フリーランスのプログラマーになるには? 在宅でも働ける?

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

フリーランスのプログラマーとして働くには?

フリーランスのプログラマーとして働くために、必要な資格や手続きはとくに存在しません。

誰でも思い立ったらすぐにフリーランスになることは可能ですが、仕事を続けていくには、取引先を見つけるための営業活動が不可欠です。

営業活動の結果、先方の企業ときちんと契約を結ぶことができれば、フリーランスとしての仕事が成り立ちます。

フリーランスのプログラマーが仕事を探していく主な方法は、以下の通りです。

  • エージェントサービスを利用する
  • クラウドソーシングを利用する
  • 直接企業に営業をかける
  • SNSの活用、人脈をたどる
  • など

最近では、フリーランスのプログラマーを対象としたエージェントや、クラウドソーシングなど、個人でも仕事を探しやすいサービスがたくさん登場しています。

成功できるかは別問題ですが、フリーランスに参入するための敷居は低くなっているといえるでしょう。

なお、多くの案件では、最低条件として開発に使用するプログラミング言語に精通していることが求められます。

そのため、まずはIT企業などで開発経験を積んだのち、独立してフリーランスになる流れが一般的です。

ただし、なかには学校を卒業、あるいは独学でスキルを習得し、いきなりフリーランスとして働き始める人もいます。

フリーランスのプログラマーの働き方・仕事内容

フリーランスのプログラマーの働き方は、大きく以下の2種類に分けられます。

  • 取引先に常駐して働く
  • 在宅や、自分が設立したオフィス内で働く

取引先に常駐する場合、その時間帯は他社から請け負った仕事を行えないため、特定の企業との専属契約となる場合が多いです。

一方、在宅や自分のオフィスで働く場合は、複数の企業から案件を請け負うことも可能です。

仕事内容は契約に基づき、プログラムを組んでいくことがメインです。

案件によっては、顧客などとの打ち合わせのため外出する場合もあります。

フリーランスのプログラマーになるまでのキャリアパス

フリーランスのプログラマーになる第一歩として一般的なのは、IT企業や、IT部門がある企業のエンジニアとして就職することです。

「企業への就職は遠回り」と思う人もいるかもしれませんが、確実にスキルを身につける上では効果的かつ効率的な方法です。

また、企業でさまざまな開発業務に携わることで確実に経験を積み、レベルアップにつなげることができます。

複数回の転職を経験してから、フリーランスになるプログラマーは少なくありません。

なお、プログラマーにといって、プロジェクトマネージャーや管理職の経験は、必須ではありません。

短い人では1年ほど開発経験を積めば、フリーランスとして十分に対応できる実力をつけられる場合もあります。

フリーランスのプログラマーのメリット・デメリット

フリーランスプログラマーのメリット

フリーランスのプログラマーのメリットには、以下の点が挙げられます。

フリーランスプログラマーのメリット
  • 仕事を自分で選べる
  • 仕事量を調節できる
  • 若くても実力に応じて、高い報酬を得られるチャンスがある
  • 地方でも仕事ができる(働く場所を問わない)

フリーランスは業務命令ではなく、クライアントと「契約」を結んで働くことが特徴です。

このため、得意な仕事を選ぶことができ、ライフスタイルに合わせて仕事量を調整できることは大きなメリットといえるでしょう。

また、報酬は仕事の成果や良し悪しで決まるため、実力さえあれば年齢に関係なく、若手でも年収1000万円以上を得ることも可能です。

加えてフリーランスの場合、基本的には自宅など自由な場所で働けるため、地方に住みながら働けることも、魅力に挙げられます。

フリーランスプログラマーのデメリット

フリーランスのプログラマーには、以下のようなデメリットもあります。

フリーランスプログラマーのデメリット
  • 収入が保証されず、変動しやすい
  • 営業活動を行う必要がある
  • 国民年金や国民健康保険料を自分で全額支払う必要がある
  • 確定申告書の提出が求められるため、経理的な仕事もある

フリーランスは、契約が取れなければ仕事もできず、収入を得ることもできません。

これでは生活すら成り立ちたないため、仕事をする上ではプログラミングスキルだけでなく、営業的なスキルも高める必要があります。

また、会社員ならば社会保険や厚生年金に加入し、基本的には会社が保険料の半額を出してくれます。

しかし、フリーランスになると保険料は全額自己負担で、そうした出費は増えます。

加えて、年度末には確定申告書の提出も求められるため、普段から経理的な仕事も自分で行わなければなりません。

フリーランスのプログラマーの給料・年収

フリーランスで働くプログラマーは、企業で働く人と比べて、給料や年収の幅が大きいことが特徴です。

実際にフリーランスの技術者を募集する案件のなかでも、月収85万円(年収1000万円)を超える案件は決して少なくありません。

なかには月収100万円を超える案件もあります。

一方で、どの年代でも「年収300万円未満」の層が全体の3分の1程度はいます。

このようにフリーランスのプログラマーは完全実力主義であるため、スキルが足りていなければ正社員を下回る年収となる可能性もあることに留意が必要です。

プログラマーを目指すならプログラミングスクールも検討

IT業界やプログラマーを目指すなら プログラミングスクールでスキルを高める ことも考えてみるとよいでしょう。

ITエンジニアの人材不足は慢性的で、今後も職に困ることは少ないといわれています。

また、ITエンジニアは他職種と比較しても給与は高い傾向にあり、テレワークの比率も高くなっています。

未経験採用をしている企業もありますが、 スクールでスキルを身につけておくと、就職・転職で有利になる 可能性もありますし、採用後もスムーズに仕事をはじめることができます。

ここではキャリア支援サポートもあるプログラミングスクールを2つ紹介します。

SAMURAI ENGENEER


公式サイトSAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEERの特徴

1.専属マンツーマンレッスンで最速最短でプログラミングを習得できる

2.スキルに合わせた完全オーダーメイドカリキュラムで学習効率アップ

3.採用時にアピールできる、完全オリジナル作品を開発できる

4.キャリアアドバイザーによる未経験からの転職支援サポートを受けられる

さらに、SAMURAI ENGINEERの人材紹介サービスを利用して転職成功した場合に、 受講料が無料になるコース も用意されています。

さまざまなコースがあるので、一度無料説明会で自身に合ったコースがあるか聞いてみるとよいでしょう。


tech boost


公式サイトtech_boost

tech boostの特徴

1.プロのカウンセラーが目標に応じた最適なプランを提案してくれる

2.現役エンジニアのメンターが学習を細かくサポート

3.運営会社がエンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているので、エンジニア転職に強い

4.オンラインイベントなどで仲間ができる

渋谷のみとなりますが、通学プランも用意されています。

無料説明会では、プログラミングを学ぶメリットや受講イメージなどを詳しく教えてもらえます。


より柔軟にスキルをしっかりと学びたいなら「SAMURAI ENGINEER」、細かいサポートや転職実績を重視するのなら「tech boost」がおすすめ です。

講師との相性やカリキュラムなど、実際に話をしないとわからないことも多いので、少しでも興味があれば無料説明会に参加してみましょう。

公式サイトSAMURAI ENGINEER

公式サイトtech_boost