重宝されます。

もちろん、チームリーダーや管理職になれば、一般のWebプログラマーよりも給料はアップします。

Webプログラマーを目指すならプログラミングスクールも検討

IT業界やWebプログラマーを目指すなら プログラミングスクールでスキルを高める ことも考えてみるとよいでしょう。

ITエンジニアの人材不足は慢性的で、今後も職に困ることは少ないといわれています。

また、ITエンジニアは他職種と比較しても給与は高い傾向にあり、テレワークの比率も高くなっています。

未経験採用をしている企業もありますが、 スクールでスキルを身につけておくと、就職・転職で有利になる 可能性もありますし、採用後もスムーズに仕事をはじめることができます。

ここではキャリア支援サポートもあるプログラミングスクールを2つ紹介します。

SAMURAI ENGENEER


公式サイトSAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEERの特徴

1.専属マンツーマンレッスンで最速最短でプログラミングを習得できる

2.スキルに合わせた完全オーダーメイドカリキュラムで学習効率アップ

3.採用時にアピールできる、完全オリジナル作品を開発できる

4.キャリアアドバイザーによる未経験からの転職支援サポートを受けられる

さらに、SAMURAI ENGINEERの人材紹介サービスを利用して転職成功した場合に、 受講料が無料になるコース も用意されています。

さまざまなコースがあるので、一度無料説明会で自身に合ったコースがあるか聞いてみるとよいでしょう。


tech boost


公式サイトtech_boost

tech boostの特徴

1.プロのカウンセラーが目標に応じた最適なプランを提案してくれる

2.現役エンジニアのメンターが学習を細かくサポート

3.運営会社がエンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているので、エンジニア転職に強い

4.オンラインイベントなどで仲間ができる

渋谷のみとなりますが、通学プランも用意されています。

無料説明会では、プログラミングを学ぶメリットや受講イメージなどを詳しく教えてもらえます。


より柔軟にスキルをしっかりと学びたいなら「SAMURAI ENGINEER」、細かいサポートや転職実績を重視するのなら「tech boost」がおすすめ です。

講師との相性やカリキュラムなど、実際に話をしないとわからないことも多いので、少しでも興味があれば無料説明会に参加してみましょう。

公式サイトSAMURAI ENGINEER

公式サイトtech_boost